次のハンディマンは

Posted by tomoshiggy2 on 21.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
家の修理を、去年のハンディマンさんにお願いしようかどうか、しばらく迷っていたんですよ.

このハンディさんの丁寧なところ、器用なところは気に入っているのですが、材料・素材に、こだわりすぎるのと、工賃に、機械使用料とか、オイル代とか、いろいろ上乗せしてくるのがマイナス.

本人は、真面目で誠実な人だとは思いますが、(決して、女だからと足元を見たりとか、不正請求ではないと思うが)工事が全て終ってみたら、かなり予算オーバーでして、工事の最後の方は、この人に会うのが、だんだん重荷になっていってました. 特に、家の外のペンキ塗りには、今から考えると、ハンディマンの言われるがまま、だったような気がします. 


あの古い家に、良質のペイントを使う必要があったのか、しかも予定の時間をオーバーしたし.....  仕上がりは丁寧なので、良かったのですが、家自体がたいしたこと無いので、イメージどおりではなかったし...... それなら、そこそこのペイントでも良かったのでは、と思うのです.  そんなことも、終ってみてから言えるのですが、その時は、ハンディさんを信じるしかなかったのです. 


それと、私の仕事の交渉の仕方にも、反省するところがあります. ハンディさんの工賃は、時給いくらで支払っていたのですが、予定以内に仕事が終わらなければ、時給が追加されるのです. 仕事を頼むときに、予算はこれだけだから、これだけで終らせてくれと、強気になれば良かったかな. それでダメなら、他の人にお願いするとか、いくらでも方法はあったのです.

でも、

皆さん、こうやって、経験をつんで、だんだん賢くなっていくのかな. 好むと好まざるにかかわらず、自分が望んだことではないが、だんだんおじさん化していく私であった. いっそのこと、おばさんやめて、おじさんになっちゃおうかな・笑


今回のハンディさんは、不動産屋が準備した方で、私は、まだ会ったことは無いのですが、貸家2号の修理は、今のところ、この人にお願いする予定です. 


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/436-f046b501

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR