ペニーを探しに

Posted by tomoshiggy2 on 21.2016 仕事 0 comments 0 trackback
コックさんの一人に、「ペニー(1¢)を探しに来たの?」と言われた. 最初は、この人何を言っているの?と思ったけど..... この人が言いたいのは、ある人は100ドルを探すけど、別の人は1¢を探す、ということらしいのです. 

ますます何のことだか分かりませんね. 実はこの人、お店であったあることを言っているのだけど(その内容は別の機会に話すとして)つまり、金運のある人とない人の差の話だと思うのです. 金運のある人とは、ずばり、オ夫人のこと. 彼女は外見はおっとり、やんわり、無欲な感じがするが、実は意外とお金には、かなり執着しているのです. 執着と言っても決してケチという意味ではないです. 

それと、オ夫人は、お金があるところを良く知っていて、池の鯉が、人が近づくと、ス~っと寄ってくるように、オ夫人もお金のあるところにス~ッと寄ってくる感じです. 金運が良い人とは、そういう事を言うのでしょうね. 

「ペニーを探しに....」という言葉は、よ~く考えてみたら、まさに私を言い当てています. この人は、私の在宅の仕事は知らないのですが、私がやっていることは、毎日ペニーを探していることなんです. そこでいくらペニーを拾おうとも、お金はたまらないし、生活は豊かにはなりません. 封筒つめのような仕事をしていながら、お金持ちになった話は聞きませんよね.


なんだか重みのある言葉だったなぁ、うん




スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://tomoshiggy2.blog.fc2.com/tb.php/1025-3a3c4552

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR