予定変更

Posted by tomoshiggy2 on 27.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
貸家2号の修理をスタートさせました. と、書きたいところですが、

そうではありません......    予定としては、埃だらけの天井の掃除の後、ペンキ塗りを始めることだったのですが、良く見たら、天井の板と板の隙間にギャップが数箇所あって、先ずそこを修繕しないと、その上にペンキをぬっても意味がないと判断したのです. 


新ハンディマンさんの見積書には、このギャップの修理のことには、触れておらず、ただペンキの種類とか量が、大まかに書かれてあるだけなので、ギャップの上からペンキをぬるつもりだったのかな、と、チラッと思ったのです. それと、ガレージから裏庭に出るドア修理のことも、屋根のすぐ下のフェイスボードのことも指摘がなかったし、素人の私でも目に付く、その他細かい修理のことも、ほとんど触れてませんでした. この人、かなり大雑把?という印象を持ちました.

この家、見れば見るほど、修理修繕すべきところがありすぎて、3年前のリノベが、かなり雑であったことが、今なら、この私にもハッキリ分るのです. 


それと、新ハンディさんは、8月の後半ぐらいからしか、工事を始められないそうなので、これは、一日でもはやく修理を終えて、売りに出したい私にとっては、致命的! その間、何もせずブラブラ待つ余裕が、私にはないのです. 


それで、早くも予定変更. かつてのハンディさんにお願いしてみることにしました. 電話で、ハンディさんに、私の事情を手短に説明し、その日の夕方近くに、貸家2号で再会しました. 一年ぶりにあったハンディさん、なんとなく旧友にあったような、戦友との再会のような感じがしました(少しだけ・笑) 


私はハンディさんに、「パーフェクトな家はいらない、早く修理して早く売りたいだけ」と早くも先制攻撃・笑  いい加減な修理はダメですが、あまりこだわられても、予算上、困るのです.  ほどほどの外見で、インスペクションに合格できれば良いのです. と私の意向は伝えたつもり. ハンディさんは、私の予算が厳しいことは知っているようで、仕事途中でも、労働時間を打ち切って良い、と言ってくれました. というのも、以前は、修理が長引けば、その分のオーバータイムを請求していたのですが、今回は、与えられた時間内だけ働く、という事です. 


こんな提案は、前回はなかったこと、今回は、前回より、やや低姿勢という感じがしました. 今仕事が少なくて困っているのかな? 私が突然、仕事の電話をした時も、すごく嬉しそうで、普段は寡黙なハンディマンも、心なしか饒舌になっていた気がするのです. さて、このハンディさんとの、リノベ・パート2、どうなるかな.


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/439-900e1505

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR