ネガからポジへ

Posted by tomoshiggy2 on 27.2016 日々のこと 0 comments 0 trackback
BF君の家族のことは、娘からたま~に聞くぐらいで、私はほとんど知らなかったのですが、でも何となくパッチワークみたいな、つぎはぎ家族のような感じがして、正直言ってあまり良い印象は持っていませんでした. 

その夕方、3人でBF君の実家へ向かったのです. かなり庶民的な家を想像していた私は、まず家が想像以上にキレイだったので驚きました. BF君の母親とは一度だけ面識があるのだけど、その時は遠くから挨拶を交わしただけなので、今回初めて会話らしい話をしたのですが、すごく感じのいい人で、こんな母親に育てられたBF君なら、安心できるな、と思いました. 母親は現在フィアンセいて、この男性と同居しています. 


一番印象的だったのは、その日が母親の誕生日だったようで、感謝祭の食事が終わった後、家族から貰ったプレゼントを披露してくれました. 娘とBF君からは、二人に写真入りフレームを2個とギフトカードでした. 二人の写真は母親からのリクエストだったようです.

これを見て、喜んでいる母親を見て、ちょっと感激しましたね. なぜかって、二人の写真が欲しいなんて、先ず私には思いもしないリクエストだからです. 息子とそのGFを大切に思っているところが、さりげなく滲み出ていて、すごくいい感じがしました. 

家の中のインテリアも素敵だったので、写真も撮りたかったけど、人様の家なのでかなり遠慮しました. 

撮ったのはこの料理だけ
1125161.jpg

かなりシンプルだけど、美味しかったです. 母親も彼女のフィアンセ(前夫とはずっと前に離婚)も働いているので、多分忙しいかったのでしょうね.

1125162.jpg


アメリカ人って、収納が上手というか、生活臭を出さないのが上手いですよね. キッチンを見てもいつもキレイにスッキリしている. 照明・インテリの演出がやっぱりうまいわ~.

こんな家を見た後に、わが家に戻ってくると、ここはまるで倉庫か、というぐらいの差がありましたわ~  しかし、逆にリノベ頑張っちゃおう~みたいな、モチベーションは上がりました. 

前より家にいる時間が長いので、その気になれば出来るはずよね





スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1173-8b3a87ca

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR