高すぎ

Posted by tomoshiggy2 on 18.2018 日々のこと 0 comments 0 trackback
眼科医が処方した新・目薬を取りに行ってきました. そのお値段.....$85ドル也(保険適応後です) 

$20ドル以上だったら受け取らないつもりでしたが、小瓶1本$85ドルとは........高すぎます! 薬局のカウンターの方も分かってくれたようで、「いらない」と言ったら「分かりました」と言われ、薬の入った袋を引っ込めました.

完治までにはまだ少し時間がかかるようですが、日々回復に向かっているので、今更こんな高額な目薬が必要なの?!って思うし.....  しかし、この目薬が最初に処方されていたら、この値段でも受け取っていたことでしょう. 最初の目薬も高額ですが、それがどれだけの効果があったのかは微妙です.

さらに、

去年暮に行った緊急治療施設からの請求額は$197ドル+Co-pay$50ドル(合計$247ドル) 薬なし、注射なし、検査以外は何もしてくれなかったのに、これだけ請求されるのって!納得がいかなかったので、しばらく支払いませんでしたよ. このUrgent careと呼ばれる施設には、今後よっぽどのことがない限り絶対に行きませんよ、ハイ



指示が細かいドクター

Posted by tomoshiggy2 on 16.2018 日々のこと 2 comments 0 trackback
眼科医とのアポがあり、今回は自分で運転して行ってきました. ドクター曰く、だいぶ良くはなっているが、まだまだかなりドライなので、引き続き要治療、との事.

前回、眼の手術(と言っても、5分以内で終わるような簡単な治療)をして、眼の中にプラグ(と呼んでいた)を入れられました
それが涙を出すのを助けているようです. なので以前のように目薬を盛んに挿すことはなくなりました.

今回、新しい目薬を処方されました. この目薬の使い方にもかなり細かい指示があり、オメガ3というサプリ(目に良いらしい)を取るように、さらに部屋に加湿器を入れるように言われ、4週間後に再訪することになりました.


このオフィス、マイル的にはそんなに遠くはないのですが(仕事場より近い)、ここへ行くのにハイウェイではなく、一般道路を走るので、時間がかかり過ぎ.... しかも、受付で待たされ、診察室で思った以上に待たされ(これがかなりネック)、これで私の半日が終わってしまうのです. 


しっかり治療したい気持ちはありますが、このオフィスまで行くのが難ですな~ 新しい目薬はまだ受け取っていないのですが、ジェネリックだと助かります. 前回処方された一つの目薬、何と一本$600ドル!幸い保険がカバーしてくれたので$20ドルになりましたが、5.5mlの小さな目薬が$600ドルとは.... $20ドルでも高いですけどね.


全くこの国の医療システムは一体どうなっているの?!


かなり回復

Posted by tomoshiggy2 on 10.2018 日々のこと 0 comments 0 trackback
私の目はかなり回復しました. 家の中ではほとんど目薬が要らないほどです.

問題は外.... サングラスはまだ手放せません. 昼間より夜の運転の方が目には楽ですが、度の合わない古い眼鏡をかけているため、かなり運転は慎重にしてます. 来週、眼科医とのアポがあるので、その時に医者と相談して、コンタクトにするか、新しく眼鏡を作るかを決めたいと思います. 

一難去ったよ(ホッ)

無事帰ってきました

Posted by tomoshiggy2 on 06.2018 日々のこと 0 comments 0 trackback
仕事場までの運転所要時間は35分~40分、まだスピードについていけず、瞬きを盛んにしないといけないのはちょっと辛かったのだが、眼鏡の上から1ドルショップで買った大きめのサングラスをかけ、非常用に目薬をポケットに入れての出陣でした. 

走り出して20分ぐらいは順調でしたが、それ以後は目が曇りだして視界がかなり悪くなりました. しかし見慣れた順路なので、その辺はだいたいの勘で分かります. 目の完治率は、75%というところですが、今の私には選択肢はありません、1日も早く元のルティーンに戻りなくてはならないのです.

昨日朝の私の顔を見上げるモチの目が、いつになく寂しそう、この3週間ずっとベッタリだったので、いつもと違う私の様子を察したようでした. 「モチよ、私の無事の帰還を祈ってくれ~」と言い残して出かけたのです.


仕事に行きます.

Posted by tomoshiggy2 on 05.2018 日々のこと 2 comments 0 trackback
どうしても出かけなければいけない用事がありまして、再び車をタウンまで走らせました. しかし、車を走らせてすぐに、目の調子が前回より悪いことに気づいたのですが、運転続行.

目的地の駐車場に車を止め、車の中でしばらく目を休ませながら、この状態で、明後日からの職場復帰は無理! しかしこれ以上休んで皆に迷惑はかけたくないし、ならいっそ辞めてしまった方が良いのでは、とか、いろんな事を思いながら、かなり落ち込んでしまいました.

今、収入が途絶えたら、これから請求される医療費・数々のローンはどうやって支払うの?と、車のハンドルに頭を埋めてしばらくうずくまっていました. なぜこんなに悪くなってしまったのだろう....単なるドライアイならもうとっくに治っているべきなのに.... 

失業、借金地獄、病気、孤独な老人、ネガティブなキーワードばかりが頭に浮かんで来て、なきそうになりました(ドライアイなので涙は出ないけど)

その時、「自分を憐れむのはおしまい、前を向いて立ち上がりなさい!」という心の声が...... めそめそしないて、今自分にできる事をするべし!と.....

用事をすませて帰る頃には目の状態はやや回復..... その帰り道、$1ショップで一番ダークなサングラスをゲット(これをずっと買いたかった). これで少し目が楽になりました.

そして、もう一つの懸念だった夜の運転にもトライしました. それは家から5分ほど行ったガスステーションまで運転してみることでした. 夜の方がずいぶん楽.  これで明後日からの仕事行きは決定に....

ところで、

この眼科医、私の急激な目の悪化を単なるドライアイではなく、体内免疫システムに問題があるのではと疑っていて、リウマチはないか、関節の痛みはないか聞いてきました(それはないです). 血液検査を受けるようにと勧められ、その検査の結果、ある懸念する数値が出たので、これからファミリードクターと相談するように言われています. 

思い起こせば、去年暮のインフルエンザはなかなか治らず、ひどい咳に長期間悩まされました. こpれも免疫力が低下している証拠だったのでしょうか.....


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフ(60代に突入)の日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR