能ある鷹は爪を隠す

Posted by tomoshiggy2 on 13.2014 仕事 2 comments 0 trackback
私が働くレストランは、テイクアウェイはもちろんですが、ディリバリーもやってます.運転手は、ピザ屋のディリバリーと同じように、チップで稼いでいます. 運転手は数人いまして、(アメリカ人の男性若者も二人いる)皆、本業の他に小遣い稼ぎで、主に週末ですが、働いています.


運転手の中に、50代ぐらいの、この古い汚いレストランの厨房に、完璧に溶け込んでいる容姿をした、一人の中国人の方(CM)がます. さらに、この人、いつ見ても、「お腹が空いた~、何か食べるものはないか~」みたいな感じで、時々コックさんが皆のために作ってくれる料理を、まるで数日間何も食べていないような感じで、ガツガツ食べるのを、よく目撃しました. なので、この人、家族はいないのか?まさかホームレスじゃないよね?とか思っていたのです.


ところがある日、


「CMは、〇〇大学で働いているよ」と、中国人のSさんが言ったのです. そこで何をしているのか、Sさんは知らないようでしたが、その大学は、地元ではかなり優秀な大学なので、CMとその大学との関係が、全く結びつきませんでした. 


じつは最近、別の人から、CMは、その大学の実験室(ラボ)で働いているという話を聞いて、超ビックリ! 


上海出身のこの男性、あの英語力で(あまり上手くない)あの大学の研究室か実験室で、働いているなんて、かなり高度な教育を、自国で受けた方なんでしょう..... 彼の息子は、別の大学ですが、phdを目指しているというし.... へ~、意外だった~ こんな人が、小遣い稼ぎに、レストランで配達運転手をしているなんて....この不思議な落差.


実際より、自分を大きく見せたがる人が多い中、この人、驕ることなく偉ぶることなく、貧民街のような小汚いレストランの厨房で、配達をしているなんて...... CMが大学の研究室にいることは、ほとんどの人は知らないのでは......


カッコイイよくね~. ルックスはアレでも、頭が良い人は、尊敬しますね. 同じ、学校勤めでも、私とは雲泥の差.....



でも、私は以前から、このCMの、女性に対する態度は、アメリカンナイズされているな、と思っていたのです. アメリカ人男性は、レディーファーストが、身についているので、普通に出来るのですが、アジア人男性は、それがなかなか出来ない人が多いのです. CMは、それが普通に出来るので、邪魔にならない人だな、と思ってました.



例えば、一人しか通れないスペースがあったとします. そこを男性と女性が同時に通ろうとした場合、普通は、間違いなく女性が先、アメリカ人男性は必ず待つのです.女性はそれが分っているので、普通に先に通ります. ところが、多くのアジア人男性は、自分が先に行こうとするので、女性とぶつかってしまうのです. そういう面では、アメリカ人男性が周りにいると、すごくラク、邪魔にならないのです. 


CMさん、能ある鷹は爪を隠す、んですね. それを自慢しないところが、いいです.



スポンサーサイト

▶ Comment

ともさ~ん、ごぶさたしてます~!
4月12日のコメント、拍手の所でしています。
コメント欄 まちがえました。 ずっと以前もそこからコメントしていました。
又、覗いてみて下さいね~。
次回からは、間違えません。
2014.04.14 06:02 | URL | baa #- [edit]
Baaさん、そうだったんだ~ これで謎が解けました. 何か理由があるのかと思ってました. コメント、読ませていただました.(コメ返済み)でも、前回の拍手コメントは、返事を書くところが閉じられていたの、出来なかったのです. 今後もよろしく、お付き合いくださいね. 拍手コメント欄は、一行ずつしか表示されないので、すごく書きにくいですね.
2014.04.14 17:21 | URL | tomoshiggy2 #- [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/379-5386dda3

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR