G・マーケットに物申す

Posted by tomoshiggy2 on 02.2015 Category: None 0 comments 0 trackback
G・マーケット(日本食を売っている店)に一言.

行く度に値段が上がっているのはどういうこと? 自国民が手を出せないような値段をつけるのはやめてくれない? だから日本食のコーナーは、いつ行ってもガラガラなんですよ. それと、韓国製の食材を一緒に置くのはやめてくれる? パッケージはしっかり日本語表示なのに、裏を見ると韓国製になっているツワモノがあります. 最後の生産国を読むまで分らないので、つい買ってしまいそうです. 


でも、他の外国人は騙せても、私達は騙されませんよ、ハイ. 


それと、少し前まで、白玉粉があったんだけど、今は全く見かけません. それ、また棚に置いてほしいな~


以上

モチの様子が変

Posted by tomoshiggy2 on 07.2015 Category: None 0 comments 0 trackback
昨晩の事、モチの様子が急に変になりまして、ほんの30分ぐらい前まで、普通にしていたの、突然床に伏せたまま動こうとしないのです. 


モチの様子が変だなと思ったのは、モチは名前を呼ぶと、寝ていても、どこにいても、必ずやって来るのですが、その時は、数回名前を呼んでも、反応がないので、どうしたんだろうと、キッチンへ行ってみたら....  床に横たわっていたのです. 近づくと、尻尾をフリフリしますが、いつものフリフリではなく、弱々しいフリフリでした.


なんか変だな、と頭をなでてやると、顔を少し上げ、空ろな目で私を見るのです. こんなモチの目を見たのは初めて. 少し怖くなりました. 2年ほど前に、ボビーという猫を飼っていましたが、ある日何の前触れもなしに、急に様子が変になり、2日後に死んでしまったのです. その時のボビーの、あの時の目を思い出したのです. 


翌朝、少し回復したのか、ご飯も食べてくれたのですが、その直後、自分のベッドで全部吐いてしまいました. ペットクリニックへ電話を入れて、事情を話すと、5日ぐらい家で様子を見てそれでも回復しないようなら連れてきて下さい、と言われまして、後ろ髪を引かれながら、仕事に出かけたのです. 仕事中もモチのことが気になってしょうがなかったよ


しかし、家に帰ってみると..... モチはいつものモチに~! 安心した~、モチ!



独立記念日の3連休は、庭仕事を中心に、DIY店のガーデンセンターへ行ったり、車検のことがあったり、断捨離したり、髪を切ったり、白髪染めたりしてたら..... あっと言う間に終ってしまいました. 


奥の方から音がする

Posted by tomoshiggy2 on 19.2015 Category: None 0 comments 0 trackback
裏庭の奥でエンジンの音がします.


418154.jpg
Bさんです.


418152.jpg
写真は、かなりズームしているので、写りは悪いですが、


418153.jpg
あのぐらいのサイズのトラクターじゃないと、手に負えないよね.


あの辺りまで刈るのは、私は未だ経験なし.... 土地が凸凹だったり、古木が落ちていて先に進めなかったせいもあるんです. Bさん、いつものように、サッと現れて、いつの間にか帰ってしまった. Bさん、ありがとう. 何かお礼をしなくてはね. トレジョーの安物ワインはどうかな? 


ごめんよ、モチ

Posted by tomoshiggy2 on 19.2015 Category: None 0 comments 0 trackback
昨晩のこと、仕事が終わって家に帰ってきて、さ~て、リラックスするっぺ~と、PCの前に座ったのです. 遅い夕食をもぐもぐ食べながら、マグカップに入ったオレンジジュースを飲もうとした、その時......


そのジュースを思いっきり、PCの机の上にこぼしてしまったのです. その時の飛沫が、私の服・顔・めがねに飛び散り、一杯だったマグカップはほとんど空になって、カーペットに落ちてしまいました. あ~ぁ、やっちまった~ 幸いにもキーボードは避けてくれたのは助かりました. 以前は、キーボードの上に、こぼしてしまって、翌日、新しいものを買いに行った経験があります. ドジでしょ私.


被害はそれだけではありません. 


私の足元で

32815.jpg
こんな格好で寝ていたモチは


突然のジュースの雨に驚いて飛び起きてしまいました. ごめんよ、モチ



パニックに

Posted by tomoshiggy2 on 14.2015 Category: None 0 comments 0 trackback
今日は調子が悪い~と書いた後、私は仕事に出かけました. 

いつものコースを、普通に車を運転していたら、突然、気分が悪くなったのです. 頭がボ~としてきて、肩で息をする感じになったので、車の窓を開けて、深呼吸、リラックスするようにしました. しかし、それでも気分の悪さは治まらず、頭から血の気が無くなる感覚がしました.


胸と肩にすごいプレッシャーを感じまして、これ以上は運転することができなくなり、最寄のEXITで車を一旦停止. そこがまだ田舎の方だったのは幸いでした.


しばらく車の中で、ガタガタ震えながら、これからどうしようかと考えていました. 一体自分に何が起こっているのか把握ができません. 手を足が冷たくなって、指先に感覚がなくなっています. その時、私の脳裏を横切ったのは、ハートアタックです. 胸に痛みは感じないけど、すごい重圧感があり、息をすることが苦しくて、体がガタガタ震えています.


もう、居ても立ってもいられず、誰かに助けを求めようと、車の外に出てみました. 小雨の中、車の傍らで佇みながら、数台の車を見送りました. もう怖くて半なき状態...... 道路脇でしゃがみこみ、誰かが気がついてくれるのを待っていたのです. 自分では出来ないパニック状態でしたので..... 


すると、ある熟年カップルの乗ったバンが、一旦通り過ぎたのですが、私の様子が変なのに気がついて、戻ってきてくれたのです! もうすがるような気持ちで、助けを求めまして、救急車を呼んでもらいました. 


「妻が今、救急車を呼んでいるから」と、男性に言われて、自分の車の中で待っていました. 救急車を待っている間に、気分がだんだん落ち着いて来まして、顔面蒼白(男性の話によると)だった私の顔に、血の気が戻っていきました. それから数分後(5分以内だったと思う)に、救急車が到着したのですが、その頃には、私のパニックは治まりかけていたのです.


私は救急車に乗せられ、最寄の病院へ運ばれました. こうして書いてみると、なんだかすごい事が起こったみたいですが、救急車が到着した時点で、気分は普通どうりになっていたのです. ERで、血圧測定、EKG(心電図)、血液検査をしたのですが、結果は異常なし. ハートアタックではない、と言われました.


つづく
 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR