庭プロジェクト2

Posted by tomoshiggy2 on 31.2017 庭仕事 0 comments 0 trackback
このアザレア、別の場所からここへ移植したんです. すると、みるみる元気がなくなり、翌日には枯れてきたので、ホースを引っ張ってきて水をたっぷりあげたのですが......

ちょうど気温が連日36ー37℃の日が続いていた時期で、草木と芝もかなりグッタリしていた時でしたので、移す時期が悪かったと後悔....... このことがあって、草木や花を植えるときは、天候を調べてから適切な日を選らばないと、いけないな、反省していたのです.

IMG_0583.jpg
無残にもミイラ状態


.......と、すっかり諦めていたとき




IMG_0638.jpg
な、なんと、枯れ木から新芽が出ているの発見しました. この小さな奇跡に感激! 頑張って育ってくれ~と願いをかけました.



さて、今年の庭プロジェクトのNo.2は、

IMG_0640.jpg
こちらにオーナメントグラスを植えることです.

IMG_0639.jpg
只今、整地してます.




スポンサーサイト

ペンキ塗り、お次はドア

Posted by tomoshiggy2 on 29.2017 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
.......という事で、壁塗りは90%終了いたしました. まだスポットは残ってますが、少しずつやっていきます.
IMG_0628.jpg
ここはツートンカラーにしてみようかな


IMG_0635.jpg


お次は、ドアのペイントです. フロントドアーの色は、赤系にしようと思ってますが、これは将来の外壁の色とマッチしないといけないので、その辺りも考えながら、選択しないといけないです.


去り方

Posted by tomoshiggy2 on 25.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
毎日トランプ、トランプ、トランプの話題で....... 本当にうんざりします.

最近は、解雇ドラマが続いています. この人も先週末に、突然解雇されました. 正確には辞任となってますが.

images (2)
この人です. (違います) 



images.jpg
この人です. ショーン・スパイサー氏


この人、最初のイメージとだいぶ変ってきた人です. 根はすごく誠実で真面目な方なんでしょうね. 嘘がつけない人なので、トランプの虚偽をメディアに伝えないといけないことに、かなりの葛藤・ストレスが目に見えるようでした. 平然と嘘を付く人も沢山いますが、この人は違うようです.


ショーンさんは、突然の解雇に激怒した、とマスコミは伝えてましたが、解雇後のTVインタビューでは、始終笑顔で、「この仕事が与えられたことに誇りと感謝の気持ちで一杯です」と述べていました. 不満もストレスもいろいろあったのでしょうが、最後は笑顔で、「今までありがとう」と去っていきました.

去り方の良い人は、いつまでも印象に残ります.


images (3)
左の人は、ショーンさんの物まねをする人で、かなり人気がありましたね. 私も良く見て笑っていました.


地下室DIY

Posted by tomoshiggy2 on 22.2017 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
連日猛暑です. 朝の9時~10時にすでに32℃ぐらいです. 今日の最高が38℃! でも深夜から朝にかけて雨、明日からは普通の夏日に戻るようです.


38℃と言っても体感気温は44℃ぐらいだと言ってました. 真夏にファンヒーターに当たっているような感じです. 雨もほとんど降らないので、芝刈りの必要がありません、それはそれで良いのですが.... 


外があまりにも暑いので、室内のペンキ塗りが進んでいます. 現在は地下室の壁を塗っています.

IMG_0614.jpg
ここです.


IMG_0615.jpg
ここはかなり断舎離したところ.


IMG_0612.jpg
余ったペンキを使いました.


その後は各ドアのタッチアップをする予定です. 一番リノベしたいところはフロアーとデッキなんですが、リノベの順番から行くとそれは最後になりそうです. と言うのも、バスルームをリノベをするとしたら、古いバスタブ・トイレ・洗面キャビネットを全て取り出さないといけないし、その後のタイルの修理も必要なので、それより先に床を新しくすると、折角の床が汚れる恐れがあるからです.


地下室をどう利用すべきかずっと迷ってましたが、やっぱり最初のプラン通り、ゲストルームにしようかな.... 理想のゲストルームになるまでには、どのくらいのコストがかかるか、考えると怖ろしいですが、それを目標にして、頑張って働いてみようかな.


しかし、家の中が少しずつ変っていくのを見るのは、楽しいですね~


ペンキ塗りその後

Posted by tomoshiggy2 on 19.2017 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
私のペンキ塗り、マスタールームとキッチンが終了いたしました(パチパチ) これで、メジャーなところは終わったので、ホッとしてます.

71017.jpg
左が新しい色です. 以前の色はくすんだ緑色で、それはそれなりに気に入っていましたが、もう彼是8年前のことなので、この新しい色に変えることにしました.

IMG_0553.jpg
ベッドを動かすのはかなり力が要ります. 特にこれはキングサイズなので、腕と腰が痛むのは覚悟しないといけないのです.


それと


キッチンも同様にキャビネットの中のお皿やコップを動かし、冷蔵庫も動かさないといけません.
26172.jpg
ビフォー

IMG_0589.jpg
アフター ピンクっぽい色から落ち着いた感じになりました. (写真ではあまり変っていないように見えるが) 壁にいろいろ有ったものを片付け、スッキリさせました.


冷蔵庫の裏側にとりかかってます.
IMG_0588.jpg

ビフォー キッチンキャビネットの上
IMG_0590.jpg

アフター 
IMG_0594.jpg


ビフォー
IMG_0592.jpg

アフター
IMG_0600.jpg
古い電子レンジ、以前に2重ドアの外側が外れたままですが、まだ使えるので、使えるまでは使おうと思っています.


あとは地下の壁塗りとドアが残ってますが、重い家具を動かすことはないので、少しずつ取り組んでいきまっせ~


医療費がこんなに高いわけ

Posted by tomoshiggy2 on 16.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
キッチンで働くあるベトナム人が、歯があまりにも痛いので、歯医者で歯を抜いてもらいに行ったのです. 保険に入っていないということなので、どういう事になるのか、だいたい予想はついたのですが.....

一本の歯を抜くのに、$350ドルかかると言われたそう. ベトナムでは、全部の歯を抜いても$1,000 しかかからない、たった一本の歯に$350ドルも払えない、と. 結局、痛いのをしばらく我慢して、自国の歯医者に行くと言っていました. (この人あと2週間でベトナムに帰るようです)


米国の医療費が高いのは皆の知るところですが.... 最近こういう事がありました.


レストランで食事をしていたある女性の方が、食事中に急に気分が悪くなり、(本人はストロークだと思ったらしい)連れの方が、レストランに救急車を呼んだのです. すると、数分後に警察と消防署と救急車がやってきて、5-6人の男性がドカドカとお店に入ってきたので、雰囲気がものものしくなりました.

この3つの公共機関はチームになって、緊急事態が発生すると行動を共にするようですね. 車の運転手をあわせると、少なくとも8人は動いていますね.

気分が悪くなった方ですが、普通に椅子に座っていて、話も出来るし、生死に関わるシチュエーションではないようなんですが...... 兎に角、ストレッチャーに乗せて最寄の病院へ連れていかれました. その様子の一部始終を店の片隅で見ていました.


ストレッチャーで連れて行かれた女性は、椅子に座ったまましばらく頭を下げていましたが、救急隊員に腕をささえながら、自分の足で、ストレッチャーまで歩いていきました. その間、6人ぐらいの男性は、特に何もすることないので、手持ち無沙汰でただ突っ立っているだけ...........


この女性がもし健康保険に入っていなかったら、少なくとも$1,200 ドルの請求書が送られることでしょう. 一人の患者のために、3台の車でやってきた7ー8人のクルーの人件費をここから出ているのですね.


米国の医療費がいかに高いか、垣間見る瞬間でした. 









ペンキぬりもうすぐ終わるか

Posted by tomoshiggy2 on 14.2017 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ペンキ塗りをはじめ、家のリモデリングは遅まきながら、少しずつですが、進んでいます. リモデリングの優先順位が、予定通りにはいかないのは常ですが、以前のように「私の一週間」の唄のように、暮らしていたら、これは一生かかっても終わらないな~と、最近やっと重い腰を上げました(ちょっと遅すぎる)


部屋の壁ぬりは完了し、現在はキッチンの壁に取り掛かっています. 写真は後ほどね.


じゃね


絶好調なモチ

Posted by tomoshiggy2 on 12.2017 ペット 0 comments 0 trackback
モチがトイを追いかけている姿を見るとは...... 信じられないですね~. もうトイと遊ぶことはないと思っていたので、近いうちに片付けようと思っていたところだったので......

それどころか、以前のように、思いっきり走るし、家の階段を上ることが出来るのです. (医者からはなるべく階段は昇らせないようにと言われているが)

アレルギーもだいぶ治まっているし、以前の元気一杯のモチに戻りつつあります. しかし、やっぱり後ろ足のヨロヨロ歩きはそのままです. それ以外は絶好調です.

IMG_0531.jpg



ベランダでゴシゴシ

Posted by tomoshiggy2 on 07.2017 ペット 0 comments 0 trackback
モチは奇跡的な回復力を見せてくれてます. が、しかし、再び体中ポリポリ、痒みの問題が出てきました. アレルギーだろうとペットドクターから言われました.

ちょっと前、一時的に痒みが治まっていたので、医者から処方されたシャンプーも適当に使っていましたが.............これからもっと真面目にシャンプーすることにした.


なので、ベランダでゴシゴシやってみた. 10分以上の放置が必要です.

IMG_0495.jpg
5分後....


IMG_0496.jpg
10分後.......


IMG_0498.jpg
そろそろかな.......


IMG_0497.jpg
夏でよかった.... 


モチの医療費は私の数倍もかかります! 2週間に一回はペットクリニックに行っているし、早く治ってくれないとこまるよ~



小石を敷く

Posted by tomoshiggy2 on 05.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
独立記念日の連休を利用して前庭に小石を敷きました. 
IMG_0526.jpg

IMG_0528.jpg


自力では6袋でギブアップでしたが、これは娘と彼女のBF君にお願いした20袋です.
IMG_0527.jpg

日陰になっているところから始めてみました.


IMG_0537.jpg
モチも満足

IMG_0536.jpg
敷いたばかりの小石の上に座っているし


IMG_0540.jpg
置物になっているし



フォースに集る

Posted by tomoshiggy2 on 03.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
一周忌を家族が覚えているのは当然としても、赤の他人の方がその日を覚えていてくれるのは、嬉しいですね. ある方がソーシャルメディアにポストしているを知りました.

人は自分とはあまり関係のない事は、すぐ忘れてしまう習性があるので、それを覚えてくれているのは、実に嬉しいことです.

そのメッセージと写真から、再び彼のかつての姿を見てしまいました. それは、顔から疲労感が滲み出ていて、ボロボロになった体中が危険信号を発しているような感じでした. たまたま去年の3月頃の、私と元夫君のメールのやりとりを読んでいたのですが、私がこの人の健康問題について質問しているところがあり、「病院で検査したけど、心臓も肝臓も異常なし、血圧も問題ないと言われた」と書いていました. しかし、その数日後に取り返しのないことが起こったのです.


命日には、上の娘の家へ、フォースオブジュライのBBQを兼ねて皆で集まりました. 


あれから1年目

Posted by tomoshiggy2 on 01.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
あの日から、1年が経ちました.... 実にいろいろ思うことがあった1年間でした. あの5年間の結末がこんな形で突然終わるとは、考えてもみないことでした.


去年の帰国(最後になってしまったが)は、彼はいつもより元気がありませんでした. しかしそれは年齢のせいなのか、単に疲れているだけなのかぐらいに思っていて、特別気になる感じではなかったと思うのです.


その年の始め頃に、異国で倒れて緊急入院したと聞いていたので、その後の体調の事を聞くつもりが、急に別の話になってしまいまして、つい言いそびれてしまいました.  


あの5年間、異国で何をしていたか、どんな暮らしをしていたか、それまで私には全く情報はなかったのですが、故人になってから、いろんな方がソーシャルメディアを通して、生前の写真をポストしてくれたので、何となくイメージはできました. 


しかし、どの写真を見ても、決して晴れ晴れとした笑顔はなかったと思う.... 私がそう思うだけかもしれませんが..... 「何故ここでこんなことをしているのだろうか」「思い描いていたことと現実がこれほど違うとは」みたいな、困惑した顔にばかりのように見えました. さらに追い討ちをかけるような健康問題と、再・資金繰りの悪夢との戦い.....


あの決断の日から、自ら負のスパイラルに飛び込んでいったのは、間違いないです. 


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR