交差点に立つ人

Posted by tomoshiggy2 on 18.2015 日々のこと 0 comments 0 trackback
紙に「ヘルプ」と書いて、交差点あたりの道路わきに立っている人、時々いますよね. 今日、そんな人を見たのです. 若い男性一人でした.が、その男性の、切羽詰ったような、何かにすがるように、信号待ちしている車の中をジッと見つめている様子が、遠くからでも分かりました. その人は本当に困っていたんだと思います.


しかし、その男性のために窓を開ける車は一台もいませんでした. 


私はその男性が立っているレーンではなく、内側レーンで信号待ちしていたので、紙に書かれている文字を読むことは出来ませんでしたが、たぶん、お金がないから助けてくれ、ということが書かれていたのだと思います.


私は、運転中に、よく窓を少し開けて、外の風を入れるのですが、その時も、交差点に人が立っていることに気づく前から、5cmぐらい開けていたのです. そして、本当にたまたまなんだけど、バッグの中に携帯電話が入っているか確かめるために、ゴソゴソとしていました. その様子が、その男性には、私がお金を探しているように見えたのだと思う.......

この男性は............... 一瞬だけど、ぱっと顔を輝かせて(そう見えた)私の車に近づこうとしたのです. でもその後私は知らん振りをしていたので、その人は、凍りついたように立ち止まってしまいました.


信号が変わって車が走り出しました. 私は男性を横目でちらっと見て、本当にすまないことをした.... と反省しました. 完璧に無視すればまだしも、中途半端に誤解を与えたことが心苦しかったのです. もし、私がその時、男性側のレーンだったら、お金を(500円ぐらいだけどさ)渡していたかも知れません. しかし、見事なぐらい窓を開ける人が一人もいませんでした. 


その男性、その後どうしたか、気になります.



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/892-7cc50319

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR