スプレーを返して、アイディローラーをゲット

Posted by tomoshiggy2 on 30.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
今日は、学校ランチの仕事の連絡がなく、ちょっと疲れ気味だった私には、嬉しいお休みでした~. ランチの仕事は、学校によって、さまざまな雰囲気があり、私は他校に飛ばされたお陰で、その違いが分るようになりました. 最初に行った、中学校が、今のところ一番厳しいかな.... 他校はかなりリラックス、ゆる~い感じがしました. 


さて、昨日、スプレー式ペイントを返品し、代わり、このローラーを買ってきました.

9306.jpg
ペイント・イン・ロール


9305.jpg
竿の中に、ペイントを入れるので、ペンキトレイが要りません. 

9304.jpg
中のペンキが少なくなったら、ペンキを補充するだけです. 画期的なアイディア商品っぽいでしょ. でも、実際に使ってみないと、分りませんね. 使ってみて良くなかったら、もちろん、即返品します.


ついでに、こんな掃除関係グッズも買ってまいりました.


9302.jpg
お酢、重曹、プリーチと

9301.jpg
ウッドフロアーの汚れ落とし用オイルです. これは、あのハンディマンが勧めてくれたもの.


そして、今日も、修理関係グッズを、いろいろ買ってきました. 出費が多くて怖い~. トイレのタイルの修理、シャワー・カーテン、シャワーヘッドの取り付け、電気のスィッチも取替えないといけないし、いろいろありすぎて、頭がパンクしそう..... あとどのぐらい出費が掛かるのか、資金は足りるのか、いろいろな考えが頭の中をグルグルしてます.....ただの出費だと思うと、嫌になるので、将来への投資だと思うようにします.


スポンサーサイト

久々、スカイプ

Posted by tomoshiggy2 on 29.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
今朝、久しぶりに、友とスカイプ. スカイプのパスワードが思い出せないぐらい久しぶり..... なので、パスワードの変更の手続きをし、リセットしてやっとログインできました.


以前、友と会話をした時、彼女が仕事のことでかなり悩んでいて、それからしばらく連絡がなかったので、どうしているのか、心配だったのですが、その仕事は先週終わって、今はホッとしていると言ってました. 話をしながら、友がここに遊びに来たのは、一年前の今頃だった、という事に気がつきまして、その時の思い出話しも少ししました. 一年ってあっと言う間だけど、短いなりに、いろいろ変化があるんですね. 


私は、最近始めた、学校ランチの仕事の話と、貸家修理の話をして、「これから、スプレー式ペイントを返品しに行く」と言うと、「こんな物も返品出来るの?」と友. 日本では、故障及び部品に欠陥あり以外の問題で、一度購入して、使用済みなものは、返品できないと思うのですが、ここでは、「心配な~い、全然心配な~い」と私. 一度ペンキを容器に入れたので、容器は洗い流しましたが、箱が少し汚れてしまったけど、それでもOKです. 返品の理由は何でも良いのです.



帰りに、最近オープンした、この店に、立ち寄ってみました. 

9269.jpg
「マーシャルズ」ー有名ブランド・ディスカウントショップ


92611.jpg
そこで、ボレスワビエツを発見


92610.jpg
カワイイ~、と、手にとってみたけど、ソッと元に戻しました. 昔だったら、絶対に買っていたと思うが.....


コレクションとしては、良いと思うが、これを集めて、その後どうするの?と、今は思っています.


この店、開店したばかり、という事情はあるんでしょうが、商品はキレイにディスプレイはされてましたが、品数がまだまだ少なく、全体的にがら~んとして感は否めません. すぐ近くにあるグッドウィルの方が、まだ活気があるかも.  



2日間休んで

Posted by tomoshiggy2 on 28.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
今週は、学校カフェの仕事を、2日間休みまして、貸家に行って来ました. その2日間に、ハンディマンと初顔合わせ、資材の調達に付き合っていただきました. ペンキ塗りも始める予定でしたが、期待していたスプレー式のものが、使えないものだと分り、結局何もしませんでした.


かつての住人は、家の中で、(それが誰なのか、何人の人が住んでいたのか、分りません)煙草をすっていたらしく、ニコチンの臭いが、家中に充満してます. 重曹、アンモニア、酢などが、煙草の臭い消しには、効果的だと聞きましたので、早速試してみます. 今年は酢が大活躍してます. KILZというペイントを、壁や天井に塗ると、臭いが消えるそうです.


すべきことてんこ盛りで、本当に気が遠くなります. 去年のリノベの家より、もっとたくさん仕事があります. でも、去年のあの家よりは、かつて私達家族が住んでいた家なので、はるかに思い入れがあります. メイクオーバーして、見違えるようになって、あのエージェントをビックリさせたい、という気持ちもあります.


この修理費用で、予算的に、かなり苦しい立場に立たされている私ですが、前住人のおじさんと、今後付き合うことは無いと思うと、精神的にはとても気が楽です. 私はこの人を全く信用してませんし、出て行ってくれて、かなりホッとしてます. 




スプレー式ペイント

Posted by tomoshiggy2 on 27.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
さて、貸家の家の中ですが、


大量のゴミを出した後、目についたのが、天井と四方壁・ドアのヒドイ汚れ・埃・シミです. ライトの笠という笠には、入居以来、一度も掃除をしたことが無いとしか思えない、大量の埃が山盛りです. ペンキ塗りの前に、これを掃除しなければなりません.


家中のペンキ塗りは必須です. 良いペンキ用ローラーはないか、とか、時間短縮できる便利器具がないかな~と、DIYの店をブラブラしていたら....... 


こんな物を発見! 


92617.jpg
電動ペンキスプレー


壁はもちろん、天井、デッキもOKとあります. パッケージの写真では、女性が、爽やかな笑顔で、天井に向かってスプレーしてます. これでペンキ塗りの時間が短縮できるのなら、いい買い物かも、と思って、購入しました. お値段約1万円

ペンキ塗りで一番大変なのは、天井だと思うんです. 塗っている最中に、ペンキが顔や頭にポタポタと落ちてくるし、ずっと上を見るので、首が痛くなります. 


92616.jpg
白い容器にペンキを入れます. ペンキの濃さも、大小のアングルも、調整できるとあります. これで、ペンキ塗りが楽しくなりそう~、時間も短縮できるし~、よ~しガンガン塗っちゃうゾ~、と、意気込んで、使ってみたのですが.......



これは、使用説明書のイメージ写真に、異議ありです. スプレーで塗れる範囲が、思っていたより小さいのです. 小さいプロジェクトには適しているでしょうが、壁とか天井の広範囲は、普通のローラーを使うより、もっと時間が掛かってしまいます. しかも、ペンキを入れた容器は、ずっと持っていると、かなり重いのです. そういう事は、実際に使ってみないとわかりませんね.


という事で、これは返品決定. 普通のローラーに戻ることにしました. 







ハンディマン決定

Posted by tomoshiggy2 on 26.2013 家のこと・ホームDIY 2 comments 0 trackback
私のハンディマン探しは、地域コミュニティー掲示板の「仕事引き受けます」のコーナーから、良さそうな人数名に、先ずEメールして、連絡をとりました. 最近はE-メールより、携帯TEXTの方を利用する方が多いみたい. 


私は、プロの業者より、ちょっと小遣い稼ぎに、というような人を探してました. プロの方は、資材も自分達の取引先から調達するので、私のような素人には、それがどの程度のクオリティーなのか、よく分らないし、それを人件費に上乗せして、請求してくるので、割高な感じがするのです. 資材を売って儲けているとも、聞きました. なので、私は、DIYで資材を調達してくれ、それを使ってくれる、セミプロみたいな人を探していたのです.


最終的に、3人の方に絞って、次にTEXTで、それぞれ連絡をとりました. その中から、一番丁寧で、インテリっぽいメールを送ってくれた人、しかも値段がリーゾナブルな、この人に決定したのです.  


9267.jpg
この人です. ホワイト・トゥラシュっぽい人かと思いきや(ゴメンね、そんな人が多いので)かなりスリムでイケメンでした. それにしても、この人の後ろの屋根の板の部分、かなりヒドイでしょ? 長年の雨風で木がボロボロです. これがどのくらいヒドイか、チェックしてます.


その後、資材購入に付き合ってくれました.


9262.jpg
新しいドアもいくつか買いました.

9263.jpg
ベースボードです.  以上、昨日の出来事でした.


そして、早速今日から、本格的に修理工事が始まりました.

9264.jpg
ここには、屋根つきのカーポートがあったのですが、出て行くときに、取り払ったようです. 側面がかなり汚れてます.


92614.jpg
ボロボロになった板を取替えました.

92612.jpg
上のほうは、プレッシャーワッシャーで、洗い流すようです.




はけん

Posted by tomoshiggy2 on 23.2013 仕事 0 comments 0 trackback
一日、4時間弱の仕事なのに、家に帰ったら、かなりぐったり~です. 余裕で、もっといろいろな事が出来るかな、と思っていたのですが、これが、意外とそうでもない. 家に帰ったら、何もしたくないのです. 
 

中学校カフェの仕事は、毎週だと思っていたのですが、あれは、その一週間だけでして、それ以後は、必要に応じてお声がかかる、という、派遣のような仕組みなんです. 毎週の仕事だと思っていた私は、少し残念、でも、今は、貸家再建にフォーカスしたいので、しばらくはこれで良かったかも、と思ってます. これは、次の仕事が見つかるまでの、つなぎだと思えば、やっていけないこともないしね. 


その翌週は、近場のいろんな学校に派遣されました. 連絡はだいたいその前の日ぐらいに、明日〇〇校へ行けないか?というテキスト・電話で、連絡があるのですが、昨晩は、何もなかったので、ウシシ、今日はお休みだ~と、喜んでいました. 今朝、7時に起床して、すぐに携帯をチェックしたのですが、何のメッセージもなかったので、「よ~し、今日はいろいろ出来るぞ~!」とガッツポーズ! 


しかし、それは、つかの間の喜びでして、その後(7時45分頃)、今日高校へ行けるか?との連絡が入りました......朝コーヒーを飲みながらブログを書いて、その後シャワーに入って、洗濯して、ビルの支払いして、2,3電話して、銀行へ行って、買い物にいって、DIYの店で数品値段を確認してきて、芝刈りして..... という計画が、全てパ~に..... あ~ぁ、残念.


でも、私は、今週の半ばの2日間は(貸家に行くために)お休みします、とすでに申し出てOKをもらっているので、その日以外は、働かなくてはね...... 



お任せ旅行

Posted by tomoshiggy2 on 18.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
以前に書いた、日本人コーチバスの団体様には、添乗員も通訳さんも付いてました. 添乗員が先ず、バスから降りて、真っ先に店に入り、席の確認、料理の確認、をテキパキ行い、その直ぐ後ろに、カメラマンらしき方が(もしかしたらツアー客の一人だったかも)パチパチ写真を撮ってました. 団体様は、すでに料理の注文も済み、チップ込みの支払いも済みなので、運ばれてくる料理を食べるだけ. さすが、オーガナイズされてますよね. 


私が添乗員付きの旅行を、最後にしたのは、いつだったでしょうか.... ずいぶん昔のことであることは、間違いないです. 自分のペースで、自分が見たいものを、ゆっくり見たいとか、時間に追われて、集合時間にせかされ、もっとゆっくりショッピングしたい、とかの理由で、ツアー旅行から離れる人々が増えたのでしょうけどね.


久々に見た、添乗員付きツアー、何だか少し懐かしくて、こんな旅も良いんじゃない~、と思った. 何も考えなくていいでしょう. 自分の人生にも、添乗員さんがいたら、いいでしょうね. 或はタレントのマネージャーみたいな人がいて、自分のスケジュールを決め、全て先回りして、段取りをしてくれている...... あ~ぁ、なんてラクチンなんでしょう! 


このツアー団体様は、食事が済むとサッと切り上げて、再びバスに乗り込んでいきました. その時、たまたま店の奥にいた私は、最後に、皆様に、道中お気をつけて~と、一言いえなかったことが、残念でした. ホント、あっと言う間だったのです. 



モチベ、ガタッ

Posted by tomoshiggy2 on 18.2013 仕事 0 comments 0 trackback
今日は、学校がお休みでした. それを知らなくて、ノコノコ出かけていった私. 今日はやけに車が少ないな~と思いながら、調理場に入ったら、見たことがない女性が一人いて、荷物を片付けていました. 事務室に入ろうとしたら、ドアがロックされていたので、その女性に聞いてみたら、「今日はお休みよ」と、言われたのです........ 後で、学校のHPをチェックすると、NO SCHOOL となっていました. 


ただでさえ、労働時間が短いのに、週のド真ん中に、休みだなんて! そう言えば、公立校は、やれ先生の会議だ、先生の事務の日だ、何とかの振り替え休日だ、雪の日、豪雨、その他の悪天候で、休みが結構あったような気がするが. 

これで、さらに、ガクッと、モチベーションが下がりましたわ. 数日前までは、しばらくは、印象を良くするために、個人的な休みは取らないでおこう、と思っていましたが、これで、こんな仕事に(失礼ですが)、ここまで義理堅くなることはないなぁ、と思い、来週にも、貸家に行くために、休みを取ることにしました. 


しばらく貸家再建を最優先します. 現在、ハンディマン候補の方々と、メールでやりとりしてますが、(貸家までの)距離があるために、なかなか話が進みません. 修理に関しても、どんな資材が必要かなど、いろいろ相談にのってくれる人がいないので、心細いです. 段取りが分らないので、何から始めてよいのか、どの修理が優先か、今頭の中はそれで一杯です.  



コメ返のつもり

Posted by tomoshiggy2 on 15.2013 日々のこと 2 comments 0 trackback
Baaさんの、拍手コメントに気がつきませんで、大変失礼しました. コメ返はここに書きますね. 

レストランの仕事は、週末の夕方だけなので、そのまま続けてます. おかげ様で(と言っていいのかな)二つの仕事の時間がかぶらないので、掛け持ちしてます. と言うことは、毎日、数時間ではありますが、仕事に出ているのです. しばらく、このスケジュールでやってみて、その間に、別の仕事を見つけたら、学校ランチは辞めるか、時間を減らすつもり. 近場なのは良いんだけど、ここで得られる報酬は知れてますしね(労働時間が短すぎる)


(ランチの方ですが)都合が悪い日は言ってね、と、担当者から言われていますが、これを真に受けて、気軽にちょくちょく休むと、「君はもういらない」と言われる可能性もあるので、しばらくは、印象を良くするために、少し頑張るつもり. 


しかし、貸家の修理で、どうしても2,3日、休まないといけなくなりそうなので、どうしようか、今ちょっと困ってます. いえ、困っているのは、時間だけではなく、予算も、ハンディーマン探しも、未解決のままです. 気ばかり焦って、毎日落ち着きません. お金があれば、すべて人任せで、自分は何もしなくても良いのでしょうが、貧乏なので、自分で出来ることは自分でしなければなりません. ここは材料代より、人件費が高いのです. 


それと、とおりもん、でしたっけ?、残念ながら、食べたことはありません. でも日本のお菓子は、どれも美味しいですよね. 台湾の旅は続きがあるようなので、楽しみです.

時計とにらめっこ

Posted by tomoshiggy2 on 13.2013 仕事 2 comments 0 trackback
今朝の気温は11℃、最高気温が23℃と出てます. 昨日との差が、-10℃近く.温度の差が激しいのも、中西部の特徴です.


さて、新しい仕事を始めて、4日目. 生徒のランチタイムは、驚くほど短いので、厨房の皆さんは、その対応に大忙しです. まるで、働き蜂のように、常に、動いてます. 


ボ~っとしていたり、ちょっと手を休めていたすると、すぐに、アレを手伝って、コレをこうして、とか、指示されます. 人に指示されるのって、本当に疲れますね. こんな仕事は、短時間だから、やっていられるのです. 


働き始めて4日目で、もうすでに、早く時間が過ぎないかな~と、壁の時計をチラチラ見ている私...... タラタラ文句を言い出すのも、時間の問題ですね.  



 


たま~に行くといいところ

Posted by tomoshiggy2 on 12.2013 買い物 0 comments 0 trackback
グッドウィルって、たま~に行くと、いいものに出会えるね. 仕事の帰りに寄ってみました.


9121.jpg
おなじみ風車シリーズの小鉢. 小さなプラントでも入れてみようかな.


9123.jpg
ほとんど使用感のない鉄瓶. ずっしり重い. 


9122.jpg
中にティーストレイナーが付いている.


お茶は、ほとんど飲まないけど、鉄瓶に入れると美味しいと聞くし、形がクラシックで、可愛いかったので、買ってきました. 7ドル 



9124.jpg
スケール. 6ドル 電池切れなので、使えるかどうか分りませんが、キログラムもポンドも、オンスもmlも、両方使えるので、便利そう. 値札がそのままなのは、返品するときに必要だから取らないで、と言われたから. 


いい買い物した感じ~!



修理することにします.

Posted by tomoshiggy2 on 12.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
現在、貸家を、修理する方向に進んでいます. 全部の修理は無理だとしても、せめて、人が快適に暮らせるぐらいまでにはしたいのです. 


前回同様、私はしばらく通わないといけないようです. 前回は、真夏でしたが、今度は、初秋なので、仕事はし易いかも知れません. しかし、のんびり構えていると、すぐに、寒くなってしまうので、出来れば、9月後半頃から始めて、10月前半には終らせたいと思います. 


家の外のペンキ塗りは、誰かに頼むとして、家のドアや壁ぐらいは、自分で出来そうです. カーテンの取り付けも出来ます.なんせ、低予算ですからね. 今ネットで、リーゾナブルで、信頼できるハンディーマンを探してます. 隣のBさんにお願いするのは、まだ話していないけど、ちょっと無理かも. でも、あの業者の見積もりが適当か、否か、ぐらいは言ってくれるかもしれない. 



初日でくじけそうに

Posted by tomoshiggy2 on 11.2013 仕事 2 comments 0 trackback
.........そういう訳で、学校のカフェテリアの仕事、やってみました~ 

私の初日ですが、その日だけ、6時間ちょっと働くように、お願いされまして、午後の3時まで、やってみました. 約250名の生徒のランチを準備する仕事なので、サラダを作ったり、サンドイッチ用のパンを並べたり、デザートを小さなカップに入れたり、すべて主任の指示通りに、行います. テキパキ動かないと、ランチ時間に間に合わないので、皆、少しピリピリしてます. でも、主任の彼女は良い人そうなので、よかった~


生徒のランチが済むと、職員は30分の休憩・ランチの後、調理場の後片付けをします. これが、結構、(私には)辛かったです. 使用した調理器具、トレー等は、全て、ディシュワッシャーで洗いますが、その前に、手で予備洗いをします. 油が付いたものとかは、しばらく洗剤に漬けておきます. いったいどれだけのトレーがあるの、と言うぐらい、沢山あって、それを、皆さんは、手袋なし、素手で、ゴシゴシ洗うのです. 結構おばさんばっかりなんだけど、アメリカ人女性の体力は、すごいです. そして、働き者が多い.


こんな後片付けを、皆で、延々2時間ぐらいかけて、キレイにします. 誰も手袋なんてしていません. 帰るころには、お湯と洗剤で、自分の手が、2倍ぐらいに膨れ上がったような気がしました. 重いコンティナーとかあって、腕も腰もいたくなりました. 初日で、くじけそうになったけど、今は、辞めるわけにはいかない、良い仕事が見つかるるまで、ここで頑張るしかない、何を甘えているの!と、自分を叱咤しました.    


今日は、決められたスケジュールに戻ったので、最後の2時間の後片付けの前に帰りました. これぐらいだったら、負担なく、出来るかな、と思った日です. 労働時間が短いので、いくらの収入にもならないと思いますが、学校まで、家から15kmというのが、何と言っても良い.


これで、私がレストランで、いかにスポイルされているかが、よ~く分りました. ウェイトレスの方がずっと割りが良いです. 




給食のおばさんに

Posted by tomoshiggy2 on 10.2013 仕事 0 comments 0 trackback
その、いろいろあった、とは、仕事のことなんです. 去年からずっと仕事を探していて、それがなかなか決まらなかったので、もう、永遠に、仕事に就くことはない、と思っていたのですが、それが突然に、(パートタイムではありますが)お声がかかったのです. 


この仕事の面接を受けたのは、4ヶ月も前のこと. その時、いくつかオープニングがあるから、希望する職種を3つほど記入するように指示されました. そこは、公立学校の教員、又は、学校の補佐的な仕事を斡旋する、地元の機関でして、例えば、教職の他に、事務職、清掃員、用務員、代理教員、スクールナース、バスドライバー、とか、そんな職種の募集があったのです.


私の第一希望はオフィスの事務職. 第二は、英語がセカンドランゲージの子供のサポート(この仕事は、ほとんど需要がないかも、でも面白そう)、第三は、カフェテリアの調理場、でした. そして、私に面接のお声がかかったのは、何と、第三希望職種! 私の職歴の、「ウェイトレス」が、目に留まったのです.


面接で「軽食つくれる?」とか聞かれ、仕事を選んでいる身分ではないので、「どんな仕事でも、ベストをつくします」、と答えました. ペイロールに名前が載るのが先、その内、機関内での転職のチャンスもあるので、しばらくは、給食のおばさんでやってみようと思っていました.


仕事開始は、8月の中旬(新学期)、勤務時間は4時間弱、と言われたのですが、その面接以来、何の連絡もありませんでした. 一体どうなっているのと、連絡を入れてみたら、今は空きがないから、空きがあり次第、担当から連絡いく、ようになっていると言われ、なんだ、やっぱり、まとまな仕事じゃないんだぁ~と、ガックリ. 9月に入っても何も無かったので、半ばあきらめていたところ.....


急に、地元の中学校に行くように言われたのです.  


面白い出会いがありました

Posted by tomoshiggy2 on 09.2013 仕事 0 comments 0 trackback
このブログ、書き始めてから、いろいろあって、2日もたってしまいました. ので、内容には時差があります. 




今日は久しぶりに雨. 雨の音を聞くのは、じつに6週間ぶり?ぐらい. これから2,3日は、98F°(37℃~38℃)という、異常に暑い~日が続くようですが、今週末あたりから、気温も平年並みになるようです.


昨晩は、なかなか、面白いことがありました. 2週間ほど前に、ある団体の予約が、レストランに入ったのです. 団体の予約が入るのは、特別珍しいことではないのですが、20数名ご一行を、予約した人の名前が、日本人だったので、はて?どんなパーティーなのか、謎でした. 予約を受け付けた人に聞いても、よくわからない様子. こんなに沢山の日本人が、セントルイスにいるの?....... 先週「日本祭」があったので、日本人会の反省会? あるいは県人会?(そういう連絡はなかったので、それではないと思うが)ビジネス関係の人々? う~ん、会ってみるまで、わからない.... 


予約は夕方6時でしたが、6時5分前になっても、それらしき人々は、現れません. 時間厳守で、世界的に有名な日本人、誰か一人ぐらいは、もうそろそろ現れてもいいんじゃない..... と思いながら、チラチラ、お店の駐車場に入ってくる車を見てました. 時間は6時30分、まだ誰も来てません. 遅れるという連絡も入っていないようだし、ドタキャン? 


と思っていると、駐車場に一台のコーチバスが入ってきました. えっ、もしかして、団体というのは、日本人観光客? 中西部を旅行中とか? これで、謎が解けました. 一番先にバスから降りてきたのは、ツアーの添乗員らしき男性でした. この男性を先頭に、団体さんが入ってきたのです.  


つづきは、もうちょっとあとでね!

回答が来た

Posted by tomoshiggy2 on 07.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
男性エージェントから、早々と、E-メールで連絡がありました. こんなに早く連絡してくるとは、意外でした. 


やはり、かなり、低い数字を提示してます. その数字の根拠には、過去に「〇〇町の〇〇通りの家が、いくらで売りに出され、いくらで売れた」という、資料を元に、決定したようでして、比較対象になった家を、住所付きで教えてくれました. どのくらいの家が、どのくらいの値段で売れたか、という事を知るのは、価格決定には、必要ですよね. 


私は、実際に売れた家を見てみようと思い、エージェントが教えてくれた家々を、ネットで探すことにしました. 各住所は正しいようですが、家の値段は、エージェンが言っていたものとは、どれも違っていました. エージェントが参考にしたのは、どのくらい前の資料なのでしょうか..... 


彼らは、一般の人々より(私なんかより数倍も)、市場には詳しいだろうから、ある程度、常識的な売値を決定するでしょうが、でも、同時に、あのEメールを鵜呑みにしなくて良かったかな~と思うところもあります. おなじ家でも、不動産会社によって、また、ネットによっても、値段が違います. どちらの数字が正しいのか分りません.


不動産のエージェントしか、閲覧できない、秘密資料があるかも知れませんが、それにしても、数字が倍ぐらい違うのです. 男性エージェントの提案は、参考にはしますが、提案の価格では、売りたくありません. 



去年リノベが終った、もう一つの家は、もっとヒドイ瀕死状態から、やっと息を吹き返したのです. もう、ボロボロで、どかから手をつけたら良いやら、途方に暮れていた日々...... それはそれは、長い長~い道のりでした. まだまだ手直しするところは、残ってますが、家としては十分機能してます. 家の価値も、この辺りでは、並ぐらいまではいってます. 

それを思うと、現在、ボロボロになっているこの家(私達家族は、ここからスタートしたのです)を、このままにしていいの?という気持ちが、湧いてきました. こんなに低い価格を提示されて、悔しくないの?という声も聞こえます. 売るにしろ、貸すにしろ、せめて人並みの家ぐらいにしておきたい...... それが、御世話になった物への最低の礼儀だと思うのです. 10年以上も、修理もリノベも何もしていなくて、放ったらかしにしていた、私達が悪いのです. この状態は、当然といえば当然ですよね. 


.........と、そんな風に思っている. あとは、その資金繰りを考えるだけ. 




男性エージェントは言う

Posted by tomoshiggy2 on 05.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
ただいまぁ~. さっき貸家から戻ってまいりました. 最近の訪問の中では、一番短かい滞在だったけど、なんだかすごく疲れました.  帰ってくるなり、バタッとカウチで寝てしまいました. まだ眠い.....


さて、今回は...... 


前住人が残したベビーベッドを、地域のネット伝言板のようなサイトに、前回と同じFREE・コーナーに、本日限定でポストしたら、数名の方々から、レスポンスがありまして、最初に取りに来た方に、引き取ってもらいました. 


次に、ある不動産の方(男性)に、この家を見てもらいました. この人は、去年、別の家を売る時に、初めて会いまして、その時、あまり良い返事がもらえなかったエージェントです. 今回も、すぐには返事はもらえず、調べてから後で連絡する、と言われました.(前回は、それも無かったので)やや、乗り気かな?と思えるが、どうでしょうね. 


この人は、よく言えば、根拠のない希望を持たせるタイプではなく(アメリカ人に多い)、かなり率直に意見を言うタイプなので、こういう人の意見は参考にしたいと思ってました. また、男性ベテランと女性ベテランの不動産鑑定がどう違うかにも、興味がありました.


先ず、二人の注目するところが違うことに、気がつきました. 女性は、どちらかと言えば、細かいところ、ボーダーとか、ドアの隙間とか、板と板のつなぎ目とか、カーペットの汚れとか、細かいところに注目してましたが、この男性は、先ず建物のストラクチャーとか、屋根、庭、近所の家々など、家の外側をずっと見ていて、(一体いつになったら、家の中に入るのだろう、と思ったぐらい)家の中は、あまり興味がなさそうで、バス・トイレなんて、全く見ませんでしたね.


この男性は言いました. 人が家を買う目的で、ローンを申請する時、ローンの対象となる家自体が審査に通らない時がある、と.....  特に、連邦政府系のローンは利息は安いが、インスペクションがかなり厳しいそう. なるほど、売るために、値段を下げたとしても、家が審査の標準に満たないと、ローンが組めないわけね. そういう事は、女性エージェントからは、聞けなかった. それにしても、このベテラン男性、前回同様、売る気なさそう~


そして、最後のゴミ処理は.....


上の娘が、BFのトレイラーを借りて処分する、と言ってましたが、その後、私から連絡をとるも、返事が一切ないので(いつものパターン)、人を頼らず自分で出来ることは自分するべき、と思って、本日、出来るだけのゴミを袋詰めして、持って帰りました. これでゴミ問題は一応終了します.


彼女から、連絡がない時は、出来ない事情があるのに、それを言い出せない時.... 出来ないなら、出来ないと言えば良いのですが、彼女はそれを何故か、言わない、言えないのです. 


男性エージェントの話を聞いて、売る、と決めた気持ちが、少し揺れ動いてしまいました. 少し気持ちを整理してみます.



気が滅入る

Posted by tomoshiggy2 on 05.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
「母と話をすると、気が滅入る~」と、娘に言われてしまった. そうよね、その通りです、自分でも、そう思います. 私も、暗い人、いつも愚痴ばかり言う人、ネガティブオーラを放つ人には、近づきたくありませんので、その気持ちは、分ります. でも、自分がそんな人になっているなんて、指摘されるまで、分りませんでした.


悩みを、誰かに聞いてもらいたいだけだったのに、そうハッキリ言われて、自分のことで、周りの人まで暗くしてはいけないなぁ、と反省、でも、聞いてもらいたい......



これから、貸家まで行きます. ゴミ関係で行くのは、これが最後だと思う.



こんな感じで落ち着いたが

Posted by tomoshiggy2 on 03.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback

927.jpg
という訳で、こんな感じに落ち着きました.


924.jpg
家の向かって右側には、コンティナーに入りきらないゴミが、まだまだ残ってますが、そのゴミを隠した、この写真でセールに出してみようかな. 


不動産会社を通して売りに出す予定ですが、会社や、エージェントを頼らずに、自分でも、広告を出して、集客してみようかと思ってます.  去年、修理したばかりの家を、不動産会社の雑誌に載せて、売りに出しましたが、たぶん一件の問い合わせもなかったと思います. 売りに出した期間も短かったこともあるけど、あの時、自分でも、人まかせにせず、ドンドン広告を出せば良かったかな、と、後で少し後悔.


今回は、値段も手ごろなので、バイヤーはすぐに見つかるのでは、と期待してます. 



それと..... 


今回のセールの件を、別のエージェントの意見も聞いてみようか、と考えてます. 今の人は、すごく親切な方で、いろいろ助けてもらっているのですが、セカンドオピニオンは聞いても、無駄にはならないですし、実は最近のゴミの件、別の貸家の件で、???ということがあり、この人大丈夫かな?と思うことがあったのです.


ゴミの件ですが、彼女がオーダーしたコンティナーのサイズでは、全部入りきらないのは、一目瞭然です. 追加料金のことも聞かされていなかったし、コンティナーの到着日も連絡もなかった. 


そして、家二軒の修理の件ですが、私は、メールで電話で、ハッキリと断ったのにも係わらず、修理がすでにされてました. 


業者にも、E-メールでキャンセルの連絡をしたのに、私に確認もしないで、仕事をするとは、一体どういうことでしょう??? これについては、いろいろありすぎて、それを一々書く気にはなれませんが、このことで彼女に対して、やや不信感を思ったのです. これは故意ではなく、単なる彼女の勘違いで、仕事の発注をしたのだと思いますが、お金を支払うのは、彼女ではなく、会社でもなく、私個人なんですよね. これで、私の生活が、ますます厳しくなりました.


そう言うことあって、この古い家の、彼女が決定した、売りの値段が妥当なのかどうか、別の人の意見を参考にしたいと思ったのです.


もう一つは、火災保険の件で、保険会社と相談しましたが、貸家のダメージはカバーしないと言われました. が、一応クレーム出して見てと、書類が送られてきたので、そのペーパー・ワークをしてました. 家賃は入らない、修理は自腹、保険はカバーしない、...... 貸家なんてもうコリゴリ~



山は越えた?

Posted by tomoshiggy2 on 02.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
本日は祝日(LABOR DAY). 昨日までの、猛暑がウソのように、今日は、かなり気温が下がったので、今日こそは、ゴミを全部片付けるゾ~と、意気込んで、貸家までやって参りました.

9211.jpg
ジャンクの後片付けを、この二人も手伝ってくれました.


ダンプスターに入りきれないゴミ・ガラクタを、ピックアップトラックに積み込んでます. 下の娘も、今回は、珍しく、ボランティアしてくれました. 二人は、ゴミの量の多さに、どこから手をつけて良いか、しばし呆然....... でも、少しづつ片付け始めたのです. 


9216.jpg
上の娘は、過去何度も、引越しを経験しているので、ジャンクの後片付けは、手馴れた感じです. 力もあるので、こういう時は、結構頼もしい人. 



もう一組、頼もしかったのは、この方々です.

9215.jpg

「Metal Scraper」という人がいるから、ネットで探してみれば?と、業者の人に、教えてもらいました. 早速「METAL」で検索してみると、該当がなかったので、私は「FREE METAL」で、広告を出してみました. 

広告を出したら、すぐに数名の方からEメールとテキストを貰いました. その中で、「METALを、これから取りに行きたい」電話連絡があったので、貸家の住所を教えました. 私は、てっきり男性だと思ってたら(男性にしては、声が高くて柔らかいなぁ~とは思ったが)、おばさん二人組だったので、ビックリ. 


9210.jpg

二人は、金属ではない物も、古いTVも、処分に困っていた、古いマットレスも、持っていってくれ、お陰で、ずいぶんとゴミが減りました. 今から思えば、いろんな物を、袋に詰める前に、彼女達に連絡をすれば良かったな~と思ってます. 今後はそうしよう. この人たちは、金属を集めて売る仕事をしているようです. 鉄くず屋と言うのかな? 


9214.jpg
写真では、分りづらいが、彼女達のトラックは、かなり年季が入っていました. タイヤの溝がありません. 住んでいるところは、かなり辺鄙な、ここから、1時間ぐらいの、本当に何にもない、小さな町(一度行ったことがある)そんなところから、わざわざやってきたのです. 無事に着いてくれよ~、と祈るしかありませんでした. 


さて、ダンプスターは、ゴミで一杯になりました. 私も数袋、持って帰ったのですが、まだあるのです. 残りは、上の娘が、BFくんのトレイラーを借りて、今週末に全部片付けてくれるそうです. 彼女の言う、近いうち、には、いろいろ幅があるので、少し気長に待っています. でも、本当に感謝してます. ゴミ問題の山は越えたと思う. パチパチ


いろいろあって、これをアップするのに、2日もかかってしまった.



ダンプスター

Posted by tomoshiggy2 on 01.2013 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
貸家のドライブウェイに、ダンプスターと呼ばれる、特大サイズのゴミ用コンティナーが置かれてました. このコンティナーに、集めたゴミを、投げ入れるのです. 特大と言っても、容積に限りがあるので、上手に詰め込まないと、すぐに一杯になりそうです. これに入りきらない場合は、追加料金を支払わないといけないそうです.

8297.jpg
奥にあるブルーのコンティナーがそうです.


915.jpg
この男性二人は、人々が要らなくなった物を、


8296.jpg
電話一本で、こんなトラックでやってきて、無料で持っていってくれます. 但し、貰っていくアイテムには、基準があるらしく、古いTVとか、ベビーベッド・ベビー・カーシートとかは持っていってくれませんでした. しかし、これでずいぶん助かりました. これらを回収後、手直しして、リセールするようです. 


こんな業者がいることを教えてくれたのは、私が見積もりが高くて断った業者の人. 業界のおじさん達から、教えてもらうことが、まだまだ多いですね. 







朝から30℃

Posted by tomoshiggy2 on 01.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
朝の8時頃、犬達を庭に出すために、外へ出たら......  うわぁ~、暑い、すでに30℃近くはいっている~、ぐらいの温度. この日の、日中の温度は、軽く38℃はいったと思います. 

916.jpg
犬達は、一日中、家の中でゴロゴロ.


917.jpg
一番涼しいところを知っている. 中西部一幸せな犬達. 



このぐらい暑いと、ハチもハエも、いないですね. 



 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR