ハンディマン探し

Posted by tomoshiggy2 on 10.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
元ハンさんから、私の携帯にテキストメッセージがありました。「自分のバケツを取りに、あの家に取りにいってみたら、家が見違えるようになっていた。家の鍵は郵送する。自分に出来ることがあれば、連絡してくれ」という内容でした。

この家の修理は、確かオレ様がするはずじゃなかったっけ?みたいな、皮肉っぽいニュアンスは感じませんでした。それどころか、預かった家の鍵を、わざわざ郵送してくれるとは、律儀なお方でしょ。几帳面で真面目人だとは思うけど、でもね…


家の修理を、元ハンさんにお願いしていたら、修理は早めに終わっていただろし、その分マーケットにも、早めにに出せたでしょうが、コストももっとかかったのは間違いありません。そして、いつも請求書に怯えていたことでしょう。だからやっぱり、新ハンさんに出会えて、良かったのです。


新ハンさんが、わが家の近くに住んでいたら、良かったのになぁ… ハンディマンの仕事は、冬場は激変するようなので、皆仕事を探していると聞きました。Bさんの知り合いに誰か良い人はいないか、聞いてみたいのですが、聞き方を間違えると、あてこすりのように聞こえるかも知れないので、どう聞き出そうか、ちょっと考えています。




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/614-83880ec2

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR