ホッとした

Posted by tomoshiggy2 on 31.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
初顔合わせの時、最近売れた家が、今どうなっているか、興味もありました. 


家に近づくと、短く刈られた芝が、先ず目に入ったのです! 庭の大木には、鳥用のエサ入れがぶらさげられています. 玄関のポーチのペイントを始めたようで、手すりが途中まで塗られていました. 大切にしてくれているようで、先ずは良かった~とホッとしました.


わが家の真向いの家も、これから売りに出す予定だそうで、先週はガーディナーさん達が、草木の手入れをしてました. 周りの家がきれいになっていくのは、かなりモチベになりますね. 


ところで、隣のBさんのプロジェクトには、やっと、ちょっとだけ、動きがありました.

7312.jpg
ブロックが横に増えてます・笑



スポンサーサイト

初顔合わせ

Posted by tomoshiggy2 on 29.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
新・ハンディさんに、連絡を取ってみて、いつから仕事が始められるか、聞いてみようと思っていた矢先、新さんの方から、「家の修理のことで、一度会って話がしたい」と、連絡が入ったんです! 新さん、なんだか、やる気満々です. それで、私の仕事が休みの昨日、会って来たのです. 


用意周到、常にメモを取るハンディさんと違って、新さんは、手ぶらでしたが、大丈夫だよね?笑 修理してもらいたいところを見せて、いろいろお願いしたけど、すべて頭に入っているよね、きっと.  最後に、ACの調子が悪いようだけど、と言うと、じゃ、それも見てみます、と言ったのです. 決して、修理はいつしてくれるの?というリクエストでは、ありません.


新さんは、小さな仕事でも、快く引き受けてくれるんですよ. でも、これが本来のハンディさんの仕事だと思うんだけどね. ハンディマンって、便利屋という意味でしょ?


来週から、早速、天井と壁のペイントを始めるそうです. 天井の色は白、ということだけ決め、あとはお任せすることにします. 壁はどうする?と聞かれたので、私は、「壁は一色で、無難な淡いクリーム色にしたい」と言うと、「オフ・ホワイトがお勧め」と言われました. 


新さん勧めのブランド名が、数あるブランドの中でも、一番安価なものだったので、ビックリしたのですが、新さん曰く、「このペイント、なかなか良い仕事をしてくれるよ」って. 安いものに越したことはないけど、上手く塗れるのかちょっと不安になりました. でも、プロがそう言うのだから、お任せした方がいいでしょうね. エコノミーはいいんだけど、チープで、雑にはして欲しくないなぁ、と、ちょっと不安も残る、初顔合わせでした. 



伝わらない

Posted by tomoshiggy2 on 28.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ハンディさんから、「〇月〇日と〇日は、オープンだから、連絡くれ」というテキストが入りました. 


それから、しばらくして(その日の夕方)、「この週は全部仕事が入った. でも、その翌週はまだオープンだから、必要なら、スケジュールに入れる」という、2度目のテキストが送られてきました.


今、(ボクを)予約しないと、後は、スケジュールで一杯になってしまうよ、だから、早めに連絡してちょーだい、と言っているのですが、今のところ、私は、この人に連絡する気はないので、別の仕事の依頼があるなら、良かったじゃないですか............... と、醒めています. 私がすでに引いてしまっていることには、まだ気がついていない....... 


たぶん、その理由も分らないでしょう. お互いの思いが、相手に正しく伝わっていないのです. 


日曜日の訪問者

Posted by tomoshiggy2 on 27.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
やることてんこ盛りの日曜日でした. 部屋の掃除・洗濯、モチのシャワーとヘアーカット、庭の雑草むしり、ガーデンの水撒きに、洗車..... まだまだあります.


お昼になって、何を食べようかな、と、冷蔵庫を開けようとすると......  「今日は~」という女性の声が、表玄関ではなく、キッチンの方から聞こえてきました. 一体誰だろうと、不思議に思っていたら....  二人の若い女性の方が、デッキに立っていました. 


二人の雰囲気と、手に抱えている本らしきものを見た時、ピンと来ました. エホバの証人の方々です. キッチンの戸を開けると、自己紹介をし、いきなり、私にこう質問しました. 「世の中の不幸は神の仕業だと思いますか?」と.....


そんなこと考えたこともなかったので、しばらく目をパチパチさせて「............」となっていたら、聖書をサッと開け、聖書の一句を読み始めたのです. 「〇〇××△△なので、それは神の仕業ではないのです」とキッパリ宣言しました. 


私はただ「は~ぁ」と答えただけでした. 「は~ぁ?」ではなく、賛成でも反対でもない、あいまいな、「は~ぁ」です. 「ほ~ぉ」でも良いですが.  その後は、エホバの2冊の雑誌を渡され、今度お伺いする時までに読んでいただけたら、幸いです、次回にその感想などを聞かせてね、みたいなことを言われました.


えっ、また来るの? 悪いけど、私は絶対に読まないと思うよ(心の声) しかし、現実には、分りました、暑いのにご苦労さんです、と言ってしまっているし...... どうしよう. ハッキリ、ノーサンキュウといえばよかったかな.





元気になって

Posted by tomoshiggy2 on 27.2014 仕事 0 comments 0 trackback
オ妹は、今、人生の厳しい試練に立たされてます. 

彼女のご主人は、一年ほど前に、肺がんと診断され、その後の手術・キモ治療で、経過観察中でした. しかし、つい最近の定期検診で、ガンが肝臓へ移転していることが分り、それがかなりたちの悪いガンで、発見されたときはもう手遅れというケースが多いそうです.


医者からガンの移転を告知された日、夫婦で泣きあったと話してました. 現在は、今後の治療の話を、医者と患者と家族で進めているようです. 彼女は仕事には来てますが、数日間は、仕事中でも、人目を憚らず、泣いていました. 今、この現実を受け入れるのは、厳しいです. 


早く元気になって、と、祈るだけです. お妹よ、頑張れ~! 


ルールを守って

Posted by tomoshiggy2 on 26.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
本日の最高気温が100度F(38℃)、って! 今日は庭仕事は絶対に無理. ご近所からも、芝刈り機の音、スモールエンジンの音は聞こえてきません.


モチもごらんの通り. 

7202.jpg
散歩から戻ったら、ここにへばり付きました.

7201.jpg
暑くてたまんね~ス


これは、昨日、スーパーに買い物に行った時のことです. スーパーのレジには、いくつかの種類がありますよね. 例えば、アイテムが20品以下は、それ専用のエクスプレスレーンがあったり、セルフ・チェックアウトのできるレジもあります. ほとんどお客は、このルールを守っているようですが、そうでないお客もたまにはいるのです.


私の買い物は、片手で持てるぐらいの、ほんの数点でしたので、フロアーから一番近い、ガーデンセンターのレジへ行きました. すると、一人の初老の女性が、すでにレジカウンターにいました. 白髪の背中の半分ぐらいまで伸びたロングヘアー、真っ赤なペデュキア、なんだか、普通じゃない.... 年寄りのロングヘアーなんて、清潔感がなく、うっとうしいだけ..... ちなみには私はもう、ロン毛ではありません. (こんどあったら紹介しますね)


この婦人の買い物カートには、食料品系が一杯. 数品なら分るが、こんな沢山の物を、まさか、このレジで清算するんじゃないでしょうね、と思っていると..........  そのまさかが、私の眼の前で行われたのです. このレジのカウンターは小さく、一度に沢山の物が置けないので、婦人も、キャッシャーがスキャンして、袋に詰め込んで、スペースが空くと、また物を載せることを、繰り返さないといけないのです.


婦人の後には、最初は私だけでしたが、その内、数人の列が出来てしまいました. 


ピッピッと、次々とスキャンされていく中、一つのアイテムのバーコードがないことに、レジ係りが気がつき、それがないとスキャンができないので、近くにいた別の従業員は、値段のチェックに行かされました. しばらくして、戻ってきた従業員、しかし、それは割引クーポンが絡んでいたので、もう一度行かされた従業員......   ったく、いつ終るんだよ~ イライラ


その内、お客の列がさらに長くなりました. 婦人は、その間、周囲をまったく無視、「すみませんね~」 の一言も、急ぐ様子もありません. 最後に、お金を支払い、レジ係りにこやかな声で、「ハバ、グッドディ」と言って、店を出ていきました.


確かに、このレジには、20点アイテム以下とか、グロサリーはご遠慮下さい、とかのサインはありません. ですが、皆さん、暗黙のルールをちゃんと守っているのです. この婦人のような、周りが見えない、周りに迷惑をかけていても、平気な人にはなりたくないなぁ~と思うのだった.


でも、


一番感心したのは、レジ係りの人. 最後まで嫌な顔を見せず、婦人に対応してました. 私がそのレジ係りだったら、ハッキリ顔に出ていたでしょう・笑 


結・ハンディマン

Posted by tomoshiggy2 on 26.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
またハンディさんの話題です. このハンディさんに、もう一日だけ、修理をお願いしようと、決めたのですが、また、心が揺れてしまいました. 


ハンディさんは、部屋の古いカーペットがキライらしく、(それは私が蚤の攻撃を受けた話をしたからだと思う)工事を始める前に、蚤用の殺虫剤を撒いてくれ(この記事はここ)との、リクエストがありました. マッチョな男性が蚤ぐらいで、何なのよ、と、最初は可笑しかったのですが、確かに、蚤に攻撃されると大変な目にあうので、それは理解できます.


まっ、それはいいんですが、その次は、そのカーペットを剥がして処分してくれ、とのリクエストです. このカーペットは、最終的に、処分する予定ではありましたが、その事で、ハンディさんから言われる筋合いは無いと思います. でも、その後、たまたま、家の近くに住む、若いカップルが、その仕事を、激安でやってくれることを知りまして、その仕事とハンディさんの仕事を、同じ日に、その仕事を設定したのです.


しかし、ハンディさんから、再びクレームがきました. その会話はこんな風です.


ハンディ 「一緒だと、お互いの仕事の邪魔になるので、彼らの仕事が終わってから、翌日がいい」
私 「鍵がないから、彼らが家の中へ入れない」
ハンディ 「じゃ、自分が鍵を開けるから、終ったら自分達でロックするように、彼らに指示する」



お次は、エアコンが作動していない、というクレーム. 


ハンディ 「エアコンは修理できた?」
私 「フィルターを換えたら、排気口から冷風が流れてきたので、大丈夫だと思う」
ハンディ 「........(無言)」



それからしばらくして、


ハンディ 「カーペットは全部取っただろうか? 朝、家の中へ入ったら、ものすごく暑かったけど


私は、これには、カチ~ンと来ましたね、ええ、来ましたとも! カーペットもACも、ハンディさんに言われるが筋合いではないハズ. 私はハンディさんには、即答はせず、その日カーペットを剥がす仕事をしてくれた、あのカップルに、先ず確認しようと思いました.



私 「エアコンは作動しているようだった?」
カップル 「風は流れているようだけど、部屋の温度は下がらなかった. 部屋の温度は100度近くあったと思う」


カップルからは、エアコンが効かなかったという、苦情はなく、それどころか、近所に住む、リーズナブルな修理屋を紹介してもらったのです. エアコンのが作動していないことを、確認したので、ハンディさんに、こう連絡しました.


私 「エアコンの調子が悪いようだから、それを修理してもらう予定. 仕事は、その修理が終わってから、やってもらってもいいけど. たぶん来週あたりになるけど」
ハンディ 「じゃ、そうする」
私 「.........(無言)」



ということで、私はこのハンディさんには、もう、お願いしないことにします. 途中までの仕事も、別の人にやってもらいます. ハンディマンは沢山いますので、この人にこだわる必要はありません. 考えてみると、去年の工事の時も、庭に置かれたままの粗大ゴミを、早く片付けてくれ、とか、いつ片付けるの、とか、いろいろ言ってたな.... 


私は、このハンディさんには、仕事のチャンスは与えたはず. それを、家のACが効かないからと言って、断ったのは、ハンディさんです. 自ら、その後の、数千ドルのビジネスチャンスを逃がしたのです. 私はACの修理が終わったら、連絡します、とは応えたものの、それを約束したわけではありません. 


ちょっと甘いよね、この人. それとも、私を甘くみたのかな..... 



庭を羊に開放する?!

Posted by tomoshiggy2 on 24.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
モチと、家に向かっている歩いている途中、「いい天気だね~」と言って、近づいてきたのは、隣のBさん. ほら、少し涼しくなると、決まって庭に出てくる人だから. 


早くあの目障りなブロックを仕上げて欲しい~(私の心のさけび声)


Bさんと、先ほど見た羊の話をしたら.........  わが家の庭の一部(真横の繁み)を、羊のために開放しないか?と言われました. 羊が木に絡むアイビーを全部食べてくれるよ、と.  私はそれには全く問題はないけど、Bさんの作ったような柵を、あそこに建てられるのは、イヤだなあ~と思いました. ミニファームのように、小奇麗な柵だったらいいのですが、古いさびた鉄柱にビニールシートだもの、外観を損なうよね. 


飼い主さん、エサが足りないのでしょうか? でも、庭の一部を開放する話は、去年だったか、一昨年だったか、ハッキリしないけど、一応あったのです. でも、その話は、それっきりで、その後の進展はありませんでした. 



久々の羊達

Posted by tomoshiggy2 on 24.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
昨日の朝、キッチンの戸を開けたら、ものすごい湿気にクラ~っとなりました. 湿度が、なんと91%ですって! 不快指数がマックスです. 午後からは雨模様の予報が出てるので、少しは涼しくなるかな.....


と期待していたら、雨は全く降らなかった.....


ところが、本日の朝は、かなり涼しい~のです. エアコンも作動しません. 庭仕事日和ですが、私はこれから仕事に行かないといけません.


モチを外に出した途端に、モチは大興奮して、庭の奥へ向かって走り出すので、何だろう、あのブラウン君がいるのか、或はウサギを見つけたのか、などと思って追いていくと................


久々の羊さん達たちじゃないですか! 皆さん、こちらにお尻を向けて、もくもくと草を食べてます. いや~久しぶりヤン~と思ったら、モチの吠える声に、皆一斉に振り返り、ジッ~とこちらの方を見ています. その顔が可愛くて、シャッターチャンスと思ったら、カメラを持っていない~!


その内、一匹のリーダーらしき方が、奥の方へ向かって歩き出すと、皆もそれに従って追いていきました.


では、またあとで


続・々・ハンディさん

Posted by tomoshiggy2 on 23.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
暫しの沈黙の後、同じハンディに、あと一日だけ仕事をお願いすることにしました. いろいろ資材も買ってあるようなので、途中で別の人にお願いして、変な仕上げにされても、困るな、と思ったのです. もちろん、ハンディさんには、そんな風には言っていません. ただ、ペンキ塗りの事は、今は心配しないように、と言っただけです.


このハンディさんね~、何と言いますか~、レストランのお客で言えば、ピッキー(選り好みが激しい、注文の多い)な客、そして、当然、嫌われ者です、ハイ. 


例えば、このハンディさん、


仕事は朝8時から始めたいから、その前に、家の鍵を開けてくれ、とか、自分は遠くに住んでいるので、仕事は8時間させてくれ、とか..... いろいろ細かい指示が多いのです. と言うのも、他のハンディさん達は、家の鍵は、わざわざ不動産屋に行って、取ってくるんですよ. また、遠くに住んでいるからと言ってますが、この人の住所は、同じ市内です. 他のカウンティから、出稼ぎに来る人も沢山いるのですよ.


資材へのこだわりも、「こだわりのプロフェッショナルな人」と、初めは映っていたのですけど、段々、注文の多い奴に変わっていったのです. でも、仕事は真面目で熱心で、プライドを持っていることは、確かです.


その後の仕事は、このハンディさんにも、ペイント、家の外全般の、見積もりを提出してもらう予定です. そして条件の良い方にお願いするのです. 



サンセット

Posted by tomoshiggy2 on 21.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback

7211.jpg
今日のサンセット

7212.jpg
昨日、芝刈りをしたので、芝が緑のベルベットのようです. 夜は蛍がたくさん飛んでます.

7223.jpg
モチを外に出した時、外灯に照らされた、夜のアザレアを見て、は~っとため息が出ました. 


自然の中で暮らすのは、いろいろ大変だけど、いいことも沢山あるんですよね.


マンション暮らしだと、庭の手入れとかはないけど、その代わりに、管理費というのをあって、一ヶ月に400ドル近くも、支払うところもあるとか.....   この辺なら、小さなアパートが借りられる金額です. 


どっちが良いんでしょうね


散歩中のおじさんは

Posted by tomoshiggy2 on 19.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
わが家の前の道路を、一人のおじさんが、犬を連れて散歩していたので、「今日は~」と手を振ったら、その犬がロキシーだったので、えっ、もしかして、この人が、ロキシーのお父さん? 想像していたのと、まったく違うんだけど.........


ロキシーのお父さん、ずいぶん昔に、一度だけ近くで、見たことはあるのですが、それっきりなので、顔なんて覚えていないし、それ以後は、遠くから時々、姿を見るだけでした. 家のリノベと庭仕事に、超頑張っている人なので、40代~50代前半ぐらいの人かと思いきや....  ん?案外、歳いっている、隣のBさんぐらいかな...


その時、初めて立ち話などをしてみたのです. 近所では、自分より犬の方(ロキシー)が有名だ、ハハハと笑ってました. あの茶色の犬(ベア)はどうしたのと、聞かれました. 一時期わが家に入り浸りだったロキシーですが、ベアを鎖につないだ辺りから、私もあまりロキシーに構わなくなったので、だんだん寄り付かなくなりました. 今は、自分の庭先だけで遊んでいるようで、その方が飼い主にとっても、良かったのではないでしょうか.


この人も、リタイヤー組で、元リノベの仕事をしていたそうです. どおりで、DIYの腕が良いのですね(納得) 信頼できるハンディさんを、誰かに、紹介してもらおうと思っていたので、これはグッド・タイミングでした. DIYのプロがお隣にいたなんて、灯台下暗しでした. 


今度、わが家の修理もお願いしようかな、と言ったら、一度に沢山のプロジェクトは(もう歳だから)したくないけど、少しづつなら、やってもいいよ、と言ってくれたのです. 人件費は1時間25ドルと言ってきたので、「この人、本気かも」と思いました. この方、自分の思っていることを、ストレートに口に出すタイプのような印象を持ちまして、その方が分かりやすいし、先に値段を言ってくれたのも、修理の計画が立てやすいと思いました. 


ロキシーのお父さんが、今度ウチに来て、自分のプロジェクトを見たら良いよ、と言ってくれたんですよ. ヤッタ~ 是非、見てみたいです. 



続・ハンディさん

Posted by tomoshiggy2 on 18.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ACが要らないぐらい涼しかった日々が、しばらく続きましたが、本日から、また暑い日が続きそうです. 


ハンディマンさんの話の続きです. 


このハンディさんとは、去年のリノベで初めてお会いしたのですが、最初の頃の私は、ハンディさんの仕事ぶりに、驚くほど好意的で、信頼し安心していたのですね. それが、いつの間にか、ネガティブに脅威に変化していったのです. あの頃の自分のブログを読み返してみて、その記憶が蘇りました. 


仕事はキチッとしていて真面目・几帳面なので、その面は安心なんですが、請求書に諸経費を上乗せしてくるので、去年のリノベの総合計は恐ろしい額になっていました. そして、今回も初回から予算オーバーです. このまま行くと、去年と同じパターンになるのは目に見えてます. あの思いはもう二度としたくありません. 


クロージングの後、貸家2号に向かったのは、ハンディさんの仕事を見てみる目的もありました. 確かに、仕事はちゃんとやっているような感じはあるので、「別の人を探すのも面倒だし、この人に任せようかな」と、ちょっと気持ちがグラついたのですが.........   


でも、やっぱり、私が頼んでいない仕事をしたのは、決定的. いえ、仕事をするのはいいのですが、それを請求するのが???なのです. 或は、オーバータイムはOKか?という連絡があれば、まだ少しは納得出来るのですが、それもなく、勝手にやっておいて、それを請求するなんて....... 


その後、ハンディさんからは、次の工事のことを訊ね、自分の都合の良い日を伝えて来ましたが、私はまだ返事はしていません. この私の沈黙のメッセージを、どう受け取るでしょうか....


現在、もう一人のハンディさんと交渉中です. ただ、この人となかなか連絡がとれないのが悩みです.


たかが4時間ですが

Posted by tomoshiggy2 on 18.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ハンディマンさんから、請求書が来ました. メールに添付して送ってくれ、と言ったので、仕事が終わった翌日には、しっかり来てました.


この人からの請求書は、じつに恐怖です. 数字を見るのが怖くて、すぐに開けてみる勇気がなかったのです. 実際に開けたみたのが、届いてから5日後. 私が、支払いが出来るのは、どうしても4、5日後なので、その間、その額のことで、落ち込みたくないなぁ~と思ったのです. まだ請求書を見てもいないのに、どうしてこんな気持ちになるのかな......


5日後に、ドキドキしながら、エイヤッと開けてみました. やっぱり、私の予想以上の額を請求してきてます. でも、これほどだとは思いませんでした. 実は、もう一人のハンディさんと、このハンディさんの時給は同じなんですよ. なのに、一人は恐怖を感じ、一人はそうでもない、この差はどこから来るのでしょうね.


今回は、2日間だけ仕事をしてくれと、最初に断ったのにも係わらず、4時間のオーバータイム、それもしっかり請求してくるので、私の見積もりより、150ドル多いのです. しかも、まだやり残しがあるようで、完全に終わってないようです. 仕事にどれだけの時間がかかるか、やってみないと分らないのは確かなので、あまり強気の発言は出来ないのですが.............. 


大きな仕事の150ドルの差は、あまり関係ないけど、小さな仕事の150ドルは大きいのです. 日頃ミクロの単位で、ギリギリでせいかつしている私には、大有り.


仕事をしてもらったので、しょうがなく、請求書通り支払いますが、今後は、この人はやめて、もう一人の方にお願いしようかな、と思ってます. この人の丁寧な仕事は好きですが、恐怖を感じさせるのはノーグッドです. しかもまだ始まったばかり....  この先どうなるのか、資金繰りは大丈夫なのか、ハラハラ


2年前の別のハンディさんは、私がハッキリ断ったはずの仕事を、勝手にやってしまい、また、その後届いた請求額に2度ガックリしてしまい、あれっきりです. このハンディさん、数百ドルケチったために、その後の数千ドルのチャンスを逃がしたのでした.  つくづく、商売は、損して得しろ、だと思いました. 


さて、今のハンディさん、


几帳面で、仕事は信頼しているけど、すごくビジネスライクな方. あまり細かいことは書きたくないのだけど、それがちょっと、引いてしまう原因. それにしても、この4時間、どうしても心に引っかかります. そして、これが今後のお付き合いに大きなブレーキをかけてます.  


で、考えたのは、報酬を、時給ではなくて、プロジェクトごとに見積もってもらおうか、と考えたのです. もし、このハンディさんが、「いや、仕事はやってみないと分らないから、見積もりは出せない」と、ゴチャゴチャ言うのなら、使わなければいいのですから. 



サインが終わって

Posted by tomoshiggy2 on 18.2014 家のこと・ホームDIY 2 comments 0 trackback
無事サインが終わり、私が向かったのは、貸家2号でした. そこで、前のレンターの残骸・ゴミを片付けてくれる人と会う約束があったのです. 


オフィスを出る時、不動産の彼女も、一緒に行くことになりまして、私も今後の修理のことで、いろいろ話したいことがあったので、ちょうど良かったのです. 後で知りましたが、その日、彼女から、家の鍵を渡された新オーナー家族は、その後、一部の引越しをするようでした. 


貸家2号に着いて、不動産屋の彼女としばらく立ち話をしていたら、新オーナー家族の姿が見えました. 1号と2号は道路を挟んで向かい合っているので、よく見えるのです.


若いカップルの他に、二人の両親らしき方の姿も見えました. 「皆、すごく嬉しそうだったよ」と不動産屋に言われた時、本当に肩の荷が降りたような気がしました. この家でしっかり幸せを築いてね、頑張ってローンを支払うんだよっ、て祈らずにはいられませんでした. (しみじみ)


家が売れたお金は、家ローン返済と、一部借金返済、そして、2号の修理費に行くので、私達には一円のお金も入ってきません. 2号が売れても、今までの経費と苦労を考えたら、プラス・マイナス・ゼロです. しかし、今まで両肩にずっしり圧し掛かっていた荷物の半分が降ろせるのは確かです. それだけでもありがたいのです.


さて、今後の目標は、2号の修理と売家です. 出来れば、冬までには、売りたいと思います. 正確には、一日も早く手放したいのです. 



クロージングディ

Posted by tomoshiggy2 on 15.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
直前まで、クロージングの時間が決まらず、ハラハラしたけど、やっとこの日を迎えることが出来ました! 

西へ向かってます.

7151.jpg
通いなれた道だけど、なんだか今日は、新鮮な気持ちです. 雲の形が、天使たちが、ラッパを吹いて祝福しているかのようです.


7153.jpg
向かった先はこのオフィス


7152.jpg
サインは別々に行いまいした.


初めて、バイヤーの方とお会いしました. 若いカップルです. 彼らのファーストホームだそうです. 係りの方の「コングラチュレーション! 今日からここがあなた達の家よ」という声が扉こしに聞こえてきたので、家の売買契約が終了したことを知りました. パチパチ

7154.jpg
この人がバイヤー男性. 今気がついたけど、ノースリーブを着けていたんだね. かなりカジュアルな方.


バイヤーさん、買ってくれて、本当にありがとう. あなた達が現れなかったら、私はどうなっていたか.....  崖っぷちから、真っ逆さまに落ちていく自分の姿を、毎晩想像していました. 男性の奥さんは、第一子を身ごもっているそうですね. おめでとうございます. 


ファーストホームには最適な家だと思います. グッドラック、今後のご発展を祈っています. 


とりあえずご報告まで

シゲと隣のBさん・笑

Posted by tomoshiggy2 on 14.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
作業の途中で、すごいサンダーストームになりまして、今、家の中に入ったところ. 

7141.jpg
こんな雨雲が出てきたかと思ったら、いきなり、ザ~ッと大粒の横殴りの雨が降ってきたのです.


7145.jpg
少しは涼しくなっていいけどさ....
 

心配なのは、Bさん側からの泥水. 遠目でも、流れてきているのが、ハッキリ分ります. あの工事を、何故早く終らせないのか、疑問です. 以前Bさんは、まだ地盤が緩いから、それが固まるまで待っているとか、言っていましたが、本当の理由は、私は、この暑さが原因だと思ってます. Bさんは、ちょっとでも暑いと外に出てこないのです. 


これでは、大雨のたびに、泥水が流れてくるので、せっかく生えてきた芝もダメになってしまう.

737.jpg
まだ産毛のようですが、


この産毛のような芝を、たまたま見たBさんは、「ここの凸凹を平地にして、再び芝種を蒔いてあげよう」と、言ってはいたが...... でもそれって、2ヶ月半ほど前に、私がBさんに「ついでの時でいいから」と、同じことを頼んだのです. その時、トラクターの燃料代もお渡ししたのに、Bさんの動きはなかったのです. 


それで、やっぱり、人を頼らず自分のプロパティーは自分で守るべき、と決心し、自分で出来る限りの整地をし、種を蒔いたのでした. 

でも、またもや、それっきりで、Bさんの動きはなし. 一体いつになったらやってくれるの?! 私、普段お世話になっていることをスッカリ忘れて、私の口調が、隣のBさん~、から、隣のおやじ~、または、B~(呼び捨て)、さらに、あのじいさん~、じじい~いつやってくれるんだよ~ と変わってきていることを、娘にするどく指摘されました. 人間って、人にやってもらったことはすぐ忘れまるのです・笑


それは、ちょっと前のブログに載せた、「シゲとおさださん BYロバート」の、コントの場面を思い出させました. 都合の良いときは「おさださん~」だが、悪くなると「おさだあ~」と逆切れしてしまうシゲに、私、そっくりじゃないですか.


蒸し暑い~!

Posted by tomoshiggy2 on 14.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
休日なので、ブロックの続きをしてました. いや~今日は、朝から蒸し暑いのなんのって.... 数日、羊たちの声が聞こえないと思ったら、あまりの暑さに羊も参っているのかも.


さて、ブロックは.....

71111.jpg
こんな曲線にしてみました.


7117.jpg
紫陽花はここに植えようかと思っている


7116.jpg
ここに除草シートを敷いて、上からモルチで覆います. ここにフットライトをつけたら、いいかも、などと、いろんなアイディが浮かぶけど..... 予算的には厳しいので、少しづつやっていこうかな.


プラントも植える予定なので、完成したら報告しますね.


お隣の家セール

Posted by tomoshiggy2 on 13.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
7115.jpg
ん? 何だ? お隣さんの庭に、何か建っている....  


7114.jpg
この家、とうとう「売り」に出されたのですね.


7111.jpg
こちらが、その家


7112.jpg
あとでネットで見てみたら......  フォークロージャー(銀行差し押さえ物件)となっていました.


7113.jpg
この家の後方は、わが家の裏庭から、垣間見ることが出来るのですが、大きなデッキと、レンガ作りのパティオもあって、かなり感じの良い家です. わが家より、ずっと手入れ行き届いてます. 


5ベッドルームに3バスルーム! こんなに素敵な家なのに、一体この家族に何があったのでしょうね. フォークロージャーの物件は、荒んだボロ家が多いようですが、この家は、外見上は、普通に見えます.. が、内部はどうなっているのか、写真資料はありませんでした.


セールの値段は、6年前に、元家主が買った値段の3割引きぐらいですが、内部修理にどのくらい掛かるかで、今後値段が下がるかも知れません.  


最近、庭メンテナンスのトラックやら、業者らしき方々の出入りがあるなぁ、と思っていたら、やっぱりそうなりましたか. わが家の真向いの家にも、工事トラックを停まっているのを、時々見かけるので、そういう方向かも知れません.




郷に入れば

Posted by tomoshiggy2 on 11.2014 仕事 0 comments 0 trackback
さて、私のミニ休暇も終りまして、今週からまた、せっせと働く日々に戻りました. 働くモチベーションは、ずばり、借金返済、デットフリー(DEBT FREE)、ローンフリーになることです. 仕事への喜びは小さいけど、チリも積もれば何とやらで、毎月コツコツ稼いで、コツコツ返済するつもり.


以前は、逃げ腰、いつも逃げることばかり考えていたのが、最近は、結構、腹をくくって、この仕事を好きになろうとしています. 職場と私生活が密着した、(以前はキライだった)生活感タップリなことも、郷に入っては郷に従えのルールで、皆と同じように、家から、間食するものを、タッパーウェアーに入れて持ち込んだり、果物をジップロックに入れてきたりして、小腹が空いたら、モグモグつまみ喰い.......  


そんな環境を楽しもうと、努力してます.  努力も何も、今はここで働くしかないので、チョイスはありません・笑


現在、夏休み中の学食パートは、やめるつもりです. 近場で短時間というのが、気に入っていたけど、あまりにも低賃金ゆえ、これこそ、時間の無駄だと思ったのです. 担当の人に、新学期もこの仕事を続けたい、と言ったのですが、今回はやめておこう.



ハイライトはコレ

Posted by tomoshiggy2 on 07.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
777.jpg
これが、その激安ブロック. 計60個買ってまいりました. 車のトランクに積むのは、お店のお兄さんが手伝ってくれましたが、これを降ろすのは、私ひとり. 暑い中、ヒ~ヒ~言いながら、車から降ろして、並べてみました. 


776.jpg
前庭は、東向きなので、午前中と言えども、暑い~のです. 先ず、木の下の陰の部分からスタート. この木があってよかった~


771.jpg
雑草を取り除き、地面に印をつけ、

773.jpg
まだ、凸凹していますが、どういうイメージになるか、仮に並べてみたのです.


775.jpg
途中で、除草シートを買い忘れたことに気がつき、買って参りました. いつも何か必ず忘れる私. 買い物リストを作って行くが、そのリストを書いた紙を、忘れてしまうこともある、うっかり者です.


774.jpg
このシート、20年間保障付きとあります. ほんとかよ?


ブロックは足りそうだけど、私のイメージしていたのとは、ちょっと違っていたので、後日、並べ方をアレンジしてみます. 


雑草を取り除いた後に、この除草シートを敷いて、その上からモルチをかぶせる予定です. モルチの一袋の値段は、そんなに高くはないが、それを運んでくるのが大変な作業. 昔は頑張ってやったけど、最近は体力が落ちてます. 今日それを実感しました. 少し涼しくなるまで待とうかな...  本日は、これで終了~



そして、これが、私のミニ休暇の最後を飾るハイライト!

779.jpg
朝、モチを外に出すために、戸を開けたら、ベェ~、ベェ~と泣く声が、いつもより近くに聞こえるので、えっ、ひょっとすると、例の羊たちが、近くまで来ているの? モチ、一緒に確認してこようか、と行ってみたら.......


7711.jpg
いたいたいた、思っていたより、皆デカイ. 木の近くの草を食べている.


7710.jpg
コレ、ヤギじゃない? 確か、羊と聞いたけど.... 角がないからやっぱり羊かな? ヤギと羊の区別ができない私・笑

7712.jpg
ん~、どっちだろう (まだ悩んでいる)  大人グループが去った後、やってきたのは子羊たち. 皆ベェ~、ベェ~言いながら、草を食べている. 子供は皆可愛いなぁ


778.jpg
モチには、彼らの姿は見えないけど、何か得たいの知れないものが近くにいることは察していて、かなり興奮気味. お蔭で、子羊の写真が取れなかった.


(これを書いた後、まさかの停電! なので更新は翌朝になりました)





ミニ休暇、経過報告

Posted by tomoshiggy2 on 06.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
私のミニ休暇も、明日で終わり! はやい、早すぎる~. なので、今日は、とりあえず、ガーデン用のブロックを、買ってきました. 前ブログに書いたように、芝刈り機で刈れない三角形のところを、ガーデンにするのです. 

そのブロックは、DIYの店の駐車場に置かれていて、一個99¢という激安なやつ. 他の店では、全く同じものが、一個1.88¢なので、これは超お買い得! それを買ってきたのです. 


733.jpg
後ろの植木は、少し前に買ったのですが、まだ植えていなかったので、この機会に植えてみました. 真ん中の紫陽花は、半額セールでした. 巷のガーデンセンターは、6月の終わり頃には、早々と店じまいです. ちょっと早くねぇ~? これから夏本番~!という感じなのに、もう秋の準備に入ってます.


731.jpg
紫陽花って、漢字で書くと、すごく美しいですが....... 実は、私は紫陽花はあまり好きではないのです. 花が満開の時は、キレイですが、その後は、かなり醜いですよね..... それが好きじゃない理由です. 


今、この紫陽花をどこに植えようか、迷ってます. いえ、迷うほど沢山植えているわけではなく、植えるスペースは十分にあるのですが、(以前のように)適当に植えちゃうと、後で困ることになります. せっかく植えた草木を、何度も移動して、そのために、途中で死んでしまったものも沢山あります. 部屋の模様替えのように、花草木は簡単に移動できないのが、残念です. 


742.jpg
このアザレアは、8年前ぐらいに、ベランダの横に、適当に植えたけど、これは大成功. こんなに成長する花木だとは思いませんでした. おかげさまで、Bさんのブロックを隠してくれるし、毎夏、美しい青紫の花を咲かせてくれます.


754.jpg
反対側から観たアザレア. このアザレア、一体どこまで成長するのでしょうね


5812.jpg
逆に、この木は、大失敗です. 春になると白い花を咲かせる梨の木ですが、この辺りでは、どこにでも生えているような、雑草のような木、でも、これを家のすぐ側に植える人は、無知な外人(私達)ぐらいでしょう・笑 

植えるときに、ちゃんと説明書を読んでおけば、この木のサイズが、どのくらい大きいものであるか、分るはずなのに、それをしなかったのです. これは将来、伐採しなければなりません. アザレアの成長はゆっくりですが、この木はかなり早くて、5年で、これだけのサイズになりました.



また変なものが現れた

Posted by tomoshiggy2 on 06.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
裏庭の一番奥のところに、突然現れた、柵のようなもの. Bさん、今度は一体何のプロジェクト? 例のブロックはまだ完成していないんだけどナ~ (早く終って欲しい)

7512.jpg
近くで見てみると、古いビニールシートのようです.


7513.jpg
柵の最後に鉄のゲートみたいなのがあるんだけど.....


7510.jpg
ドックラン??? 或は、柵のつもり?


その後、Bさんと立ち話をする機会がありまして、昨日もちょっとだけ「ハッピーフォース」とか言って、話をしたんだけど、その時は、何も言っていなかったんだけど.


で、その柵について質問してみたのです. これは、Bさんのお隣の方(以前、モチがお邪魔したところ)の羊のために、一時的に作ったそう.  柵の後ろにある林はBさんの所有物なので、そこを羊のために解放するんだそう. じゃあ、あの(醜い)鉄柱を建てた目的は、このためだったの? 


羊さん達が、草を食べにここまで来るの? へぇ~、なんだか楽しみだわ・ワクワク  羊は木に絡みつくアイビーを食べてくれるそうです.


7511.jpg
これです. これは木肌にピッタリ絡み付いて、木の栄養分を吸い取って、木を殺してしまう、嫌な奴. こんなものを羊が食べるなんて、知りませんでした. わが家のアイビーも食べてくれないかな? すごく沢山生えていて、除去するのに苦労してます. 


わが家からは、木々で隠れて羊の姿は見えないと思うけど、羊のどかな声は聞こえるでしょうね、いや~、実にカントリーじゃないですか.


しかし、Bさんは、ネットワーク作りが上手です. お隣近所の方々をほとんど知っているのに驚きます. 



タイニィー・ハウス

Posted by tomoshiggy2 on 04.2014 Category: None 0 comments 0 trackback
世の中には、いろいろ変わった人たちがいますけど........... この二人も、ちょっと変わった人たちかな. これは、最近観た、ちょっと面白かったドキュメンタリー映画です.

tiny4.jpg
カップルの後ろにある、小さな家が、二人の家です. 広大な大自然の中で、山々に囲まれて暮らすのが、この男性の、小さい頃からの夢だったそうで、男性は、この小さな家を、初めてながら、DIYで建ててしまうのです. 


男性のガールフレンドは、最初は、ここは自分の居場所ではないと、断ったのですが、男性のDIYを手伝っている内に、この暮らしに興味を持ったようです.


でも何故に、こんなに極端な、小さな家に住むんでしょうね?

tiny1.jpg
普通の家の10分の1ぐらいのサイズです. ベッドは階段の上にありますね. スペースに限りがあるので、持ち物は当然限られています. 


tiny5.jpg
電気はソーラー・エネジー.  水の話は出てこなかったけど、たぶんタンクだと思う. という事は、トイレ・シャワーも含めた、生活汚水は、タンクにためておいて、あとで捨てることになります.


tiny6.jpg
このサイズは、家としては標準に達していないので、車輪をつけないといけない法律があるとか. こんな法律があるとは、この男性も初めて知ったそう.


ソーラーエネジーのパワーはどれだけ安定していて、信頼できるのか. 生活用水は十分にあるのか. 家の造りは、厳しい自然に耐えられるのか. 夏場は良いが、真冬だと、家の外に出るのは難しいですし、プライバシーの全くないスペースに、いくら夫婦とはいえ、ストレスは感じないのか. など、現実は厳しいものがあります.


DIYに掛かったお金は260万円だったそうです. 誰の力も借りず、ローンも組まず、自分でアフォードできる家を建てることが、目的だったので、このサイズの家になったのでしょうか. このサイズだと、光熱費も少なくて済むし、スペースに無駄がなく、コストがかからないというコンセプトは、良いですね. 


しかし、こんな家にずっと暮らせるだろうか?このカップルがあの家に今も住んでいるか、分りませんが、生活は、想像していたより、快適ではなかったかも..... 町までどのくらい離れているのだろうか? 彼らの仕事は? などには、触れていなかったけどね.


このカップル以外にも、小さな家に住む人々がいて、普通の街の中に、小さな小さな家を建てて暮らしている人々を紹介してました. カップルの他に、家族、お一人様+ペットとか、いろいろです. 彼らの視点は、「大きな家に住むために、必死でローンを払い続けるだけの生活なんて、ばかげている. 家にいるのは寝る時だけなんて、どういう意味があるの? ワッツ・ザ・ポイント?」と. その人たちは、棲家にお金を掛けない代わり、借金のない、ローンのないデットフリーな生活でき、浮いた分のお金は、自分の趣味・旅行とか使うそうです. 借金フリーというのはいいですね! そこだけはいい!・笑


私だったら、小さな家より、キャンパーが良いかな. 

camper4.jpg
キャンピング・カーというやつですね.


camper5.jpg
キャンプ場の一角を借りるのです. 電気も水も使えます. 


kamper1.jpg
中はこんな感じ. レザーシートですね~、超デラックス~


kamper2.jpg
こんな感じでもいいかな


camper3.jpg
やっぱりこのクラスで妥協するか......


しかしねぇ~、貧乏人には、ガソリン代は高くつきますよ~. メンテナンスにもお金がかかるし、家と違って車は消耗品なので、毎年価値は下がっていくし、後になって売ることも困難だし、とかく貧乏人には、何でも厳しいのです! 




休みの計画

Posted by tomoshiggy2 on 04.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
明日はフォースオブジュライ(7月4日)ということで、休日です. レストランもその日はお休みなので、私は4日間のミニ休暇をとります・ウシシ  先々週あたりから、私の仕事の日数が増えたり、仕事以外の日は、貸家2号に行ったり、人と会ったりしていたので、まとめて休みがあるのは、嬉しいですね~.  休みは、たまにあるのが、ありがたみが分っていいですね.


今までが休みすぎていただけで、これが普通なんですけどね. 


去年のフォースはどこで何をしていたか、自分のブログでチェックしてみました. エアーショーと花火を見るために、娘とダウンタウンに行ったんですね. ちなみに、一昨年は、チョムとフロリダに行っていたんだ.


今年は......  フォースはどうするの?と聞かれるたびに、「いろいろあって忙しいよ」と、答えるのですが、じつは何もありません. 恒例の花火も、家の窓から見るだけです. 人が大勢集まるところに、あまり行きたいと思わないのです、じつは.


さて、


この休みを利用して、今年はここにガーデンを作ってみようかと思ってます.


695.jpg
この石垣の端っこのところ、


696.jpg
雑草が伸びているところです. この一角は、芝刈り機で刈ることができないのです.


698.jpg
それと、ここです. ここも同じ理由からです. 芝刈り機は、四角い部屋を丸く刈る感じなので、どうしても、刈り残しが出てきてしまいます. そこは、トリマーで刈っていくのですが、私にはそのトリマーのエンジンを始動させることが、先ず出来ないしその機械が重くて持っていられないので、バツ.


角っこを刈らなくてもいいように、そこに草木を植えちゃえ、という作戦です. さて、上手くいくか. 芝刈りと雑草むしりで、4日間が終るかも知れませんね. 


では.


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR