冬とギリス君

Posted by tomoshiggy2 on 22.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
今週の学ランの仕事は、たったの1日だけ..... しかも、私のミスで、日にちを間違え、先方から電話が来て、慌てて飛んでいったという日.


思ったのですが、こういう、他人の都合が悪い日だけ、お声がかかる仕事はダメです. 最初は、その方が、適当に休めるからいいかな、ぐらいに思っていましたが、今やそんな余裕は全くなく、決まったスケジュールが(つまり収入が)必要になってます、ハイ. その機会を待っているだけでは、ダメなので、自分で行動に移さなければいけません. いつも仕事の手配をしてくれる彼女に、今度そう話してみよう. 



お天気が良かったので、帰ってから、犬達をベランダに出しました.

2221.jpg


今年の冬は厳しかったけど、厳しい故に、いろいろ学ぶものがありました. 「アリとキリギリス」のお話のように、冬に備えることを怠ると、どうなるか、という教訓です. 冬というのは、季節だけではなく、人生の逆境という意味も含めて、常に、危機管理、バックアップが必要ということです. それを、春~夏の間に備えないと、イザと言う時に、キリギリス君のようになってしまいます. これから先も、ずっと順風満帆であるという保障は、どこにも、誰にも、ありませんので.


私も以前よりは、だいぶ危機意識が出来てきたとはいえ、まだまだ、行き当たりバッタリ系. なんだか「山奥ブログ」っぽくなってきてますが、じつは私は、ブログのカテゴリーを、「50代生き方」より、「借金・ローン返済」に、「貧乏・節約生活」をサブカテゴリーに変えたほうが良いかも. 犬達と裏庭を見ながら、こんなことを考えていました. 




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/345-6709639d

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR