週の真ん中に休みを

Posted by tomoshiggy2 on 13.2016 仕事 0 comments 0 trackback
先々週でしたが、週の真ん中に、ぽっかり休みになった日がありましたよね、その週は、一週間が終わるのが早くて、精神的にかなり楽でした. 

私はその日を鬼門の日と呼んでいて、その日が一番ストレスフルな日、理由はオーナーと一緒に働く日だから... それが無い週だったので、非常に楽チンでした. こんな週が毎週だったら、いいよね.... 将来はこのスケジュールでいけたらなぁ~


で、このオーナー、だんだん分かってきたのだが、自分の妻以外(オ夫人)の、特に女性に対する態度が、かなり無礼な人. 自分の妻が、家族が一番大事..... それはいいんだけど、良くないのは、それ以外の人に対する傲慢な態度です. この人は二つの極端な顔を持っています. 妻や子供・孫は溺愛するが、他人はどうでも良い人. 


以前私はこの人の言動に、いちいちまともに反応していたので、表面は普通に接していても、水面下では私はかなり嫌悪していました.

しかし去年から、この人と一日一緒に働く日が出来たので、努めて良い関係をつくろうと努力したつもりです. そして一度は良好な関係になったんだけど、それは長くは続かず、いまだに信頼関係を築くことはできません. 


そんな失敬な言動は、Sさんやオ妹に対してもそう. オーナーとSさんとの会話は中国語なので、最初の頃は、二人が何を話しているのか分からなかったのだけど、最近やっと気が付いたんだけど. けっこう辛辣な事を言っているのです. 私だったら、それをまともに受け取って、憤慨することでも、ただSさんは気が良いので、何を言われても「ハハハ」と笑い飛ばしているのです. 


そういう相手の言動は、Sさんのように、「ハハハ」と笑い飛ばした方が勝ちよね..... ハハハとね... でも、憤慨すべきところはしっかり憤慨すべき、だと思うけどね. 



スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1037-d266fdcc

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR