好きな学校は

Posted by tomoshiggy2 on 01.2014 仕事 0 comments 0 trackback
昨日行った学校は、市の中心部から、さらに約10マイルぐらい、離れたところにあり、周りには、草原以外には何もない所にあります. この学校に、最初に行ったのは、去年の暮れでした. 朝の6時半からの仕事だったので、朝4時45分に起床、6時10分前に家をでたのですが、外はまだ真っ暗闇...... 


行く途中には、民家もポツリポツリあったのですが、それからドンドン離れて行き、真っ暗な山の奥に向かって、走っているような気がしました. 車のヘッドライトだけが頼り. 


しかし、行けども行けども、学校らしき建物が見えないので、私は道に迷ったのかと思ったぐらい. 
3314.jpg
こんな道が約15分ぐらい続きます. 道は狭いし、カーブは多いし、一車線通行なので、途中から後ろに他の車が付くと、ノロノロ運転の私は緊張してしまいました. 学校へは遅れて到着、さらに、食堂への入り口が分らず、外でモタモタしていたので、定時よりだいぶ遅れてしまいました.



3313.jpg

3316.jpg

3315.jpg

私は、この小さな人里離れた学校が気に入っています. 「大草原の小さな家」のような風景が、目の前に広がっています. お声がかかるのは、時々ですが、ランチ職員の人がとても感じのいい人なのも、気に入っている理由の一つです.



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/374-7ede0cd6

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR