ケイジはダメ

Posted by tomoshiggy2 on 31.2014 ペット 0 comments 0 trackback
モチの夜間ケイジ作戦は..........

3225.jpg

不成功.


良くいっているかと思えたのは、最初の数日間だけ. 先週のある日、モチは、今まで見たことのない行動に出ました. おしっこシート(今は新聞紙を使ってますが)の上に、その日、かなり頻繁に(3回ぐらい)粗相をしてしまいました. ところが庭に出すと、何もしないのです. 


その夜、私の目の前で、マットレスの上に、いきなりオシッコをした時は、今までそんなことはなかったので、大ショックでした. それはストレスからなのか、それとも「よくもそんな狭いところに入れやがって!こうしてやる!」と言う、モチのリベンジだったのか?


ケイジの中を掃除しようと、中を見たら


中で、吐いた痕があり、さらにタオルシーツの下には、プーがありました. ケイジの中でのアクシデントはないように、見えたのだけど、朝まで我慢出来ずに、やってしまったんだ..... 汚物と一緒に寝ていたなんて、かわいそうなモチ..... それに気がつかないなんて、ヒドイ飼い主(私じゃないけどサ)


その日以来、このケイジの使用をやめ、別の方法を探すことにしました. そして、夜だけ、元ベアの寝場所に連れて行くことにしたのです. 上に来れないように、階段にゲートをすればいいし、早速試してみよう!


3311.jpg
ベースメントの戸を閉め、ケイジの柵をはずし、お水のエサ入れも置き、万が一のための新聞紙をシート代わりに置きました.


3312.jpg
こんな感じにセットしました. 


夜になり、モチを新しい寝床に連れていき、部屋の電気を消し、さあ、私もそろそろ寝ようかと、準備をしていたら.....


モチの哀しそうな泣き声が、下から聞こえてきます. 慣れるまでは、仕方がない、モチよ、すこし辛抱してもらうよ、なんて思っていると、モチの泣き声が段々大きくなっていき、ク~ンク~ン、寂しいよ~、暗いよ~、ここはイヤだよ~、助けて~、と泣いているので、結局、いつものところで寝ることに. 夜は、キッチンも、ベースメントと同じように真っ暗なんですが、キッチンはOKでも、ここはダメなの?  


...........ということで、再び元の場所に戻ったモチ. 後は、モチのエサを、ドッグビスケットだけにしてみようかな. 今まで、時々、レストランのお客が残したBBQリブを、あげていたのですが、これはしばらくやめておこう. 




スポンサーサイト

春の庭仕事

Posted by tomoshiggy2 on 30.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
Bさんが、わが裏庭を整備している理由は....


「あのスペースに自分の工具とか機械を置きたい、置かせてもらう代わりに、あの辺の整備をする」と、Bさんに頼まれたのです. 裏庭の奥の草刈、古木・古枝の片付けは、私にはとても手に負えないので、それだったら、私も助かるかな、と思って、軽くOKしたのですが、ただ、一つ心配なのは、古びたトラック・トレイラーを置いて、ジャンクヤードにはして欲しくないこと. 今のBさんの庭が、そんな感じなので、少し心配です. 


私がそれを承諾すると、即、行動に移すBさん. 


3212.jpg
シダの木の枝をバサバサ切り倒し、



3303.jpg
3302.jpg
3301.jpg
集めた枯れ木草を燃やしてます.


枝葉が芽を出す前に、やってしまおうという計画です. これぞ生活の知恵ですよね. 春はあっと言う間に終ってしまうので、夏が来る前に、いろいろやっておかないと、夏場の作業は、暑さと、虫との闘いで、酷いです. やるなら今でしょ. この土地で長年すんでいる人々(例えばBさん)は、どの時期に何をやっておくべきか、ちゃんと知っているのです. 私も、遅ればせながら、いろいろ学ばせてもらってます. 


ご近所さんから、軽モーターのエンジンの音が聞こえてきました. この音を聞くと、また暖かい日がやって来るダ~、と嬉しくなりますね. 寒いのよりは、絶対に暖かいのが良い! そろそろ芝刈り機の整備をしなくてはね.



ブランドの隙間から

Posted by tomoshiggy2 on 29.2014 庭仕事 0 comments 0 trackback
モチを庭へ連れ出した時のこと. 


裏庭の奥へ向かって、ドンドンと走り出して行くモチを、追っかけるように、ついていった、前方途中、白い煙と供に、焚き火の臭いがしました. 誰かが、わが家の裏庭で枯れ枝・落ち葉を燃やしています.


隣のBさんです.


Bさん、すっかり枯れ木にブレンドしちゃって・笑、Bさんがいることに、全く気がつきませんでした! 何故Bさんが、わが家の裏庭の奥を片付けているのかは、後で説明することにして.......


その時の私の姿は、髪はボサボサ、素顔に眼鏡、そして、午後の2時だというのに、パジャマだとハッキリ分るズボンを穿いてました. いえ、それまで寝ていたわけではないのです. パジャマのズボンが着心地が良いのと、着替えるのが面度メンドーだったのですよ. これから着替えて、仕事に出かける前でした. 


しかも、少し寒かったので、ジャケットの上に別のジャケットを着けて、とにかく、絶対誰にも見られたくない姿、だったのです. 


あ~ぁ、油断してしまった! 


モチは、Bさんに気づいて、そっちの方に走っていこうとするし、私は、グイと反対方向にひっぱるし、あ~ぁ、ちょっとヤバイなぁ.... そんな私の様子に気づいたのか、Bさんは、遠くの方で、手をふるだけで、何も言いませんでした. こんな姿で、人と立ち話なんて、失礼ですよね. 



そんな事があったので、翌日からは、外に出る前に、かならず、


3252.jpg

ブラインドから、「太陽に吠えろ」の石原裕次郎のごとく(このフレーズ、ある人のブログのパクリですが、笑ってしまった)、誰かいないかチェック. 


3256.jpg
埃だらけのブラインド


いました、いました. Bさんです.


3255.jpg

さらに、ズーム. Bさんって、テキパキ仕事が速いんです. 



3232.jpg

真向かいのこの家は、修理・アップデイトして、売りに出すようで、フト見ると 

3253.jpg

作業用のピックアップが停まってました. ハンディーマンさんでしょうか? ブラインドの隙間から世間の様子を窺う人・私.



最後の雪かな

Posted by tomoshiggy2 on 29.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
先週のある日.....

3251.jpg

また雪が降ったんですよね. これがこの冬最後の(もう春ですが)雪だと思います.


3233.jpg

最近は、こんな日と、雨の日が、交互にやって来てますが、この地方、少し暖かくなったかナ、と思ったら、一気に暑くなるので、そうならない内に、そろそろ庭の手入れを始めないと、ね. 


売りに出しました.

Posted by tomoshiggy2 on 26.2014 家のこと・ホームDIY 2 comments 0 trackback
これは、タイムリーに記録しておこうと思っていたのに、気がつくと、もう3日間もたってしまった......


それは......


リアルターの彼女から、「家を売りに出す書類」が送られてきたので、それにサインをして、送付しました. しばらくして、彼女から、会社のホームページに物件情報をリストアップした、というリンクつきのE-メールが送られてきました. 意外に早い事務処理だったので、「アナタ、やれば出来るジャン」と感心.... 早速会社のホームページをクリックしてみました. 

この家、キッチンとバスルームは、要リノベですが、ラウンジとエキストラルームが二つあり、そのスペースが、売りかな、と思うのです. 玄関には、小さいながらもポーチがあり、裏庭にパティオのスペースもあり、何といっても、南向きのキッチンの日当たりの良さ!

 
でも、


不動産ばかりに頼らず、自分でも、ローカルのネット伝言板のようなところに、売家広告を出して、バイヤーを探してみようと思いました. そして、他のセラーが出している広告を参考にしながら、自己流で作成・投稿してみました. 連絡先を、不動産会社ではなく、私個人のEーメールと携帯電話(テキスト用)にしたのは、それだと、人の動きがすぐに分るから、と思ったのです.


すると、


投稿してから、2日後に、ある人から、「広告の家に興味がある」とテキストメッセージが、私の携帯に入ったのです!!「来たっ、来たっ、来たよ~!」 この反応の速さに驚くと供に、その旨、不動産の彼女に連絡し、見学希望者がいるから、その人に至急連絡してくれ、と、ブルブル震える手で、メールしました. この連絡プレーは、2度手間なのは分ってますが、この家を一番売りたい人は、不動産屋ではなく、私なので、この業務に積極的にかかわりたいと思ったのです.


その後の展開は、まだ聞いてませんが、連絡があったら、またアップしますね. 良くいくといいなぁ~



50代の車旅行

Posted by tomoshiggy2 on 24.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
高校時代の女友達2人と、バケーションに出かけた娘. ミズリー州からテキサス州まで車で行って、テキサス州から出航する、メキシコ湾のクルージングの旅とか言っていたっけ.


車の運転は、女の子3人で交代しているようですが、ナビとグーグルマップでよく目的地まで行けるもんダと、感心する地図の読めない母. つい最近も、若い女の子2人が、車でカナダまで行って来た話を聞いたので、その行動力に感服したばかりです.


50代のおばさんにも、出来ると思う? その前に、そんな旅をしてみたい?と、問う必要があります. 長距離ドライブが楽しいのは、最初の3時間ぐらいで、後は、目的地までの長さに、「あ~ぁ、来るんじゃなかった~」と思うはず(私の場合) 


なので、移動は飛行機が理想ですが、それが無理なら、バスか列車で(それもつらそ~、だけど少なくとも、運転でストレスを感じることはないでしょ)外の景色を楽しみながら、疲れたら寝れば良いし、目的地に着いたら、そこでレンタカーするっていうのは、良い案だと思うけど. 列車・バスのルートと宿泊施設などの、綿密な下調べと、十分な資金と、情熱があれば、出来ない事はないでしょう! 



map.jpg

NYからCAまでの、「50代最後飾るアメリカ横断大旅行」なんてのはどう? 良い思いでになると思けど.... う~ん、それはないかな・笑   




ペットケイジ

Posted by tomoshiggy2 on 23.2014 ペット 0 comments 0 trackback
3225.jpg
新しいペット? 




3221.jpg
いえ、モチのベッドなんです.


朝から夜の10時頃まで、家に誰も居ないことが、度々あって、モチのトイレが心配な日があります. モチは、昼間はだいたい大丈夫、トイレに出たいときは、教えてくれるので、家に誰かがいる時は大丈夫です. が、問題は夜から朝の間です. 


寝る前にモチを庭に出すのですが、それでも、朝になると、モチの粗相を見ることがあります. オシッコパッドを敷いていると、その上にしてくれるので、それは良いのですが、その片付けと掃除が、どうも、ね. 

それで、何か良い方法はないかと、娘に相談すると、夜はケイジに入れたら?寝床で粗相は(よほどの事がない限り)しないので、朝まで我慢する習慣ができるよって......  早速このケイジと言うかキャリアーを、アマゾンで注文していたのです. 

夜中に外に出たいと泣き出したらどうしよう、とか、お腹が空いたりノドが乾いたらどうしよう、今までキッチンの中を自由に動き回っていたのに、突然こんな狭いところに入れたら、パニックにならないか..... いろいろ気がかりなことはあったが、やってみることにしました.



3223.jpg
中へ入れるのは、意外と抵抗がなかった.


3224.jpg

不安そうな顔


ケイジで夜を過ごしてもらうのは、今日で二日目ですが、今のところ、良く行ってます. このまま続けてみよう. 

気がかりなことが一つあるとしたら、冬は良いが、夏は暑くないだろうか....  ケイジをACの排気口に向けてみるとか..... また、いろいろやってみよう.


遠くか近くか

Posted by tomoshiggy2 on 21.2014 日々のこと 2 comments 0 trackback
マレーシア航空のニュースを伝える、CNNのアンダーソン・クーパー氏

3214.jpg

ニュースを読む時、老眼鏡をかけていたのに、ビックリ. 精悍な美青年だった、アンダーソンさんも、寄る年波には勝てないのねぇ~. 頭の毛も少なくなっている?  


3215.jpg

遠近両用の眼鏡にした方が良いんじゃないの? ずっと取ったり掛けたりしていたので、こっちの方が、ニュースより気になりました. 


私は、普段はコンタクトを使用してますが、近眼+老眼入りなので、レンズの度数を決めるのが、いつも難しいのです. というのは、ハッキリ見える時と見えない時が、日によって、自分のコンディションによって違う、という事も原因なんですけどね. しばらくは、右眼が近目(老眼)左眼が遠目(近眼)用に調整していたのですが、これだと、遠くはOKだが、文字は期待していたほどには読めないので、コンタクト着用しながら、老眼鏡を使ってました.


それが、たまたま、右と左のレンズを、間違って、取り替えてしまったのです....... え~っ、こっちの方がいいみたい!少なくとも文字が読めるので、老眼鏡をかける煩わしさがなくていい、と感じたのです. でも、そうすると、遠くは今までよりハッキリは見えません. 車の運転には支障は(今のところ)ありませんけど...... 


遠くもハッキリ見え、近くの文字も眼鏡なしで読める矯正は、コンタクトレンズでは、難しいそうですので、遠くか近くか、どちらに重点を置かないといけません. レンズを近眼用に調整して、文字を読む時は眼鏡をかける、のが一般的のようですが、それだと、先のアンダーソン氏のように、ひっきりなしに眼鏡をかけたりはずしたり、煩わしいし、日常生活に不便です. 近くの文字が読めないのは、実に不便です.


遠近両用の眼鏡を、試用するのが、一番良い方法なんでしょうが、一日中眼鏡をかけるのは、耳と鼻の上が痛くなるので、それはイヤです. 


なので、

数日前に行った、年に一度の目の検査の時に、眼科医に、右眼と左眼用をスイッチした度数を処方してもらい、今それを試用しています. さて、良くいくか....



ご近所情報

Posted by tomoshiggy2 on 21.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
近所の、売りに出されている、この家は、最近「SOLD」したようです. マーケットに出ていたのは、ほんの4週間~6週間ぐらいでしょうか...  やはり良い家は、皆さん分ってらっしゃる. 4台分のガレージがあるそうです. 家の裏には、デッキもパティオもあります. プールこそないが、裏側の方も豪華です. 


数日前に、その家の前を通ったら、高級車が2台停まってましたねぇ~.


1264.jpg


lb9958944-m3m.jpg
モデルルームのようなキッチン


ちなみに、もう一つ、近所で売りに出されている家は、まだ売れてません. 



ジョイン・ザ・クラブ

Posted by tomoshiggy2 on 20.2014 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
3177.jpg
隣の家

夏は木々で隠れて、ほとんど見えませんが、冬の間は、木々の隙間から、家の裏側を垣間見ることが出来ます. しかし、その家を見るために、わざわざ近づくことは、今までは、ありませんでした. 犬達と散歩でもしなければ、こんなところまで歩くことはなかったのですが....... 


3175.jpg
ズームしてみました.

かなりアップデートされてます. 新しいめの窓と外ドアの白枠が、いい感じです. 表側だけでなく、裏側も手を抜いていないところも、好感が持てます. 確か数年前に、ご夫婦(たぶん)と男の子3人家族が、引越ししてきたのを覚えてます. 休日にはいつも小型エンジンの音がしていたので、お隣さん、頑張っているな~、なんて思ってました.


ところが、この家族、いつの間にか居なくなっていました. それはたぶん今年に入ってからだと思います. 最近Bさんと立ち話をする機会がありまして、その時に、その家の話が出たので、その時に初めて、あっそう言えば、と気がついたのです. そう言われてみれば、ドライブウェイには車が一台も駐車していません. Bさんの話によると、この家族はこの家をレンタルしていて、中庭をゴミだらけにし、家の中もかなりひどい状態のまま、出ていったそう..... 


3176.jpg
散らかったゴミをズームしたけど、写っていない


いや~この家がレンタルだったとは....  見につまされますね. レンタルで悲惨な目に合っているのは、私だけじゃないのです. それにしても、何故こんな良い物件を、売らずに、借家にしたのでしょう. 家の持ち主は誰なのか、近所の事情に詳しいBさんも、知らないようでした. 




BATES MOTEL また映画?

Posted by tomoshiggy2 on 17.2014 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
映画の話が続きますが、最近は映画を見ることが、ストレス発散の一つになっているのは確かです. やるべきことは山ほどあるのに、いつもギリギリになって、お尻に火がつかないと、行動できない... 現実逃避しているのです. 



で、最近見た、この映画のこと. あまり時間がたたないうちに、書いておきたいと思ったのです.


bates1.jpg
「BATES MOTEL」TVドラマシリーズ

bates2.jpg

NETFLIXで、シーズン1を見終わりました. ディレクターが、「LOST」と同じ人だそうです. 母親と一人息子が、新しい生活を始めるために、古いモーテルをDIYして、経営するお話なのかと思ったら、殺人あり、ミステリーありの、おなじみのこれでもかと言う、ドラマてんこ盛り.....  まだシーズン1なのに、これだけ話を広げていいの?という急展開は、あまりにも現実離れしているので、なにこれ?劇画の世界?


母親と息子のキャラも、かなり凝っているようですが、人を殺して、その死体を、二人で海に捨てても、次のエピソードでは、全く気にしていない様子だし. 警察官二人が登場しますが、一人はすでに悪い奴で、殺されてしまったし. この小さな町全体が、犯罪組織に係わっているような、雰囲気は出てますね.


このドラマ、巷では人気があるようですが、私にすでに食傷気味で、もうすこし普通で、ゆっくりと展開してくれない?と思うのは、年寄りの感想なんでしょうか. 普通のお話だと、視聴率が上がらないとか. 人に感動と勇気を与える良質なドラマって、すくないよね. 


ところで、今のところ、この古いモーテルは、何故モーテルなのか、特に意味のないような感じですが、今後はどうなるのでしょうって、次のシーズンを見る積もりになってます・笑
 


テルマとルイーズと夜間検問

Posted by tomoshiggy2 on 16.2014 DVD・本・音楽 2 comments 0 trackback
仕事が終って帰る途中、いつものハイウェイの出口付近に、迂回道路のサインがあったので、夜間工事中か、何か事故でもあったのか、などと思いながら、走らせていると、そのちょっと先に、一時停止のサインがあり、そこに数台のパトカーが停まってました. どうやら警察による飲酒・ドラッグの検問のようです. STL市内なら分るけど、こんな小さな町でも、検問があるなんて、私は初めて見ました. 


私の車も、警察官に誘導されて、停まるように指示されました. 車の窓を開けると、「免許証と登録証」と言われ、うひょ~、なんだか映画のシーンみたい、とドキドキ....  警察官はフラッシュライトで、私の顔をチラッと見て、車の中をサッ~と見回していました. 


私は、運転免許証の入っている、サイフを探すために、バッグの中をガサゴソしていると、警察官は、上からフラッシュライトで照らします. それは、暗闇で私が免許証を探すのを助けるため、と言うより、バッグの中から、うっかりピストルやドラックが出てきやしないかと、見張っているような、気がしました. いや、考えすぎ?


免許証の入っている、サイフを開けようとしたら、その時も、警察官はフラッシュライトで照らすので、サイフの中身がハッキリ見え、少し恥ずかしい思いをしました. なぜかって? クシャクシャになったスーパーのレシートやら、ATMの残高レシートに混じって、手持ちの現金がたったの2ドル! 私の貧乏な私生活を、他人に見られてしまったような、気がしたのです. その後、私は特に不審な奴とは思われなかったのか、すぐに開放されました. 


何も悪いことをしていないけど、なんだか心臓がパクパクしてしまいます. この映画を見た直後だったので、余計にそう感じたかも.....


tl3.jpg
「テルマ&ルイーズ」


二人の女性ヴァケーションが、こんな結末になるとは、というお話.  バーで出会ったある男性に、テルマがレイプされそうになり、その男性をルイーズがピストルで殺してしまうのです. 正当防衛だから、警察に連絡しようというテルマに、「そんな話誰も信用しないよ」と、二人は現場から逃げるのです. その後は、警察とのカーチェイス. 逃走中に警察官に停められ尋問されたのですが、その間に、テルマがピストルでその警察官を脅し、ポリスカーのトランクにその警察官を押し込めて、逃げてしまいます.


tl1.jpg

映画の内容は、まあまあですが、それより、二人が車を走らせる、アーカンサス~テキサス~ニューメキシコの景色が素晴らしかったです. こんなロードトリップを再びしてみたいわぁ~   それと、若きブラッド・ピットが出ていて、彼のチンピラ役は、見事にはまり役でした. もう一人は、「ザ・ピアノ」で、アダのピアノの横で、裸になった人が、主任警察官役で出てました・笑 


tl2.jpg

パトカーに追い詰められた彼女達の最後が、このシーン. あまりにも、あっさり、短絡的なので、な・なんなの?という感想です. それにしても、南部訛りの英語は、サブタイトルを見ても難しい~. 言葉を省略した時に、音が消えるのかな? 何を言っているのか分らない...... 



モチもお祝い

Posted by tomoshiggy2 on 15.2014 ペット 0 comments 0 trackback
明後日、月曜日はセントパトリックディーですね.

4101.jpg
モチも祝ってます.


3104.jpg
おっと、私の足が写ってしまった~


先週末だったか、地元でも、パレードがあったようですが、行きませんでした. 出不精でしょ?



志は大きく

Posted by tomoshiggy2 on 15.2014 Category: None 2 comments 0 trackback
借金と目標は小さい方が良いが、志は大きく持ちたいです. 


家を貸しながら、同時に売りに出せないか、不動産の彼女に相談してみました. それには、借り家人の了解を得なくてはいけないので、不動産から、この話をしてもらいました. 幸いにも、了解をいただいたそうで、今その手続きの書類を待っています. が、それがなかなか来ない. しつこく催促しないと、なかなか動いてくれないのです. 


現在二人の若い女性が、借家に住んでますが、それがいつまで続くか..... 来月は、彼女達は、家賃未納のまま、出て行くかも知れないし(リアルな話)、この貸しながら売るという形は、いいかも知れません. その話にOKしたという事は、彼女達もこの家に長く住む予定はなかったかも.


不動産に頼らずに、自分でもバイヤーを探してみようかと思っているのです. 人任せは絶対に良くありません. 自分以上に、自分の事を考えてくれる人なんていません. 

  

目標は小さく

Posted by tomoshiggy2 on 12.2014 Category: None 0 comments 0 trackback
ひとつのクレジットカードをクリアーしました・祝 

このカードは、DIYの店の、インストアーカードでして、他の金額と比べると、小さいのですが、これで、数ある心配事の一つが消えました.


こういったカードは、利子が高いので、二度と使うまいと、決心したのにも、かかわらず、去年の家修理に、止む無く使ってしまったのです. これを使っても良い場合は、6ヶ月~一年(だったかな)以内に全額返済すれば、利子はつかないので、その間に、返済できる能力がある場合です. それ以外だったら、インストアーカードは、高くつきます.


このカードの完済で、少し自信がつきました. 負債完全フリーまでには、まだまだ道は長く険しいのですが、先ず、目の前の小さな請求書から、一つずつ片付けていくことにします. 目標は小さい方が、達成感が味わえて良いですね. 



 キムチ

Posted by tomoshiggy2 on 10.2014 買い物 0 comments 0 trackback
春を通り越して、夏日を思わせる、今日の気温です. 車のヒーターを止め、窓を開けてドライブしたら、気持ちよかったわぁ~ 25~26℃ぐらいはあったかも. 明日はもっと気温が上がるようなので、もしかした30℃ぐらいいくかもです..... でも、明後日は、再び冷え込み、雪の予報が出てましたが、今日になって、雨に変わっていた. 一晩で、気温の差が20℃ぐらいあるのも、めずらしくないのが、中西部のお天気の特徴です.


さて、トレジョーにいったら、これを発見!

4103.jpg
キムチ


これ、意外とイケました. アジアン・マーケットでも、瓶入りのキムチが手に入りますが、お味は、(私には)酸味が強すぎて、とても、食べられたものではありません. トレジョーのものは、お値段も$1.99と安く、お漬物類に飢えている私には、嬉しい発見でした. 


4102.jpg
パイクッキー

トレジョーに行くと、必ず買っている、このクッキー. 甘さ控えめで、パリッとして美味しいのです. 日本製の源氏パイと同じ味です.


2184.jpg
安物のワインも買ったりします. これは、ALDIのワインですが、トレジョーのワインと、同じぐらいの値段と味(1本$2.99)、そしてどちらも、結構美味しい. 



Posted by tomoshiggy2 on 09.2014 Category: None 0 comments 0 trackback
お隣の家のことを書いて、途中で下書き保存したつもりだったのに、間違って投稿していたことに、ついさっき気がつきました~. 文を直しながら、続きを書こうと思ったのですが、考えがまとまらないので、その話は、又の機会に、ね. 







賞は逃がしたけど

Posted by tomoshiggy2 on 08.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
2014年のアカデミー賞にノミネートされた作品を、まだ一つも観ていませんが、

academy2.jpg

今年は、この写真と、ピザのディリバリーも、話題の一つですね. 



気になる賞の行方は......

academy.jpg


マーティン・スコセッシー監督とのゴールデンコンビで、今度こそディカプリオか、と思いきや........... 残念ながら、今回も逃がしてしまいました. 賞でのディカプリオ、なんだか寂しそうだったなぁ......


賞の模様は、TVではなく、PCで観たのですが、最近のYOUTUBEには、放映権の問題があるのでしょうか、このアカデミー賞をフルで観るためには、有料でダウンロードが必要でした. 確か、去年は、PCで無料で観れたと思うのですが......ソチオリンピックの時の動画も、ほとんど観ることができません.


賞に輝いたからと言って、必ずしも良い映画とは限りませんよね. 賞は逃したけど、あまり有名じゃないけど、秀でた作品と俳優さん達はいるわけで、そんな秀作と出会えるのも、楽しみの一つです. 


じゃ、これから、ゆっくりと、受賞作品でも観て行こうかな.



モチカットと気になるあいつ

Posted by tomoshiggy2 on 08.2014 ペット 0 comments 0 trackback
トイで遊ぶモチ.
384.jpg

この計算されていない上目づかい、可愛い~ですね. トイの目と鼻のプラスチックが気に入ったようで、いつのカリカリ噛んでます.


モチをシャンプーした後、ヘアカットしました.

383.jpg

「頭とシッポは触らないで!」と、娘に言われていたが、つい、禁断の頭をカットしてしまった. この顔を見て、「ウ~ン、やっぱり、やめておけば良かった」と思ったのです. バリカンが良くなかった、と言い訳するつもり. 超安物のバリカンなので、切れ味が良くないのは事実です. このヘアースタイルを見て、誰かに似ている、と思った.


そうだ、この人だ!

ono3.jpg

聖徳太子の両脇にいる人.


ono.jpg

皇族さまカット・笑


381.jpg

耳にはレイヤーが入ってます


382.jpg

右側を切り過ぎた


こんな頭にしても、何一つ文句を言わないモチ...... 


それにしても、


あいつは今頃どうしているか、気になります. 時々へんなところで寝ていて、笑わせてくれた、あいつ....

1123.jpg

デッキのこの場所がお気に入りだったっけ. この位置で(下から見上げるとかなりの高さ)よく落下しなかったなあと感心する.



111813.jpg

上の娘との再会を喜んでいたというベア. 達者で暮らすんだよ~



サン・リと詩人

Posted by tomoshiggy2 on 03.2014 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
いろんな人のブログを読んでみると...... 皆さん、イタリアへ行ったり、フランスへ行ったり、ブランド品を買ったり身に着たり、美味しい物を食べ歩いたりと、リッチな生活してますよね~. 貧庶民の生活にドップリ、耳の半分あたりまで浸かっている私には、実に羨ましいお話です.



私も、イタリアには、ずっと昔ですが、一度だけ行ったことがあります. どの街だったか忘れましたが、旅行者ではない風な、中国人らしき人たちが、意外と目についたので、ちょっと不思議に思ったことがありました. この辺りは製造業が多いので、彼らは皆、そこの工場労働者だ、と説明されたのを覚えてます. 


また、あるレストランに入ったら、その店のマネジャーか、オーナーらしき人が、中国人女性でして、イタリア語で、イタリア人の若いウェイターに、何やら指示をしていたので、これもちょっと不思議な感じがしました. 同行していた人に聞くと、彼女のイタリア語には、外国人のアクセントがなかったので、たぶんイタリア生まれの中国人だろう、と言ってました. 


イタリアの古い街並みに中国人(他のアジア人でも)が、カフェとかバーを経営していたりすると、なんだかミスマッチ・笑 旅行者ならともかく、そこで生活したり商売をしたりするのは、並みの苦労ではないでしょうね. 


そんな事を思い出しながら、この映画を見ていました.

the poet

「SHUN LI and POET」 イタリア(たぶんベニス)を舞台に、中国人女性と初老のイタリア人との、交流を描いた映画.



shun li4
この女優さん、中国人ですが、彼女の表情とか立ち振る舞いは、まるで日本人.


shun li3

中国語を話していなければ、顔立ちとか髪型まで、日本人ソックリです.


shun li

メイク・ヘアーで、同じ人とは思えないぐらいの美しさです.

shun li2

さすが、女優さんよね.


映画の内容は、たいしたことはなかったのですが、これを見て、イタリアで見かけた中国人達のことを思い出したのです. 




イマイチだった~

Posted by tomoshiggy2 on 02.2014 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
あとは、春を待つばかり、と思っていた矢先......


まさかの雪、そして再びマイナスの世界に! 先ほど、お店に電話して、今日は行けない連絡を入れたら、即、了解してくれました. 雪はそんなに積もってはないので、行けないことはないのですが、この寒さの中、危険を冒してまで行く価値はないでしょう、と思ったのです.


時間が出来たので、掃除、洗濯をしながら、ネットサーフィンをしてます.  


さて、この本のことを、いつか書こうと、思ってました.


Grass.jpg

「THE GRASS HARP」トルーマン・カポーテ著

この本の表紙は好きです. 寂れた小さな田舎町の、ノスタルジックな雰囲気に惹かれます. こんな町で、どんな人間ドラマが展開するのでしょうか.....  しかし、お話は......全く期待はずれ 読んだけど、何の話だか未だに分らない・笑


期待はずれの理由は、私の読解力不足(英語力が足りない)か、本当につまらないお話なのか、だと思います. 知らない単語も沢山出てきましたが、決して難しい言葉ではなく、その言葉のニュアンスがつかめないのです. こういうところで、私の英語力が、まだまだセカンドランケージ程度であることが、分ります. 半分ぐらい読んだ時点で、1ページ目から再び読み返したのです. それでも分らない....


最初の数ページ辺りまでは、繊細で美しい文章のナレーションが続くので、語彙の豊富さに、あぁ、これがカポーテの世界よね~、なんてワクワクしていたら、途中から、訳が分らなくなっていきます. とくに3人が家を出て、TREE HOUSE で暮らすようになってからは、登場人物がやたら多すぎて、唐突に、判事が出てきたり、いつの間にか、誰だか知らない人が、お話をしていたり..... この人、誰だっけ?と思って、前のページに戻って探してみたり...


ファンタジーの世界?おとぎ話?だったの、.....  木の家に迷い込んだ人間の話なら、「不思議の国のアリス」を思い出させるストーリー展開です. 作者の、迷路のような空想の世界に、紛れ込んだ感じがしました.


それにも懲りず、次のカポーテの小説を読む予定です.



ベア、飼い主の元へ行く

Posted by tomoshiggy2 on 02.2014 ペット 0 comments 0 trackback
3114.jpg

今朝のベア(昨日になってしまったが)


ベアは、車に乗ることには、あまり抵抗がありません. 昔は、よく車に乗せられていたのでしょうか、ドアを開けると、ポンと飛び乗ってくれます. しかし、最近は、車に乗るなんて、ほとんど無いので、おや、いつもと違うゾ、と察したのか、ちょっと緊張した顔をしてます. 


そのベアですが、今朝、本当の飼い主(上の娘)に引き取ってもらいました. どうしてそうなったかと言うと.....


その話は、急に決まったわけではなく、去年あたりから、上の娘に、そう伝えていました. 数年前のこと、彼女の引越しした家が、ペット禁止だったため、やむなく私達が、ボビー(去年死んでしまった)とベアを引き取ったのでした. しかし、彼女は、私達が知らない間に、また、引越しをしており、その家で、ある人の犬を飼っていることが分ったのです. 


他人のペットの面倒が見れるなら、自分の犬(ベア)の責任を取るのが先ではないでしょうか? 彼女の無責任な態度は、いつもの事なので、驚くことではないのですが、彼女とは、交渉せず、やや強引に、押し切ることにしました. 交渉すると、都合の悪いことは、沈黙・無視するので、上手くいかないのです. 


それで、たまたま用事で、彼女に会いに行くという下の娘に、ついでにベアを連れて行ってもらったのです. 下の娘の話によると、彼女は、ベアを引き取ることに、渋々OKしたようでした. 



ベアは従順で、良い犬でしたけど、外に出すと、勝手にどこかへ行ってしまう、のが最大の欠点. 柵のない庭つづきのご近所では、迷惑極まりないのです. 


ベアが去った後は、少ししんみりしたけど、飼い主の元に、戻るのだから、きっと嬉しいことでしょう. 去年の暮れ、彼女が、わが家に遊びに来た時、ベアは大喜び、彼女に抱きついていました. ベアはまだ、彼女のことを覚えているのです. 


残るのは、モチだけになりましたが、モチも、いづれは、飼い主(下の娘)に、引き取ってもらいます. 



負債とボクサーと

Posted by tomoshiggy2 on 01.2014 日々のこと 0 comments 0 trackback
タックスリターンを、やっと提出...... フ~ッ


去年は、貸家修理の出費で、大赤字なのは、知ってましたが、今まで、だいたい、これぐらいだろうなぁ~、と漠然と思っていただけで、正確な数字は出していませんでした. 正直言って、それを知るのが、恐ろしかったのです. しかし、書類作成上、正確な数字に直面しなければなりません.  


知って、ガクガク、愕然です. 何にこんなに使ったのか..... 資材代より、あのハンディマンさんに、支払った金額の方が、トータルすると、すごい数字になってます. 



これだけの負債を抱えながら、よくもまあ、今日まで、生き延びているよねぇ~..... なんて、感心している場合ではありません! 今後は、その負債という十字架を背負って、前へ進むだけ..... 


..........で、思ったのですが、この出費は、私の場合は、たまたま家修理だった、ということだけで、それはもしかした、私が、或は家族の誰かが、病気になったり、事故にあったりした時の、医療費だったりしたかも、知れないのです. 入院治療費代で(保険がカバーしても)、これぐらいはすると思うのです. 医療費が支払えず、破産する話も、よく聞きく国に住んでますので... 



そこで、あのS&Gの「ザ・ボクサー」という歌が登場するのです. この歌は、ロッキー・バルボアみたいな歌かと思いきや、ボクサーの話になるのは、歌詞の最後の方だけ、突然ですよね. 少年が、家族と故郷を離れるのは、貧困生活からの脱出であって、ボクサーになるためではなかったと思います. 


歌のタイトルは「ザ・ボクサー」ですが、それは、少年の生き様を、撃たれても殴られても、又立ち上がる、ボクサーに例えているのかも知れません. 歌詞の最後の「I am leaving, I am leaving, but the fighter still remains./僕はもうリングを降りるよ,と叫びながら、それでもまだリングに残っている」というフレーズが、なんとも身につまされます....これが、これからの私のテーマソングになりそう・笑  リングを降りたら、もう終わりですからね.



さて、これが、オリジナルの、サイモン&ガーファンクルの「The Boxer」





 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR