太陽がいっぱい

Posted by tomoshiggy2 on 24.2014 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
私の映画の話・感想は、順不同なんですが、つまり、見た順に書いているわけではないのですが、これは、つい最近、(風邪をひく前の週あたりかな)NETFLIXで見ました.


220px-Talented_mr_ripley.jpg

「The Talented Mr. Ripley」1999年 マット・ディモン主演


マット・ディモンも私の好きな俳優さんです. ハンサム君だけど、悪役も汚れ役も出来る人. そういうところはディカプリオと似ているけど、数多くの美しい女優モデルたちと、浮名を流すディカプリオに比べて、地味で実直な感じするのはマット・ディモン. 


とにかく、この映画見てみました. 


これと似たような映画を、ずっと昔に見たことがあったような、気がするすんですよ~. 貧しい青年が、お金持ちの友人を殺して、友人の恋人と財産を盗んでしまうストーリーは.....



この映画とソックリではありませんか!


alan.jpg

「太陽がいっぱい」1960年 アラン・ドロン主演


これは、アラン・ドロンのはまり役でした. 友人を殺した後、友人のサインを懸命に練習したり、IDを偽装したり、必死でアリバイ工作をするのは、皆さんご存知のとおりのストーリー. 美しい青年が自己破滅へと向かっている姿は、サンドトラック版の美しくて哀しいメロディーにのって、美しくも悲壮的でした. 最後あたりのシーンで見せた、太陽をいっぱいあびて、満足げに微笑む青年..... その数分後、青年は、刑事が待ち受けていることを、知らずして、映画は終ります(と思う)


映画の写真をコピペするために、ネットで検索してみたら、なんと、「The talented....」は、「太陽がいっぱい」のリメイク版だそうで、二人の俳優の役は、同じく、「トム」  え~っ、そうだったの~ 知らなかった~ 




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/327-94fdaf8a

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR