ゴースト

Posted by tomoshiggy2 on 31.2016 Category: None 0 comments 0 trackback
もう前の話ですが、隣町に住む、時々一緒に散歩する友人から、思いがけなく、お花を頂きまして、それがお悔やみ用の花束だったので............かなり戸惑いました. せっかくだけど、正直.....、嬉しくなかったのです..... お花をもらったことで、あ〜ぁやっぱり、もうあの人はこの世にいないんだ、と、実感させられたからです. 

その後、近くのファーストフード店に二人で入って少しおしゃべりをしたのですが、話ながらも、先ほどもらった車の中に置いたままの花束が気になってしょうがありませんでした.

夜、一人家に戻って、この花をすぐに花瓶にさすのをためらいました. 誰もいない部屋にあの花を飾るのはあまりにも気が重かったのです. なので、その夜はバケツに水を入れて、その中に一晩入れておき、花を挿したのは、翌日の朝でした. しかも、白い花は捨て明るい花だけにしました. そんな事をすると罰当たりかも知れませんが、あの花束をテーブルに飾り、それをたった一人で見つめているのは、気が重いし、恐怖でもありました. 花をもらうのはハッピーな時だけがいいです. 


さて、私は霊の存在は信じない方だけど、もし、この映画のウィーピーさんのような霊媒者がいたら、

ghost3.jpg
ゴースト1990年

ghost2.jpg

映画のようなロマンスは私たち二人にはなかったけど、身近にいた人が、もうこの世に存在しないということは、やっぱりサビシイよね... ウィーピーさんのような人がいたら、私はあの人にこう聞きたいですね. 「あの5年間、あなたは本当に幸せだったの?」ってね...... 「幸せだったよ」って、本人は絶対言うと思うけどさ.... 




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1112-f53e24c0

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR