ドレスアップ

Posted by tomoshiggy2 on 28.2018 日々のこと 0 comments 0 trackback
ブライダルシャワーには、わざわざこの日のために遠方から娘の友人達も駆けつけてくれました. コロラドとイリノイ(シカゴ)州からです. 飛行機代+ホテル代を自腹で払っての参加でした. それなのに......あ~ぁそれなのに.... 上の娘と一人息子は来なかったのです. 参加しなかった理由は..... 未だはっきりしていません.

娘側の家族の参加は私だけ(友人・知人はたくさん来てくれたが) こんな時こそ、上娘(血はつながっていないが)に来て欲しかったなー

それに比べて、婿側は、婿母の兄弟姉妹が多いので、叔父・叔母・親戚も含めて多数、結婚式への参加も多いのです.

シャワーには特別ドレスアップしなくて、普段着でも良いと言われたので、その言葉を信じて、行ってみたら..... もちろん普段着っぽい人もいましたが、婿側の女性軍は皆小ぎれいドレスを着ていました. 私にドレスアップしろと言われても、そんなドレスなんて持っていないし、洒落たアクセサリーもないのにも拘らず、悩みに悩んで(悩むほど着けるものがあるわけではないが)数少ないよそ行き着を厳選して、出かけたのです.(ただのシャツとズボンです)


普段、裏庭で芝・雑草と戦っているので、必要ないのですよ...... と、思っていましたが、イザと言う時のために、いくつか持っていた方が良いですね. これからそうしよう.


シャワーの時に撮られてしまった自分の写真を見て大ショック! これ、私じゃないよね? えっこんな顔だったの?って、ガックリ. しかし、写真は正直、どうあがいても、私は60代のご老人にしか見えませんでした.

それにしても、私、よりによってなんであんな地味なシャツを着たのか....(シャツのせいではないと思うが) もうちょっと明るいパっとする服だったら、まだ少しはだったのかも.....(写真は載せません)


さて、これから結婚式に着けるドレスを探さないといけないです. これが結構大変そうー

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1483-6eff8f56

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフ(60代に突入)の日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR