声のイメージと写真

Posted by tomoshiggy2 on 18.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
ラジオのニュース・キャスターは、声のイメージから、顔・容姿を想像しますね. そして、ほとんどの場合、ヘェ~こんな顔だったの~、と、自分のイメージしていた感じと違うことが多いです.


私は、車の中では、NPRというステーションを聞いてます. この局は、日本のNHKみたいな感じで、CMがない、ハイパーなDJもいないのが、気に入ってます. 若い人はほどんど聞かないと思う.
 

番組の中で、「The Diane Rehm Show」というのがあって、これは、丁度、私が仕事に向かう時間に流れるので、良く聞いてます. このDianeという女性の声は...... 年齢にして、80歳以上のような(90歳というのは、ないでしょうが....)喋り方. ゆっくり~ ゆっくり~、ヨボヨボと声がいつも震えているので、このおばあちゃん、大丈夫かな? こんな高齢で、キャスターが務まるの? 番組の途中で倒れないかな?みたいな声なんですよ. 彼女のゆっくりした声を聞いていると、つい眠ってしまいそう. 



ところが、最近、この人のお顔を拝見する機会がありました. 



dr.jpg
Diane Rehm
 
これは、ご自分のHPに載せている写真です. 老人ホームによくいるような老婆を想像していたので、この写真を見ても、この人が、このショーのキャスターだとは、初めは気がつきませんでした. HPの経歴によれば、現在78歳. 震える声は、彼女が62歳の時、Voice disorder という病気に冒されて、話すのが困難になったそう... それ以前は、ジャーナリストとして活躍していたそう.




dr2.jpg
意外でした~. 今も美しいけど、昔は、かなりの美人だっと想像できます. 


それ以降、彼女のスノーホワィトの髪、上品なお顔を思い浮かべて聞いてます. その悠長な話し方は、まるで貴族のようではありませんか?笑 この写真と現在の彼女とは、たぶん、だいぶ違うでしょうが、この年齢でも、メイクもしっかりし、服・アクセサリーにも気をつかい、しかも髪もソフトで、まだふさふさ・笑  


ステキですね、美しく年を重ねている人って......という話.


スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/391-93b8cd97

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR