ERで

Posted by tomoshiggy2 on 16.2015 日々のこと 0 comments 0 trackback
という事で、初救急車+ERを体験した私... 今年はいつもと違う年にしたいと思っていたけど、こんな事が待っていたとは....


ところで、

315153a.jpg
これがERの私(撮影 by娘)


ERに入って5分ぐらいは、ERチームの出入りが激しかったのですが、各自の任務が済むと、皆サッと出ていきまて、気がつくと、ベッドに一人残されていました. 両腕に針を刺されたままなので、自分でバックに入っている携帯を取る事もできません. 誰かが部屋の前を通り過ぎるのを待っていましたが、皆部屋の前を素通りするだけ..... やっと一人の事務員らしき人が、私に気がついてくれたので、電話を取ってもらいました.  


先ず店に電話入れまして、オーナーに、今日は来れないことを伝え、それから娘に電話をしました. 迎えに来てもらわないと、置き去りにしてきた車を取りに行けないからです. 娘にはすぐに連絡がついて、助かりました. この人がいなかったら、どうなっていた事でしょう... この人時々泊り込みで遠出をすることもあるのです. 


娘に電話で事情を説明している時、あの恐怖だった数十分と、助けてくれたカップルのこと、を思いだして、話しをしながら、不覚にも涙で声が詰まってしまった私. 



ERの帰りに見た病院は、

31415.jpg
ERの部屋と職員は田舎くさかったけど、


314152.jpg
こんな立派な病院だったとは知りませんでした.




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/709-4d575cdd

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR