写真はないが

Posted by tomoshiggy2 on 12.2015 日々のこと 0 comments 0 trackback
娘が連れて行ってくれたレストランは、家から10分ほどの、行く途中には、疎らな家以外は何もない、こんなところにレストランなんて、本当にあるの?と誰もが思うところに、ヒッソリと建っていました。


田舎のダイナーを想像していましたが、意外にも、プチ本格的な料理を出すところのようで, その日は、教会帰りのような家族連れで一杯でした. お客のほとんどは地元の人なので、こんなところでビジネスが成り立つのかな、なんて思ったりしたんだけどね.


私が興味があったのは、料理より、店のサーバー達。若い子がほとんどなんだけど、こんな時はこんな風に言うのね、とか、注文の取り方とか、料理を出すタイミングとか、いろいろ気づきがありました。 


料理は可もなく不可もなく、特別美味しいという訳ではないね、と正直な感想を述べると、娘は、「母はいつも批判ばかり、アラ探しばかり」と言われてしまった. 


こんな私ですが、来年もヨロシクね。





スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/762-2ac87212

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR