初・芝刈り

Posted by tomoshiggy2 on 09.2017 庭仕事 0 comments 0 trackback
本日の最高気温27℃!! 暑かった~ 車のエアコンをオンにしました. 
昨日も天気が良かったので、芝刈り機を動かそうとしたら、何とガソリンが.........足りない..... あ~ぁ、なんだかいつもこんなズッコケパターン


で、本日、何か何でも絶対に芝刈り機を動かさねば大変なことになる、と、ガゾリンのコンティナーを車に積んで、ガススタンドへ直行.

48172.jpg


49174.jpg
前日に撮った、荒れ果てた芝の様子


49173.jpg
かなりざっくりだけど、なんとか初芝刈り完了..

49172.jpg
芝の上でリラックスするモチ


モチの近況はこの後書きます.

雨の日の作業

Posted by tomoshiggy2 on 05.2017 Category: None 0 comments 0 trackback
ここ数日のお天気...... 昼間はお天気が良い、夜から深夜・朝方にかけて大雨、まるでスコールかと思うほどかなりの雨量、なので、芝と雑草がものすごい勢いで伸びています.

芝刈り機を出すには、まだまだ地面が柔らかいのです. 地面が固まるまでに数日は必要です、しかしその間に再びスコールのような雨が降るので、芝刈りが延び延びになってしまうのです.

44177.jpg

夜仕事が終わって、家に帰ってくる時、車のヘッドライトに照らされた庭は、まるで林か森......


お天気が良い日に家に閉じこもっていると、罪悪感に苛まれるが、雨天・サンダーストームの日は、ペンキ塗り作業の絶好のチャンスです.

という事で、ペンキ塗りに精を出していました.


今度のペイントは「KLIZ」というブランドのTruly Taupe、ほとんど無臭、カバー力も悪くない. 

44171.jpg

44172.jpg

塗り始めはベイビー・パープル、乾いたら落ち着いた色になりました. パープルはこちらでは赤ちゃんの色の定番なので、ちょっとビックリ. ペンキは塗るのは簡単だけど、家具を動かしたら、マスキングテープを貼ったりするの時間が掛かる.



私が鯉なら....

Posted by tomoshiggy2 on 02.2017 仕事 0 comments 0 trackback
お金に縁のある人は、当然なんだけど、お金があるところを知っていて、いつの間にかスッとそこにいる........ まるで池の鯉が、人影を察するととス~ッと集まるように、餌のあるとことを知っているのです.

身近な例で言えば、オ夫人..... 金のある人(レストランで言えばお金を落とすお客のテーブル)をよ~く知っています. だから彼女は、小金が溜まり続けている. そしてほとんどお金を使わないようだから、ますます溜まり続けるのです.

しかし彼女の人生は、決して楽ではないと思います. ほとんど自分の時間はありません. でも、(前も言ったと思うけど)毎日働いている人生を不満に思っていない. それが私とは大きく違うんですね~. 私の週の半分しか働いていないが、それでも不満に思っている.


それより、何よりも大きな違いは、私にお金のあるところを知らない、あるところに住んでいない、ですかな.(ズバリ)


最近のこと、以前仕事を頂いていた、元祖・定額ガイ(覚えている?) あまりにも低額(異語同音ですね・笑)なので、去年辞めたのです. その後この方は別の方が見つかったようで、私と仕事の引継ぎをしてバイバイしたのです. そのガイの要望で、再び何かあったら私に連絡したい、ということになりまして、メールは保存していたのです.


そして、ある仕事の話がありました. しかし、あまりにも低賃金なので、「この人本気でこんな仕事を頼むの」って、即却下. それは件数は多いが単価が安い系のもの. 例えば、封筒を一枚作って3円とかそんな感じの仕事です.

たぶん一回コピベして貼り付けて5円だったか10円だったか、そんな仕事でした. 


次に、これが最近の依頼なんですが、これも同じく低賃金、でも単発ですぐに終了する内容だったので、「人助け」だと思ってOKいたしました. でもこれ一回きりでしょう. この人の金銭感覚、特に報酬の設定は、みみっちくてセコイ~...... 

実はもう一人、カムバックしてきた人がいます. この方は初期の依頼人の方で、こちらの方もかなりセコイ(笑)

もし、私が鯉なら、絶対に近づかない人たち...... こんな人たちと付き合っている限り、やっぱりお金には恵まれない.



お金持ちの周りにはやっぱりお金持ちしかいないように、トラブル人生を歩んでいる人には人が寄り付かないように、貧乏人と付き合うと、いつまでたっても貧乏です. 世の中そんな風になっているのです.




変な名前?

Posted by tomoshiggy2 on 01.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
中国人のSさんの息子が飼っているネコの名前は、なぜか「東京」..... 日本人なら決してつけない名前よね? 自分のネコに「トーキョー」なんて先ずつけないでしょ. Sさんはそのネコの話を時々するのですが、「トーキョーがああしたこうした」って、それを聞くたびに笑ってしまいます.

実はわが愛犬「モチ」も、日本人なら決してつけない名前です. 犬に「餅」なんて(漢字にすると余計に可笑しいのだが)つける人いる?


日本食レストランの名前の付け方で、持ち主が日本人か外国人か、なんとなく分かりますよね. 韓国・中国人だけなく、今やタイ人オーナーもいますので、店の名前が(私達からしたら)とっても変なものが多い.

「ひばち」とか「おいしい」とか.... でも「ごちそうさま」はOKかも


じゃ


フレンチかスライドか?

Posted by tomoshiggy2 on 31.2017 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
デッキに続くパティオドアですが、フレンチかスライディングか、最後まで迷いに迷いました. ずっと昔から、ここはフレンチドアにしたい、と思っていました. フレンチドアは私の憧れでした............が、結局スライディングドアに決めました.


その理由は、


フレンチドアは部屋側の内側に引くように設計されているらしく、広い部屋なら良いが、私のような小さな台所は、ドアの開閉にかなりのスペースロスがあること.


ドアを外開きにするオプションもあるが、それは特注でしかも値段もかなり違うそう.  


さらに、フレンチドアのつなぎ目(と言うのかな?ドアとドアの真ん中あたり)は、密封性があまり良くない、つまり、そのつなぎ目から冷たい風が出入りする可能性があること、これが決定的、以上の理由で、普通のスライディング・ドアにすることにしたのです.


窓のディスカウントがあったおかげで、最初の見積もり額よりかなり下かったので、このパティオドアのグレートアップをすることにしました. このグレードアップしたドア、気に入ってます~ 安全性の問題でもグットチョイスでした. つい数年まで鍵をかけない生活をしていた私が、安全性について云々するのは可笑しいですが、この頑丈なパティオドアを見ると、あの頃よく何事も起こらなかったね、と感心するやらあきれるやら.......


それだけ平和な環境に住んでいるという証拠なんですが.....


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR