オファーならず

Posted by tomoshiggy2 on 15.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
売りに出している家の初オファーは............ダメでした. ガックリです.


契約が実らなかったのは、あの家に問題があるからではなく、バイヤーと不動産会社との問題があったからだと、リアルターの彼女は説明してましたが、その問題についての説明は、ハッキリしてません. と言うのも、複数の不動産会社が提携して売りに出しているので、どのエージェンとが(リアルターの彼女ではないことは、確かですが)オファーを受けたのか分りません. 


さらに、悪いことに、リアルターは、家の売買の契約書にサインした時点で、テナントに、「次の家を探すように」と言ってあったため、テナントは即刻アパートを探し始めたのです. 運よくというか、運悪くというか、次の住居がすぐに見つかり、テナントは、家が売れる前に、引越してしまったのです. 


ということは、家は売れないわ、借家人は出て行くわ、のダブルパンチ. さらに、もう一軒の家にも問題が...... ! この問題については、かなり気が滅入る話なので、今は書く気にはなれません. 


とにかく、再び振り出しに戻ったのです. 正確には、振り出しのラインより、さらに下の方に落ちてしまいました. これにはかなり参ってます. 


日頃心配ばかりかけている母に、母の日の前あたりぐらいには、やっと良いニュースが報告できるかな、と思っていただけに、すごく残念です. 母に、何度も電話をかけようかと思ったのですが、結局しませんでした. こんなみじめな気持ちで話しをすることは、私にはできなかったのです. それは、ただ依怙地なだけかも知れませんが、自分のプライドが許せなかったのです.



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/406-c87ca3e5

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR