パニックアタックなの?

Posted by tomoshiggy2 on 14.2015 日々のこと 4 comments 0 trackback
ERでは特に何の治療もされず、ドクターの検診を受けて、帰宅許可をもらうだけでしたが、午後5時20分頃にERに入って、ディスチャージされたのは、午後9時前でした. 待ち時間長すぎ....


なぜああいうことが起こったのかと、ドクターも首をかしげながら、今後はファミリードクターで、フォローアップするようにと言われました. 血圧のことも特に何も言われませんでした.


現在は、あれから24時間以上たってますが、何の問題もありません. 仕事にも普通に行ってきました. 一体あれは何だったの? パニックアタックと症状が似ているという人もいますが、どうなんでしょうね.


私は、これが何の前触れもなく突然やってきた、と書きましたが、よく考えてみると、前触れみたいなものはあったと思います. この日は朝から、体が重くて、軽い頭痛がしていて、あまり調子は良くなかったのです. 走行中に、気分が悪くなった感じは、先月だったか、暖かい日に、やや厚着をして、外で車を洗っている時の症状と似ています. その時は、上着を脱ぎ、深呼吸して、カウチに横になっていたら、良くなったのです.
 

これは結果論ですが、もしあのカップルが、あの時、私の前を通り過ぎていたら、私はその後回復して、仕事に向かっていたのではないかと思うのです. しかし、それは今だから言えるのであって、その最中は、自分がこの先どうなるのか分らない恐怖だけでした. 


来週、ファミリードクターに会って、1年ぐらい飲んでいない、高血圧の薬も、その時にもらうつもり. 


スポンサーサイト

▶ Comment

ビックリしました!…でも
大事に至らず良かったですね

物は考えようで…この出来事により
ミニ人間ドックで検査を受けられて
問題視する様な疾患も見受けられず…よかった!

話がちょっとズレるかもしれませんが
「我らの年代は(音)が心臓に直接響く」
例えば聴いてる音楽でも、音響効果のいいところ
例えば映画館やコンサート、、、など
今までは楽しめていた、ビートが
身体には負担となってくる…と言うのです

それだけ体力が衰えてって事でしょうか
中年ですから衰えて当然なのでしょうけど

私にも、人には分かってもらえないない
は〜~~って息を吐くような悩みがあるんです
突き詰めて考えないようにしています
まあ…他人様に理解して頂いても
悩み本来は無くなりはしないですしね

お互い頑張りましょうね。
2015.03.15 08:31 | URL | レディー婆 #- [edit]
医者も”ストレスから”かもと言っていました、じつは. だとしたら、ストレスが体に及ぼす影響は、すごいですね. 生きている以上は、誰でもストレスを抱えていると思うのです. それとどう向き合っているか、ですよね. ああいうことがあってから、私は、これからは検診もマメに受けようと思ってます. 幸いにも今のところ異常なしですが、今後は分りませんので...
レディーさん、お心遣いありがとうございました. お互いに、あまり悩まずクヨクヨせず、楽しい老後にしたいですね!これからも宜しく!
2015.03.15 09:26 | URL | とも #- [edit]
ともさん、大変な体験でしたね。 私より若いともさんですが同年代の友人も数年前に美容院で突然、ともさんと同じ症状のようになったらしいです。それ以降、美容院へ行くのも乗り物に乗るのさえ怖かったそうですが
どうもパニック障害だったんじゃないかという事です。
彼女は特に何の前触れもなく突然、襲われたようですが幸いなことにその後、徐々に治っていってるようですよ。
これも更年期の一種なんでしょうか~

悩みは生きてる限り誰にでもあることですよね。逆に言えば生きてる証しなのかも~
2015.03.17 09:17 | URL | baa #- [edit]
こんにちはBaaさん. パニック傷害って、時々聞くことはあったけど、まさか自分の身に起こるとは....思ってもみませんでした~ 健康だけが取り柄の私の身にも起こるとは、これってそんなに珍しい発作ではないのでしょうか? 私も、その後ハイウェイを運転するたびに、また同じようなことが起こったらどうしようと、少し緊張しました. 暖かいお言葉ありがとうございます!
2015.03.17 22:27 | URL | とも #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/707-9586f9a1

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR