私バカよね~おバカさんよね~

Posted by tomoshiggy2 on 05.2015 日々のこと 0 comments 0 trackback
ヘアーカットしてもらいました. お店をのぞいたら、前回やってもらったお姉さんはいませんでしたが、ちょうど手の空いている、別のお姉さんがいて、すぐに席に案内されました.


この彼女は、手はてきぱき早いのですが、最初にどのぐらい切るか、レイヤーいれるかの二つの質問をした後は、ず~と黙ったまま、もくもくとハサミを動かしているだけ....  彼女の他に2人ぐらいのお姉さんがいて、なにやらスケジュールのことを、私の頭ごしに、話していました.(ハッピーな会話ではなったよう気がする)


カットは可もなく不可もなく、ごく普通に仕上げてもらいましたが..... ご精算の時、あのクーポンを出そうとしたら.....ない、ない、クーポンがない~


しまった~、車の中に置いたままだった~、どうしようどうしよう、車に戻ってクーポンを取ってくるからちょっと待ってね、と言おうかな... でも、たった5ドルのクーポンのために、わざわざ車に戻るようなケチな奴と思われたくないし....  このお姉さんは、能面のような顔して、レジの前で仁王立ちしているし.... 結局クーポンはあきらめて、平常価格を支払ったのです. 


あ~ぁ、あのクーポンを使うのを楽しみにしていたのに... 悔しいです. オバタリアン失格ですね、たった5ドルのためにと言ったけど、5ドルは大金なんです!やっぱり車に戻って取ってくるべきだった.... もう、遅いけどさ...


その美容室を後にした私が、ふと口ずさんだ歌は......

細川たかしの「わたしバカよね~、おバカさんよね~」でした(ジャンジャン)


それと、今日担当してくれた彼女ですが、カットの最中ずっとブス~っとしたまま、お客とのコミュニケーションはゼロでしたので、彼女のパフォーマンスは決して良いとは言えません. なので、私が彼女にあげたチップは、いつもより少なめでした. お客からチップを頂く商売は、お客とコミュニケーションしてなんぼの世界なんですよね. 自分がサービスされてみて、気がつくことは多いです. 


さらに、お会計の時、「車にお財布を忘れたから、とりにいってくる」と言って、クーポンを取ってくれば良かった! 機転のきかない私


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/915-afec730f

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR