庭火事、マジ怖かったー

Posted by tomoshiggy2 on 30.2018 庭仕事 0 comments 0 trackback
これは昨日の事
IMG_0405.jpg
毎度お馴染みのファイヤー・ドラム缶

↑このドラム缶を使うのは久しぶりです. 確か去年は一度も使わなかったような..... 名前はグランデ号?だったかな、まっどうでもいいのですが.....

IMG_0406.jpg
左側の落ち葉に注目. ここが翌日(本日)の手の付けられない事件の発端地.....

IMG_0407.jpg
落ち葉・枯れ枝を集めてはここに投げ捨てています.

あまり暑くならないうちに、ここに集めた葉っぱを片づけようと、3号同時にファイヤーしたのです.


そして本日...........

昨日と同様にドラム缶一杯に枝・葉っぱを入れて、ファイヤー! 別のドラム缶に気を取られているうちに、一本の枝木が、グランデ号からポロリと落ち、それが先ほどの ↑集めた落ち葉の上に落ち、それが、あ~ぁ、とんでもないことに....
IMG_0409.jpg
左側はどうにか消し止めたが、その間に、火は物凄い勢いで右側に広がり始めました.

IMG_0410.jpg
近づこうにも、炎が熱くて消すことができません. この辺りから私はパニックになりました. ガレージに戻って古いブランケットを引っ張りだして、炎の上に被せようとしましたが、遅すぎました......それだけでは間に合いません.

再び家に戻って、パニック気味にBさんに電話. この小1時間ほど前に、Bさんに姿を見かけたので、もしかしたらBさんはまだ家にいるかも知れないと思い、居てくれることを祈りながら連絡をとりました.  Bさん、家にいました!! 本当に助かりました!もしBさんが家にいなければ、消防署に電話をするところでした.

IMG_0411.jpg
Bさんはこのありさまを見ても、慌てずかなりリラックス 「箒を取ってくる」と言って、家に戻っていきました.

IMG_0415.jpg
一時は木に炎が移って、その木が倒れて、大惨事になるかと思って心配でした. Bさんもしばらく炎の行き先を見ていて、特に何もしませんでしたが、やっぱり誰か頼りになる人がいるだけで安心です. Bさん、風の向きから炎の行き先がちゃんと分かるようです.

IMG_0412.jpg
燃えるものがなくなると、炎は自然に鎮火するんですね. 芝は燃えないようです.

IMG_0414.jpg
私は精魂使い果たし、芝の上でペタリと座り、Bさんの鎮火作業をぼ~と見ていました. もう動く体力・気力がありません.

IMG_0419.jpg
見よ、この焼け跡を......



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1459-607cc08a

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフ(60代に突入)の日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR