たかが4時間ですが

Posted by tomoshiggy2 on 18.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ハンディマンさんから、請求書が来ました. メールに添付して送ってくれ、と言ったので、仕事が終わった翌日には、しっかり来てました.


この人からの請求書は、じつに恐怖です. 数字を見るのが怖くて、すぐに開けてみる勇気がなかったのです. 実際に開けたみたのが、届いてから5日後. 私が、支払いが出来るのは、どうしても4、5日後なので、その間、その額のことで、落ち込みたくないなぁ~と思ったのです. まだ請求書を見てもいないのに、どうしてこんな気持ちになるのかな......


5日後に、ドキドキしながら、エイヤッと開けてみました. やっぱり、私の予想以上の額を請求してきてます. でも、これほどだとは思いませんでした. 実は、もう一人のハンディさんと、このハンディさんの時給は同じなんですよ. なのに、一人は恐怖を感じ、一人はそうでもない、この差はどこから来るのでしょうね.


今回は、2日間だけ仕事をしてくれと、最初に断ったのにも係わらず、4時間のオーバータイム、それもしっかり請求してくるので、私の見積もりより、150ドル多いのです. しかも、まだやり残しがあるようで、完全に終わってないようです. 仕事にどれだけの時間がかかるか、やってみないと分らないのは確かなので、あまり強気の発言は出来ないのですが.............. 


大きな仕事の150ドルの差は、あまり関係ないけど、小さな仕事の150ドルは大きいのです. 日頃ミクロの単位で、ギリギリでせいかつしている私には、大有り.


仕事をしてもらったので、しょうがなく、請求書通り支払いますが、今後は、この人はやめて、もう一人の方にお願いしようかな、と思ってます. この人の丁寧な仕事は好きですが、恐怖を感じさせるのはノーグッドです. しかもまだ始まったばかり....  この先どうなるのか、資金繰りは大丈夫なのか、ハラハラ


2年前の別のハンディさんは、私がハッキリ断ったはずの仕事を、勝手にやってしまい、また、その後届いた請求額に2度ガックリしてしまい、あれっきりです. このハンディさん、数百ドルケチったために、その後の数千ドルのチャンスを逃がしたのでした.  つくづく、商売は、損して得しろ、だと思いました. 


さて、今のハンディさん、


几帳面で、仕事は信頼しているけど、すごくビジネスライクな方. あまり細かいことは書きたくないのだけど、それがちょっと、引いてしまう原因. それにしても、この4時間、どうしても心に引っかかります. そして、これが今後のお付き合いに大きなブレーキをかけてます.  


で、考えたのは、報酬を、時給ではなくて、プロジェクトごとに見積もってもらおうか、と考えたのです. もし、このハンディさんが、「いや、仕事はやってみないと分らないから、見積もりは出せない」と、ゴチャゴチャ言うのなら、使わなければいいのですから. 



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/452-b780688b

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR