あと2日ですね

Posted by tomoshiggy2 on 31.2013 仕事 2 comments 0 trackback
今年もあと2日ですね. 私は、大晦日も元日も働くことになったので、今週は、週6日勤務です. もっと働く時間が欲しいなあ~と思っていたので、新年早々これはグッドニュースです. と言っても、夕方のみですので、時間の余裕はまだあります. 学校ランチの方も、来週から(連絡があれば)始まるので、これも、積極的にやらなければなりません. しばらくは、この二つの掛け持ちで、スケジュールを埋めていかないと、経済的に厳しいのです.



そして、今日のこと、


不動産屋から連絡がありまして、あの家に、ある家族が入居することになりました. 家の修理が終わって約2ヶ月、やっと、本当にやっと、賃貸人が決まりました. 今回は、借り人を探すのにいつもより苦戦しました. 


入居する人は見つかりましたが、これで、めでたし、めでたし、ではありません. 家は、住んでみないと、分らないことが多いので、これから先、どんな予期せぬ問題が出てくるやら、分りませんし、家賃が毎月入ってくる保障は、ありません. でも、とにかく、これでスタートラインには立ったのです.



今年は、私にとってチャレンジの年でした. 昨年もいろいろ落ち込むことがあって、ハッピーな年ではなかったので、今年こそはきっと良い事があるのでは、と期待してましたが、「貸家滞納の末、家の修理」という、思わぬ落とし穴が待ち受けていたのです. 賃貸人家族の男性との問題は、過去にもありましたが、今年に入って、また悪くなったのです.


この人と付き合っていく限り、こういう問題は永遠に続くので、この男性家族が勝手に出て行った時は、正直いってホッとしました. が、その代償は、高くつきました. しかし、物事が良くなるためには、悪い処は治さないといけないので、これで、貸家との健康な付き合いが出来ると思います. 



スポンサーサイト

2014年カレンダー

Posted by tomoshiggy2 on 28.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
今年の大晦日は、一日中働くことになりそうです. ちょっと前の私だったら、こんな日に働くなんて、絶対にイヤ、だと思ったことでしょう. でも、最近は、仕事の日が増えることを喜んでます. 私、変わったでしょう~? 今は冬休みなので、学校ランチはお休みですが、新年早々、お声がかかれば、どこへでも行きますよ~って、ね. しばらくはそんな感じで行きますかね.


さて、2014年.  


12191.jpg

M氏が送ってくれた2014年カレンダー



12192.jpg

この小さな村が、M氏の住んでいるところ. メルヘンでしょ? 村の主な産業は、ホテル、レストラン、スキー場、などの観光ビジネスです. 村の人々は皆、素朴でフレンドリー、アルプスの少女ハイジのようなイメージでしょうか? 私もそんなイメージを持ってました、実は.  旅先などで、自分がイメージしていた所とは、違うことは多いですが、ここもそんなところ. ここは、ちょっとどころか、かなり違ってました.


人々は、目が合っても、田舎のアメリカ人のように、気軽に「ハーイ」とか言う雰囲気ではなく、第一、挨拶の言葉さえも、私は知らなかったので、この村にいた数週間、私はかなり引篭もっていました. M氏に教えられた山へのハイキングも、行ったことは行ったが、意外と人の往来があり、どこへ行っても、いつも人がいる感じで、公園に行っても、あまりリラックス出来ませんでした. 


スイスはどこへ行っても美しいですが、NZの南島のような、大自然のまま、人の手が加えられていない、美しさではなく、(もちろんスイスも美しい自然の国ではありますが)かなり管理され、オーガナイズされている美しさです. 永世中立国を謳っているし、赤十字の本部もある国なので、博愛的な国民性なのかな、と思いきや、人々はかなり保守的、田舎に至っては閉鎖的な感じがしました. 



再びこの村を訪れることがあったら、また違う印象を持つでしょうけど、このカレンダーを見て、ふと、あの頃、イメージしていたスイスのことを思い出しました. 運命のいたずらで、もし、この村に住んでいたなら、どんな人生を送っていたでしょうか. 想像もつかないです.



これから読む本

Posted by tomoshiggy2 on 26.2013 DVD・本・音楽 2 comments 0 trackback
24、25日と働き、26日の午後も、突然電話で呼び出され、働いてきました. 今年は、久しぶりに、上の娘も遊びに来ていて、二人の娘とP君、夫君の3.5人で、ターキー・ディナーを作ってました. それが出来上がった頃、私の出かける時間になったのです. 


帰ってから、食べようかな、と思っていたら、その日(25日)仕事が終わって、家に着いたのは深夜前、しかもレストランで出された、遅い夕食を食べた後だったので、ターキーは、翌日(26日)に食べようと思ってました. しかし、また呼び出しがあり、結局、今年は、ターキーは食べてません.(あまり好きじゃないので、いいのですが) 


今年のクリスマスは、そんな感じでした.


ところで、あの本は、読み終えました. 350ページと長編でしたが、残りの50ページ近くは、参考文献でしたし、その前に、半分ぐらいは、ずっと前に読み終えていたのです. 思ったのですが、読み進まないとか、読む気にならないとか、読むのが遅い、とかの問題は、言語がどうの、と言うより、その話に興味があるかどうか、が一番大きな要素かもね. これで、二人の人物像も、二人の友情が破綻した原因も確執も、何となくわかりました. 



さて、これから読む本は、



Grass.jpg

「The Grass Harp」 カポーテ著


 

本と年末と

Posted by tomoshiggy2 on 23.2013 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
突然熱くなったり、寒くなったり、一体どうしたのでしょう? いえ、お天気の話ではありません. 自分の体温の事です. 年のせいだと思いますが、たった今、体がゾクゾクして寒い、と思って、着込んだら、数分後には、暑い、なんでこんなに暑いの~って、さっき着込んだ服を、脱いだりしてます. 脱いだり着けたり、忙しいこの頃です.


まっ、その話は置いといて、


今年のクリスマスは.....  私は去年と同じく、イブ、クリスマス・ディーも、働くことになりました. この二日間のレストランは、予約のお客様で、もうすでに一杯です. クリスマスディーに、満員御礼が出るなんて、去年まで信じられなかったけど、それは本当でした. そして、年末年始も働くことになりそう.... でも、普段の生活がのんびりですので、こういう時にはガンバラないとね.


それと、


読書をずっとサボっていましたが、クリスマスまでには、この本を読み終える予定です. 購入したのは、今年の3月だったんですね. 50ページぐらいは読んだと思うけど、その後は全く読んでませんでした. この本の次に読む本は、すでに買ってあるので、(サンプルを読むつもりが、操作ミスで、購入ボタンを押してしまった本)早く読み終えて、先に進みたいのです.


ギフトカードの残高を調べてみると、まだ5千円以上残っているので、あと5冊ぐらいは買えそうです. 洋書でも、日本語を読むように、ザ~ッと読めれば楽なんですが、まだまだ英単語を一つずつ目で追っている感じなので、目と脳がすぐに疲れてしまいます. だからと言って、日本語の小説を読みたいかと言えば、特にそうでもなく、かと言って洋書の理解度も、セカンドランゲージの範囲内、分らない単語もまだまだ沢山あり、どっちつかずで、いつも中途半端な感じです.




E-カードの反応

Posted by tomoshiggy2 on 21.2013 Category: None 0 comments 0 trackback
Jさん(夫君の古い友人)に、近況報告を兼ねて、Eークリスマスカードを送りました. すると、翌日には、Jさんから、丁寧な返事がきっちり来てました. 時差があるので、翌日になるんでしょうが、彼女は、メールを読んだら、即返事をするタイプ、いつも反応が早いのです. その速さに応えて、私も即答するように心がけているので、Jさんとのコミュニケーションは、ツーカー交流、いつも気持ちが良いのです. 


加えて、Jさんは文章が上手く、簡潔で、易しい単語のみで、ネイティブならではの表現を沢山してくれるので、Jさんの英語は、私にとってかなり参考になります. 彼女は、喋るのが大好きなので(一人で延々と喋るので、よく疲れないなぁ~と感心するぐらい・笑)、英会話の先生にはもってこいの人です. 最初の頃は知らなかったけど、彼女は意外とジョーク好きで、面白い人です.



もう一人、E-カードを送った人は、M氏です. この人からは、予想どおり、反応なしです. この人、不思議というか、奇妙というか...... どう理解すればよいのか、分からない人.


不思議と奇妙は、同じ、「???」というサインで表現できますが、二つの言葉には、大きな違いがあると思うのです. 「不思議」は、ミステリアスな、その謎をもっと知りたい~、どうしてそうなるの~、興味シンシン~という、ポジティブな感じがして、まだ興味の対象になっている感じですが、


「奇妙」となると、ストレンジ、ウィアード(Weird)のように、理解できない~、変な人~、となり、それ以上の発展はなく「変な奴」の一言で、片付けられそうです.


M氏は、たぶん、人にコントロールされたくないのです. だから、人からメール貰っても、そのメールに返事をするかどうか、するならいつか、は、自分の気分次第、相手の指図は受けないゼ!という感じ. 特別、返事が重要じゃないと思うようなメールには、しない人も多いと思うので、気持ちは、分からないでもないのです. 


しかしね、「(私からの)返事を楽しみに待ってます~」と書いておきながら、返事をすると、シカトするのは、どういう事? 実に失敬な奴. M氏の、もっと訳が分らないところは、メール、旅先からの絵葉書、時々送ってくれる小包に添えた手紙等の、言葉のトーン. 時々詩人になるのか、あの親密っぽい語り口には、???です. 二人に、そんな信頼関係・親密さは、ないはず(これから先も). 或は、それは単なるジョークなの? ジョークなら、あまりセンス・オブ・ユーモアを感じませんが......



二つのギャツビー

Posted by tomoshiggy2 on 20.2013 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback

gatsbu2.jpg
ギャツビー 1974年 ロバート レッドフォード主演

gatsby1.jpg
ギャツビー 2013年 レオナルド デカプリオ主演


デカプリオの方が、ミステリアスなギャツビーを上手く演じていたと思うのだけど、どう? レッドフォードは爽やか過ぎて、複雑で謎の人物、ジェイ・ギャツビーをうまく演じていないような気がします. また、ディジーへの一途、というより、憑りつかれたような愛の表現は、やっぱりデカプリオでしょう. 


デカプリオって、役者になるために生まれてきたような人. アンチヒーローのような、汚れ役も出来るし、悲劇・悲恋が良く似合う人です. 年齢とともに、いい味出してます. これほどの役者なのに、アカデミー賞主演男優賞を、まだ一度も貰ってないのは、不思議ですね.



強or薄?

Posted by tomoshiggy2 on 19.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
学校ランチに、ロールパンが出ました. ランチのほとんどは、冷凍されたものを、オーブンに入れるだけ、のものが多いので、このパンも、きっとそうだろうと思っていたら、それは、そこで働く一人のおばさんの手作りだそうでして、ブレイクの時に、ひとつ頂いてみました.


焼きたてのロールパンは、ふっくら香ばしく、中がモチとしていて、美味しかったのです !あれだけのパン(数百人)を、一人で焼くなんて、すごいです. 早速、私はいろいろ質問をしました. レシピを教えてもらいたかったけど、その人、かなり忙しそうだったので、ブレイクの時に、それとなく聞いてみました.


先ず、小麦粉は、強力粉と薄力粉を、ミキサーで混ぜて使っているそう. 量的には半々ぐらい. パターの代わりに、オイルを使用. オーブンの温度は、325F と低め. イーストも普通にスーパーで売っているようなものだそう. 本当にそれだけで、こんなに美味しいロールが作れるの? グレイズには何を使っているのか、聞き忘れましたが、パターの風味がしたので、もしかしたら、溶かしバターを塗っているのかも. 今度しっかり聞いてこよう.


私は早速、いつものレシピで、強力粉・薄力粉の薄半々で、作ってみました. 味は..... う~ん、あのロールパンのようにはなりませんでした. 一度、薄力粉だけで作ってみたことがあるんだけど、オーブンの温度設定にもよるんでしょうが、パン生地が、フワッというより、べチャという感じで、イマイチでした.  薄力粉をミックスするなら、半々ではなく、20g~30gぐらいの量が良いみたい.


しかし、おばさんの作るパンが、どれも同じサイズなのには、感心しました. 年季が入ってますよね.




ALDIで買ったもの

Posted by tomoshiggy2 on 18.2013 買い物 0 comments 0 trackback

12184.jpg

ALDIで買ったもの. 


お肉(鶏・豚・牛)、野菜(いろいろ)、果物(リンゴとオレンジ)、コーヒー、チーズ、お菓子などが、箱一杯に入ってます. これで、合計36ドル! 安いよね~  その後、ミルクとコーヒークリーマーとオレンジジュースは、いつもの大型スーパーへ買いに行きましたが、それでも、かなりの節約になりました.


大型スーパーより、商品の選択肢はずっと少ないですが、その分、何を買おうか、迷う必要がありません. 安全で清潔であれば、少しでもお安い方が良いのでは. 味は、もちろん最高ではありませんが、決して悪くはありません. 日頃食べるものは、それぐらいで良いかも. 



昨日、豚肉のブロック(調理済み)を、レストランのシェフから、貰ったので、今日は、ALDIで買った野菜を使って、豚の角煮もどきを作りました. 生姜を買うのを忘れていましたが、家にある調味料で、それなりの味になりました(と思う) 私のレシピは、クックパッドというウェブサイトから、一番簡単そうなレシピを探して、試してみるのですが、最近は、YOUTUBE の、レシピ方が、分りやすいことを発見!(いまさらですが) 最近は、そんなものを時々見てます.




なんとか更新

Posted by tomoshiggy2 on 18.2013 日々のこと 2 comments 0 trackback
気がついてみたら、ブログの更新を4日間もサボってました. 何か書こうと、一応ブログの画面に向かうのですが、書いているうちに、どれも特別、書くほどのものでもないなぁ~、という結論に達し、書いては消し、書いては消しのくりかえし. その内時間がきて、はい、続きはまた明日、になっているのです. 


別に無理して書く必要はないのですよね. 年内はブログを休もうかと思ったり、細々でも何とか続けてみようと思ったりもしますが、今年も、残すところ2週間ですので、もう少し頑張ってみよかな、うん. 



12181.jpg

今朝の外の様子


久しぶりに暖かい日です. 雪も解け始めてます. これから、買い物に行ってきます. 最近は、ALDIというスーパーマーケットによく行くのですが、野菜果物は新鮮だし、値段が安いので、気に入ってます. 


では、行ってきます.



除雪

Posted by tomoshiggy2 on 14.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
昨日の夜から、再び雪が降り出しました.

12132.jpg

今朝の裏庭 



12133.jpg

まだ振ってます.


12131.jpg

犬達は、雨は苦手ですが、雪は意外と平気です. 足は冷たくないのかな. 気温は、1~2℃ですが、これまでマイナスの日が多かったので、暖かく感じます.


今日は、午後から、仕事に行きます. 道路のコンディションが悪かったら、休んでも良いよ、と、オーナーに言われましたが、私は崖っぷちに立たされているので、這ってでも行きますと(心の中で)返事をしました. 少々の雪ぐらいでは、今は、休む訳にはいきません.


難関は、

家から、ハイウェイに出るまでの、ローカル道路(約2、300mぐらい)です. アップダウンがあるし、除雪トラックは、ハイウェイから先に除雪するので、ハイウェイにさえ出ることが出来れば、大体はOKです. ローカルの除雪は、いつも後回し.




ふと、

ドライブウェイから、モーターの音がするので、窓の外を見てみたら......


12134.jpg

Bさんが、わがドライブウェイの坂道を、上がったり下がったり、発進後進を、繰り返しながら、除雪してくれてます! Bさん、ありがとうございます~!と、 


外に出てお礼を言おうかどうか、迷いましたが、わざわざ着替えるのが、面倒くさくなって(なんという人!)窓のブラインド越しから、その様子をジッと見ておりました. Bさん、疾風のように現れて、雪かきが終わると、サッと去っていきました. いや~、本当にありがたいです. お礼に何かしなくては、ね.  




隣のライトアップ

Posted by tomoshiggy2 on 13.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
わが家のライトアップ. 窓に飾った、クリスマスツリーが、私には、ハッキリ見えます・笑 

12103.jpg





12102.jpg

お隣さんのライトアップ. 携帯のカメラでは、感じが良く伝わりませんが、実際はもっとギンギンです. 



朝イチのメールは

Posted by tomoshiggy2 on 12.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
私の朝は、犬達の散歩と、PCでE-メールのチェックで始まります. なので、時々、学ラン(学校ランチ)の朝番で、早朝に家を出る時以外は、だいたいEメールは読んでます. 先週末のこと、いつものように、朝PCを立ち上げたら、あのM氏から、よかったら、これからスカイプしない、というメールが...... 


スカイプで話すなんて、ずいぶんひさしぶり、かれこれ10ヶ月ぶり、かな...... (*M氏は私の古い知人・友人の一人)その日の朝、私は特別することもなく、暇だったのに、そのお誘いに返事をしませんでした. M氏と何を話せば良いのか、分らなかったのです. ふつう、昔の、しかも、親しい友人なら、ただ現在の状況報告だけでも、久しぶりに顔をみて、あぁ、お互いに年取ったなあ~と思うのも、楽しいではないでしょうか? それなのに、まず、一体何を話そうか、なんて考え悩むなんて.....  そんな自分の心境の変化にも、驚いたのですが......



昔話しに花が咲いたのは、初回だけで、その後は、特に最近は、あまりエキサイティングではありません. 二人に共通するものが、余りにも無いことにも、驚きますが、それがなくても、それを新たに作っていこうとする、お互いの努力があれば、問題はないと思うのです. しかし、M氏の、余りにもマイペースな反応に(タイムリーではない)私も、段々ペースダウンしてきたのです. (人のせいだけにしては、いけないが)


それと、


長い年月の空白を埋める努力を、両方が怠っているので、当然ながら、会話が続きません. そして、M氏との会話は、意外と退屈・笑 特別、M氏に、センス・オブ・ユーモアがない、という訳ではないが、話題が、いつも少し硬すぎ. 先ず、天気の話に30分・笑、政治のこと..... ヨーロッパの事情なんて知らないし. 旅行の話だって、自分が行ったわけではないので、ただ聞き役になるだけ..... M氏は、どちらかと言えば寡黙な人で、面白いことを言って笑わせるタイプでもないので、話題を振るのは、私の方が多かったかも知れません.


さらに、


私は、自分の感情が正直に顔に出るので、会話中に、「つまらないオーラ」だしまくりの顔、になるか(或は前回、もうすでにそうなっていたかも)と思うと、心配なんです.  





クリスマスツリー

Posted by tomoshiggy2 on 09.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
12月に入って、お隣の(ロキシー)家の庭が、綺麗にライトアップされているのを見て、ビックリ!去年より、さらに、パワーアップしてます. 今年の夏に、お隣さんとの境界線にあった、木の枝を沢山切り取ったので、そのイルミネーションがよく見えます. 


ロキシーのお父さん、頑張ってますね~. いつの間にか、裏庭にステキなパティオが出来てました. 隣のBさんが、コンクリートの塀を建てたのも、ロキシー家の影響があったかも.



ライトアップって、自分たち家族だけが楽しむのではなく、道行く人々の目も、楽しませることが、できるので、少々面倒でも、後片付けが大変でも、やってくれる家々には、そんな心意気を感じます. 


右隣の家のライトアップは、まだのようですが、これがセットされると、わが家は、二つのギンギラした家に挟まれた、暗い谷底のような家、あるいは、レイジーな住人の家、になってしまいます...... ライトアップに精を出した年もあったが、去年からやってません. ツリーも、今年も出さないつもりでしたが、



1251.jpg

ご近所のある家を真似て、ツリーが外からでも見えるように、窓際に置いてみました. 何もしないよりは、マシでしょ.





証言人

Posted by tomoshiggy2 on 08.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
マックニール被告について、昨日でしたか、留置所で自殺を試み、それが未遂に終ったというニュースが入ってきました. 被告人への正式な判決は、来年の1月?に言い渡されるようです.


裁判では、様々な人々が証言台に立ったのですが、その中でも、衝撃的だったのは、被告人の養女(事件当時6歳)に対しての、参考人インタビューのテープが法廷で流れた時です. そのインタビュー当時、彼女がいくつだったかは、聞き漏らしてしまいましたが、たぶん、10歳未満だと思います.  


インタビューが始まる前に、係りの女性から、「これからする質問に対して、正直に答えてね. 分らない、覚えていない、(それは)話したくないでもOKよ」と言われます. 係りの女性は、女の子をリラックスさせようと、最初は、学校のこと、友達のこと、誕生日のプレゼントで一番嬉しかったこと、とか、事件とは関係のない事から質問を始めました.


しかし、質問が、以前住んでいた家(事件があった家)のこと、当時の家族の事になると、女の子の口が、とたんに重くなり、「(それは)話したくない」と答えます. 女の子は、父親と供に、事件の第一発見者で、母親の、その日の様子とか、どんな風にバスタブに倒れていたかの証言は、重要なので、インタビュアーの方も、かなり慎重に、質問をしていたのですが、女の子は、質問の核心には、答えてくれませんでした. 


女の子は、母親については、よく話すのですが、父親(被告人)について訊ねると、黙ってしまいます. 「お父さんってどんな人?」とか、「お父さんとお母さんは仲が良かったの?それとも喧嘩ばかりしていたの?」とか、質問されると、「(それは)話したくない」とか、「分らない」を、繰り返すのです. あなたのお父さんは(外見的に)どんな人? 一番楽しかったこと、お父さんとの思い出いでは何?とか聞かれて、答えられないというのは、子供だけに、かなり痛々しいです. これで、当時の被告人と娘との関係、また家族関係、また、女の子が、心の底で、深く傷ついている感じがよく伝わってきました. これは非常に、パワフルなメッセージでした.


そして、この証言も衝撃的でした. 


被告人は、(妻殺害疑惑)事件から、2年後に、別件で逮捕され、刑務所に入ってます. その時に、被告人と同じ刑務所にいて、同じく服役中だった、男性Aの証言です. Aは、被告人は「妻と離婚したいが、そうすると、家も子供達も、妻に取られる. 妻を殺すために、妻に危険な薬を飲ませた. 妻の死因は誰も立証できない」などと、述べていた、と証言してます. 被告人は、狡猾で、悪知恵が働き、用意周到な感じを受けますが、詰めが甘いというか、いろんな場面で、ボロを出してます. 


被告人のかつての愛人も、証言台に立ちました. 愛人だった当時の面影は(写真で見る限り)、現在の姿とは、かなり違うのだけど、こうやって、堂々?と、時には、微笑みながら、証言台に立つのは、精神的にタフでなければ出来ない気がします. 彼女の証言は、理路整然としていて、常識的な道徳心もあるような印象を受けます、が、しかし.......


被告人の妻の葬儀にも参加し、妻が死んでから、一週間後に、被告人に、ナニーとして雇われ、被告人の家族と供に暮らしたり、被告人と共謀して、他人のIDを盗んで、他人になりすまそうとしたり(これで二人は逮捕されたのです)するなど、やはり、良識が欠如している感じです.




これまで、様ざまの人々が証言台に立ちましたが、検察側と弁護側の、二つの対照的なアプローチで、人間がいかに思い込みで生きているか、人間の記憶がいかに曖昧であるか、同じ場面に遭遇しても、人によって印象がいかに変わるか、などが、鮮明に映し出された気がします. 殺害された妻の、その当時の服の色でさえ、証人によって違うのです. 


さて、最終判決はいかに........ 


引篭もってます.

Posted by tomoshiggy2 on 06.2013 日々のこと 2 comments 0 trackback
本日の気温は、-5℃~-17℃、寒いです~. 今朝、犬達を庭に出す時の私の服装は、ロシア人も真っ青な着膨れ三重重ね、それでも、寒いので、すぐに戻って来ました. 


今日は、レストランで働く日ですが、この天気では、行くのは無理と判断(まで連絡してないけど)今日一日、家に引篭もる予定です. 引篭もって、あるブログを、読んでみるつもりです.


それは、


海外在住の日本人女性の方のブログ. 彼女は、アメリカ人夫による、DV(家庭内暴力)問題で、かなり深刻な目に合われている方です. 夫婦間には、結婚当初から、いろいろ問題はあったようですが、一番の原因は、夫の、アルコール・ドラッグ依存症で、現在も治療を受けているようです.


夫からの、言葉によるDVは、日常的なようでした. 夫は、精神的に不安定な人らしく、些細なことでキレ、自分の思い通りにならないと、彼女に罵声を浴びせるのです. それがいつもの事なので、それをDVだとは思わなかったと告白しています. 


それが、ある日、彼女の生命までに危険が及ぶような事件が起こります. 深夜、彼女が寝ている時、夫に、いきなり起こされ、小突かれ、地下室へ続く階段から、突き落とされ、命の危険を感じた彼女は、隙を狙って、家を飛び出し、隣人に助けを求めたのです. 隣人の警察への通報で、男性は拘置所に入れられました. 


彼女は、自身の経験が誰かの役にたつなら、という思いで、その事を、かなりオープンに、ブログに記してます. 自分の顔はもちろん、夫である男性の顔、日本の家族の写真まで、そこまで、オープンにしていいの?と思うぐらい、公開してます. たぶんそれは、事態がそこまで酷くなるとは、思っていなかったのかも. 


そして、彼女も(やっぱり)、お金の問題で悩み、心の支えになってくれる人が、近くにいないので、毎日心細い思いをしているのです. 彼女の今後が気になって、時々覘いてます. 



マンデラ大統領

Posted by tomoshiggy2 on 05.2013 Category: None 2 comments 0 trackback
本日(12/5/13)マンデラ大統領が死去したそうです. 95歳でした.   


マンデラ大統領で思い出すのは、この映画です.

invictus.png

INVICTUS 2009年(クリント・イーストウッド監督)


マンデラ大統領役に、モーガン・フリーマン、南ア代表のラグビー・チームの主将役にマット・ディモン. マンデラ大統領は、1995年に、南アで行われた、ラグビー・ワールドカップで、強敵ライバルの、ザ・オール・ブラックス(NZ代表)を、奇跡的に下し、これまで、アパルト政策で、人種差別のあった国が、この勝利によって、国家として、人種を超えて一つになった、新生南アの誕生を、アピールした話です.


懐かしかったのは、オール・ブラックス. ラグビーなんて、全く興味がなかった私でしたが(今でもルールはほどんど知らない)このナショナルチームの試合を見ていくうちに、周りの影響もあったと思うが、だんだん好きになっていました.


地球のはしっこにある、地味な小国NZで、これほど強いチームが育つとは..... 不思議と言えば不思議. ほとんど生身の肉体と肉体の、ぶつかり合いなので、血まみれ、時には、ドロまみれの格闘技のような、激しいマッチョなスポーツに、NZ人の血が騒ぐのか、彼らのラグビーにかける情熱は、並々ならぬものがあります.




リンクを訂正

Posted by tomoshiggy2 on 05.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
前の記事のリンクが出来ていないことに、気がつきまして、それを直したところです. 日本語版も、探したらあるかも知れませんが、興味のある方は読んでみて下さい.



ところで、中西部に寒波到来、本日午後からは雪とフリージングレインになりそうです. 雪はまだしも、一番怖いのは、道路凍結です. そういう時は、出来るかぎり何処へも行かないのがベストです. 





完全犯罪

Posted by tomoshiggy2 on 03.2013 日々のこと 2 comments 0 trackback
この数日間、YOUTUBEで、このファミリーの、まるで映画のストーリーのような、法廷ドラマを見てました. いや~、これは、すごい、人間ドラマです.

mm.jpg

MARTIN MACNEILL TRIAL で検索すると、沢山ヒットします.


この男性は、愛人と一緒になるために、邪魔になった妻を、医者である、自分の知識と立場を利用して、突然死に見せかけた完全犯罪を企てます. 当時の捜査では、妻の死因は、薬多用による突然死. 警察側は、現場の状況から事件性はないと結論を出し、この事件は終ったかと思われていました. 


証人として法廷に立たされた人々と、検察側・弁護人側のやりとりの場面(FOOTAGE)が、一証人につき、1時間30分~2時間と長いのですが、この男性のシークレットライフが次々と明らかにされていくにつれ、画面から、目が離せなくなりました. 


この記事です.



この男性医師は、過去にも、殺人疑惑があったようです. ちょっと疑問に思うのは、将来、愛人と一緒になりたいから、妻が邪魔になったとしても、なぜ殺す必要があったのでしょうか. 資産がからんでいるのでいるのでしょうか?


明日、早朝出勤なので、これから寝ます. 続きはまたね.



ペットとコート

Posted by tomoshiggy2 on 01.2013 ペット 0 comments 0 trackback
うちの犬達、頭が良いかも  


なぜかって.....


私が庭に出るときに、いつも身に着けるコートがあるんですが、それを手に取った瞬間に、2匹は.......


ワァ~と、ドアにダッシュして、きます. 人間の次の行動が読めるなんて、天才じゃない?
 


11293.jpg

モチの毛をカット


11291.jpg

オカッパ頭にした


11292.jpg

乱杭歯に、なんとも言えない愛嬌があります. 




 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR