モチ・シャンプーする

Posted by tomoshiggy2 on 31.2013 ペット 0 comments 0 trackback
モチ君をシャンプーすることに.(初) いつもは、トリーマーでシャンプー・カットをしてもらっていたと言うモチ君. うちでは、そんな贅沢は出来ないので、いつもの青空シャンプーです. 嫌がって、逃げ出したら困るので、一応リーシュにつなぎました.  


モチ君、すごく大人しい! 全く抵抗がありません. ボビーよりずっと扱いやすいので、ラクチンでした. ただドライヤーの音が怖いらしく、その時だけは、逃げ回ってました. 次からは、ベースメントのシンクで洗っちゃおう.


5_30_13 016
頭の先には、ACの排気口があります. 涼しいところをちゃんと知っている!


5_30_13 017
シッポのフサフサが戻ってきました.


しかし、モチの抜け毛はすごい. 掃除機をかけたら、その毛で一杯になります. ダイソン・アニマルがあって、本当に大助かりです. これから大活躍しそうです. モチ君、本当に可愛いですね~ 話しかけると、目をパチパチ、首を45度斜めにかしげ、いかにも 「何?何ていったの?」みたいなしぐさが、本当に可愛い. 口が横に広がっているのも愛嬌があります. 


ところで、ベア. ベアの回復力は、すごいです. ドクターに、傷口を掻くようだったら、首にカラーをしないといけないので(エリマキトカゲのような)連絡してくれ、と言われていたのですが、掻いている様子はいまのところありません. この犬は、サバイバー犬、辛抱強い犬です. ただ、人に懐かない犬. モチ君や、隣のロキシーのように、目が合うと、シッポをフリフリ、擦り寄ってくる、可愛いらしい犬じゃないのです.


心配になって、様子を見に行っても、何となく疲れたおっさんのような顔で、フンと横を向いたままの時もありますし、名前を呼んでも、無表情、顔さえ上げない時もあります. 人間のペットとしては、ちょっと退屈かも.


5_30_13 015
最近は、こういう図が、定着しつつあります. リーシュつきのベア、横になるロキシー、そんな二匹を見ているモチ君. 


ある人のブログで、犬のダニを、液状ソープで取る方法を知りました. コットンにソープをつけて、ダニをしばらくカバーします. すると、ダニは呼吸ができなくなって死んでしまいます. ゴキブリとか、キッチンソープをかけて、退治することが出来ますよね? それを思い出しました. 


今まで、ピンセットで、一匹づつ捕まえていたけど、その間に、ベアがモゾモゾ動いたりするので、なかなか全部のダニを取り除くことが出来ませんでした.(特に小さいもの) ダニ・ノミ用シャンプーをする時に、洗った後すぐに流さず、10分ぐらいそのままにしておくと、ダニが死んでしまうんじゃない? 今度そうしてみよう. 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

待っている間に

Posted by tomoshiggy2 on 30.2013 買い物 0 comments 0 trackback
ベアのピックアップまで1時間40分. 家に帰って、出直して来るには、中途半端な時間なので、その間、近くのスーパーマーケットの、ガーディニングコーナーに行ってみることにしました. そこで、檸檬の木を発見! しかし、ミズリーの冬には耐えられないようです. あ~ぁ、残念!


そして、久しぶりに、グッドウィルへ. そこで、この小さなカップを発見. メーカーが書かれてなかったけど、一個3ドルだったので、これはたぶん、ファイヤーキングかパイレックスか?な 


5_30_13 007
細長くて小さいカップ、一体何に使うのでしょうね? 分からないけど、絵柄が好きだったので、買い. 


5_30_13 002
そして、コレ. テーブル? プラントスタンド? お値段4ドル


5_30_13 010
コーヒーテーブルとして使えそう. でもテーブルの幅が狭いので、気をつけないと、カップが落ちてしまうかも.




5_30_13 012
これが。わが家の、何にもないリビング. ここがもう少し広かったら、ネ.



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ベア動物病院へ

Posted by tomoshiggy2 on 29.2013 ペット 2 comments 0 trackback
ベアの傷は、何となく癒えて来ているようだけど、その後のインフェクションが怖いので、今朝、その件で、動物病院に電話をしたら、今日の午後2時半ならOKと言われて、さっそくいって来ました. ドクターは、ベアの傷を見るなり、これは酷い、これはかなり痛むはずだから、軽く麻酔をして、毛を剃ってみる. しばらく預かるので、2時間後に迎えに来てくれ、と.



5_29_13 004
これが、毛を剃った後の傷. 毛で隠されていて見えなかったけど、こうやってみると、かなりのダメージ.


5_29_13 001
麻酔がまだ残っているのか、ダルそうなベア


5_29_13 002
耳の真下から、大きく齧り取られてます.


5_29_13 003
この傷口に消毒スプレーをするのは、容易ではありません. 診察料・薬代=$110でした. 思っていたより安かったので、少し安心. このドクター、ボビーの時もお世話になったけど、何となく良心的な感じがする人. 


5_29_13 005
飲み薬(10日分)とスプレーをもらいました. 


5_29_13 011
麻酔から醒めたら、少し元気になりました.


5_29_13 012
熊か何かに、張り倒されたような傷.


ベアを、完全に家の中で飼うのは、ベアのダニを全部抹殺してからです. しかし、今問題なのは、トイレです. 一度出してしまうと、帰ってくるまでに、時間がかかりそうだし、呼んでもなかなか戻ってこないので、しばらくリーシュをつけて、連れ出さないといけないかも......  とりあえず夏の間だけでも、そうしてみよう. さもなければ、森の奥深くまで、ドンドン入っていくので、ダニの餌食になるのです.


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

一体何があったのベア?

Posted by tomoshiggy2 on 27.2013 ペット 0 comments 0 trackback
ベアに一体何が.......!?

5_27_13 001
前の晩は、普通だったので、これはきっと今朝の出来事です. どこかで擦り剥いたのかな、ぐらいに思って見て、よくみたら.........


5_27_13 002
他の犬か、或は何かの動物に咬まれたのか、毛が抜け落ち、皮が大きくはがれ、肉が見えます. 


生憎、本日は、公休日で、動物病院はお休みなので、アンティセプティクの薬で、傷口を消毒しようとするが、傷口が痛むのか、そこは触らしてくれません. でも、どうにか、周りの血を拭き、周りだけ薬を塗ったのです. 


頭を触ってみると、熱っぽいし、何だか元気もありません. ただベッドにジッとうづくまるベア. アスピリンを与えると良いと聞いたので、アスピリンを一錠与え、様子を見ることにしました. すると、薬が効いたのか、少し元気になり、食欲も出てきたようで、ドッグフードもペロッと食べてくれました.


一日様子を見て、良くならなかったら、明日、動物病院に連れて行くつもりでしたが、明日、私は、仕事で外出しなければならないのです. ちょっと心配だけど、病院にいくのは翌々日になりそう. 


この怪我があって、ベアを家の中で飼おうかと、ますます、思うようになりました. 放し飼いの方が、ずっと楽なんだけど、それにはいろいろ問題もあるしね. もうちょっと、リビングが広い家だったら良かったんだけど.


モチ君とは、仲良くやっていけるかな. モチ君の抜け毛だけでも、大変なのに、二匹ともなると...... 考えただけでも、恐ろしい........


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

LIFE OF PIE

Posted by tomoshiggy2 on 26.2013 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback

life of pie
Life of Pie


マイナー映画専門の私には珍しく、最新の映画・笑 LIFE OF PIE を観ました. 今年のアカデミー賞監督賞を取った作品ですよね. さすが、リー監督、画像が美しい、特撮の技術も素晴らしい、けど内容の方は? もう一度観たいとか、心に残るシーンはあまりないのですが.......


インド訛りの英語に、アレルギーがある人(私)には、別の意味で、心に残ってます・笑......  その英語は、レストランにやって来る、インド人の方々を思い出させます. インド人の方々は、アレコレと特別注文が多い割には、チップが少ないので、お客様ワースト3に入ってます. 中国人もワーストのメンバーですが、彼らは、料理には、アレコレと注文をつけないので、インド人よりはマシかも知れません. 他には、南米人・ご老人一行・ティーンエイジャー達などが、要注意カテゴリーです. 



インド人の、ほとんどの方がベジタリアン、宗教上の問題で、どんな料理にどんな肉が入っているか、気にする人が多いです. つい最近も、インド人の家族6人がやってきて、シェフが、わざわざ、肉なしの、スープを特別に作ってあげたのに、チップがアレでは、次からは、誰もそんなサービスはしないでしょう. 


インド人って、教育熱心で、頭の良い人が多い、ようですが、そういうところは、もう少し敏感になって欲しいなぁ~. 映画の話から、こんな話になってしまいましたね.



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


リーシュが必要なのはどっち?

Posted by tomoshiggy2 on 25.2013 ペット 0 comments 0 trackback
5_25_13 001
ボビーのベッドでくつろぐ?モチ君.

5_25_13 003
狭いけどしばらく我慢してくれ.(本人のベッド、只今洗濯中) 


トイレット・トレーニングは、数回、失敗しましたが、出来るだけ、頻繁に庭に出すようにしたら、少しコツをつかんだようです. 一日にどのくらい出せば良いか、私もまだ勉強中です. 小型犬は、トイレの回数が多いかも. 庭に出たい、と合図してくれたら助かるだが.....

庭に出しても、名前を呼ぶと、ちゃんと帰ってくるので、最近は、リーシュなしでもOKです.


5_25_13 006
午後から、天気が悪くなり、雨になりました. 雷の音が(かなり遠くでしたが)聞こえた途端、私のベッドの下にもぐり込むモチ.


5_25_13 009
名前を呼ぶと、顔だけ出した.


リーシュが必要かも、と思っているのは、実は、ベアの方なんです. 気温が暖かくなると、深夜近くになっても、家の中に入ろうとしないし、名前を呼んでも、無視~・逃げていくのです. これまで自由にさせていましたが、これからは、少し行動範囲を制限するべきかな、と思ってます.


この辺りで、放し飼いの犬は、ベアと隣のロキシーだけですが、ロキシーは、忠実な犬なので、飼い主が名前を呼ぶと、脱兎のごとく、家に帰っていきます. 又、飼い主の車が、家のドライブウェイに入るのを見ると、スタスタと帰っていきます. ベアは、そこまで忠実ではないのです(誰に対しても). 人に噛み付いたりするような犬ではないが、やはり飼い主の命令には忠実であるべき......


行動範囲を制限したい、もう一つの理由は、犬にくっついてくるダニのこと. 取っても取っても、ダニが付いてくるのです. ダニが付かない薬を塗っていても、森の奥深くまで入っていくので、あまり効果がないのです. 


5_25_13 004
土の中に杭をさして、紐を留めます.


5_25_13 005
紐の長さは、10mぐらいはあります. この辺りの木陰だし、芝にダニ・虫の駆除剤を撒いたら、ダニの被害も少なくなると思うのです.


5_25_13 007
庭からデッキにも入れるぐらいの長さがあります.

5_25_13 008
自由にさせるのが、犬にとっても幸せなんでしょうが、人間と暮らす以上は、行動規制しないといけないかも. しばらく、夏の間だけでも、やってみようかな. 温厚で、忍耐強い犬なんですが、いつも忠実ではない、というのは、ペットとして、最大の難です.


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村 

+1.00の眼鏡

Posted by tomoshiggy2 on 23.2013 買い物 2 comments 0 trackback
私は普段、遠近両用のコンタクト・レンズを使ってます. このマルチレンズって、矯正が難しくて、遠くが良く見え、手元の文字も読みやすい、という理想の形には、なかなか成り難いようです. 一年に一回の目の検診の時に、「遠くが良く見えないので、運転(特に夜間の)が困難な時がある」と言ったら、コンタクトの度を強くしてくれたのですが、そうすると、今度は小さい文字が見えなくなりました. 


リーディングは、明るいところでなら、OKですが、それ以外は、眼鏡が必要です.


5_15_13 007
そこで、コレ. 

この眼鏡は、度数が+1.00と画期的. なぜなら、今まで、+1.25~1.50が一番弱い度数だと思っていたので、+1.25のものを買ったのですが、コンタクトを着用している私の眼には、これでも、やや強い感じがして、使ったあと、頭がボ~ッとすることが多かったのです.


この、+1.00は、私にはピッタリ. これで読書も進みそう~.



5_20_13 009
失くしても良いように、3つ追加で買ってきました. お値段、一つ200円(買うでしょ~) 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

雷こわい

Posted by tomoshiggy2 on 22.2013 ペット 0 comments 0 trackback
今週の月曜日の夕方、私の住む地域を襲った、サンダーストームは、かなり強力でした. 雷の、バキッという音と共に、焦げ臭い臭いがしたので、近くに落ちたかも知れません. 幸いにも、以前のような停電にはなりませんでした. が、直後に、わが家のインターネットが不通になりまして、業者に即連絡を取り、修理屋さんが来て直してくれるまでに2日半かかりました. 


この人も、雷雨で迷惑しました.

5_20_13 005

5_20_13 003

5_20_13 004
モチ君

娘が居ない間に、勝手に毛を切ったら、「何てことをするの~、もう~」と、怒られてしまった. お願いだから、頭と顔だけは触らないで!と...... 耳とフリフリのシッポを、バッサリ切ってしまった私.

5_9_13 001

5_9_13 020
これが、わが家に来たとき

10_2012 735
これは去年(写真by友)


モチ君は、その夜、雷が怖くて、部屋の隅で不安そうでした.


5_20_13 001
先ず雨が降り出したので、ロキシーが雨宿り.


5_20_13 002
この辺までは、まだ余裕があります.


5_20_13 032
その後、豪雨になり、雷がピカッ・ゴロゴロと、容赦なく、鳴り響き渡りました.


5_20_13 002
私のベッドの下にもぐりこむモチ君. 

5_20_13 001
暗い哀しい顔をして、ジッとしてます.


頭をなでなで、体をさすってあげても、やっぱり不安いっぱいのようでした. 実は、私も、雷怖い~


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

鬼の居ぬ間に

Posted by tomoshiggy2 on 18.2013 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback
「アップスティアーズ......」を、もっと豪華に、ソフィスティケイテッドにしたのが、このドラマです.

downton.jpg
Downton Abbey 2010年

こちらもTVドラマでして、私はエピソード3までは見ました.(最新はエピソード4) DOWNTON に比べると、アップの方は、地味で泥臭い感じはありますが(なんせ45年前のドラマですので)、どちらも、当時の人々の暮らしと、社会背景が分かって興味深いドラマです.

DOWNTON に、タイタニックの遭難事故のエピソードが出てきます. 当時は決して沈まない豪華客船として、貴族の方々も沢山乗船していたようです. (映画タイタニックでも分かるように)その客船が事故に遭った時、真っ先に救命ボートで救出されたのは、貴族の方々でした. しかも、その救命ボードは、数に限りがあるにも係わらず、貴族の方々は詰め込まれるのがお嫌いらしく、余裕のある間隔をとって座ったため、助かるべく人々も犠牲になってしまったのです. 


アップのエピソードに、上の家族が、旅行か何かで、家を空ける日があります. その日、下階では、「鬼の居ぬ間に.....」のドンちゃん騒ぎパーティーが始まります. 日頃の憂さ晴らしは誰にでも必要です. 気兼ねする人が居ないって何て幸せなの~. 日頃、規律正しい使用人長でさえ、思いっきりリラックスしている. そういう人の顔って、本当に幸せそう~. 


しかし、お酒も入っているせいか、だんだんエスカレートしてきます. ローズとセーラは、女主人のドレスを試着したり、男達は、飲んでグタグタになったり....... と、その時、上の家族の息子が帰ってきて、チャンチャン、という一話でした.


私がパートで働くレストランでも、似たようなことがありました. オーナーと、シェフ長らしき人が、お休みだった日があり、こんな日は滅多にナイゾ~、さ~て、リラックスするべ~と、上のエピソードみたいになりました. お客は入って来るので、さすがにドンちゃん騒ぎには、なりませんが、みな和気藹々ムードです. ちなみに私がセーラなら、ローズは中国人のSさん・笑 


Sさんは、私の面倒をかな~り見てくれてます. その面倒の見方は、昔TVで見た、モンゴルか、中国の山奥に住む人の子育てに似て、幼い子供に、自分が咀嚼した食べ物を与えるような面倒の見方.(単なるイメージ1)


Sさんは、台湾では、カラオケ・スナック・バーを、数軒、共同経営しており、ホステスさんも、常時10数人雇っていたそう. そのせいか、接客業はさすがに上手です. かつての常連さんには、ポリスもヤクザさんもいたが、ヤクザさんの方が、ポリスよりもずっと良かったとか・笑 ヤクザとカラオケのデュエットした、と言って、空マイクを片手に、「オオサカ~」と、演歌のような節で歌って、笑わしてくれました.(日本語はそこだけでしたが)


Sさんの実姉も、週2ペースで働いていますが、姉は、姉妹でこうも違うのかと思うぐらい、妹とは真逆なキャラです. 姉は、中国の悪女帝・西太后を思い出させます. 激しいテンパー、夫が稼いだお金を自らの遊興費に使うような、悪女のイメージがあります.(イメージ2) 不思議なキャラを持つ人.

セイタイ
西太后



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

アップスティアーズ・ダウンスティアーズ

Posted by tomoshiggy2 on 17.2013 DVD・本・音楽 0 comments 0 trackback

upstars and downstairs
「Upstairs Downstairs」1971年

このドラマ、5シーズン(68エピソード)と、かなり長丁場.

この英国TVドラマの舞台は、1900年代のロンドンの貴族の大邸宅. 上は貴族が住む世界、下は、その貴族の生活を支える使用人達の世界. 同じ屋根の下で暮らす人々の生活は、上と下で、はっきりと区別されてます. 
 

ドラマの冒頭シーンで、一人の若い女性が、メイド募集の面接に、訪れるシーンがあります. 彼女は、使用人用のドアではなく、正門の扉をノックします. 扉を開けてくれたは、バトラーらしき男性は、その女性を一瞥して、無言で、違うドアへ行けと、あごで指示します.


このシーンは、この新人メイドの、その後の人生を示唆する、興味深いエピソードの一つです. あの時代、使用側と使用人の入り口は、きっちり分けられていただうと、想像に難くないのに、正門の前に堂々と立つ女性. 単なる世間知らずなのか.....


upstars and downstairs2
ローズ(左)と新人メイドのセーラ


新人メイドは、自分の名前を、Clemence Dumas、と名乗ります. このフランス風な名前を聞いて、他の使用人達は、「こんな変な名前なんて、聞いたことがない」と、首を傾げます. さらに面接の時に、女主人に、この名前はメイドには相応しくないから、セーラと言う、平凡な名前をつけられてしまいます.


使用人全員が集まって、食事をする時に、使用人長が、セーラを皆に紹介します. セーラは、自分は半分フランス人である、とか、以前はシャトーに住んでいて(使用人として)、母親はジプシーのクイーンだった、とか、いろいろ話すのです. (誰も信用していない感じでした)

「フランス語話せる?」と聞かれて、「ええ、もちろん」と答え、「じゃ、何か話してみて」と言われると、「今度ね」と逃げてしまう...... 「半分フランス人で、フランスに暮らしていたなら、フランス語も話せるはず」と問い詰められ、突然、フランス語の歌を唄ってごまかすセーラ.


セーラの、身の上話しは、夢見る夢子ちゃん的で、現実の彼女とのギャップが大きく、それが面白く可笑しいのです. 後に、彼女の極貧な幼少時代、病気の父親を看取った過去、まともな教育を受けていないために、字が読めず書けないこと、などが分かります. セーラは、突拍子も無いことをやらかして、周りの人をハラハラさせたりしますが、彼女の常に堂々と、物怖じしない態度は、好感が持てます.  


こんな一風変わったセーラを、自分の妹のように、何かと面倒を見てくれるローズ. ローズは、自分の立ち位置を理解していて、堅実で賢い、冒険をしない、セーラとは、正反対なキャラな人. セーラは、数回のエピソードを通して、使用人世界をいろいろかき回した後、「使用人の世界より、もっと別の人生を歩みたい」と、外へ飛び出していきます. そんなセーラを、「困ったことがあったら、いつでも戻って来て」と送りだすローズ.


解説によると、セーラは後に再登場するようですが、セーラが出て行ってからの、ドラマは、やや退屈になったので、今は見るの一時中止してます. 
 

私のキャラは、どちらかと言えばセーラに近いと思います. 彼女の夢見る夢子ちゃん的発想は、自分を見ているような気がしないでもない. 彼女の、良く言えば上昇志向、悪く言えば、現状にいつも不満足、ない物ねだり. 時々周りをハラハラさせるし、常識はずれな行動をとる.....  それって、私じゃ~ン!(いまでもそんな感じです)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


庭仕事とペットで一日が終る

Posted by tomoshiggy2 on 16.2013 庭仕事 0 comments 0 trackback
先週は少しバタバタしましたが、体調も元に戻ったので、再び庭仕事に戻ってみました. 気になっていた、先日、友が送ってくれた、しそと枝豆の種を、ようやく蒔くことに.......

5_15_13 004
しそと枝豆の種

5_15_13 008
プランターの土を買ってきて、早速植えてみました.

5_15_13 010
しそ

5_15_13 011
枝豆. 収穫が楽しみ~


それと、


5_15_13 005
ベアのダニも気になっていたのですが、ダニよけのカラーが効いているのか、見つけたのは、一匹だけ. その後、ガッチリ・ゴシゴシ・シャンプーをし、ダニ用ドロップを背中に塗りました.(毎月一回を3ヶ月)それでも、時々ボディーチェックが必要です.


これから、


5_15_13 001
モチ君をシャンプーし、ダニ用ドロップを背中に塗ります. 真ん中のボトルは、目の下の汚れを落とすクリーナー(Tears stain remover)、右はデンタルケアー用のビスケット


5_15_13 002
口の中のバクテリアを殺菌するので、お口爽やか、口臭も消してくれます.


時々耳の中をクリーンしないといけないし、ペットの世話もなかなか大変で、何かとお金がかかります. でも、犬に洋服をつけさせたり、リボンをつけたりすることは、私はしないと思います・笑 ただ、清潔でヘルシーな生活と、精一杯の愛情を注いであげるだけです. 


さ~て、これから、続きの芝刈り、そして、雑草の駆除をしないといけません. それだけで、クタクタ・ボロボロになりそう~、その後の夕食の準備なんて、できる? 私は出来ない




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ご対面

Posted by tomoshiggy2 on 15.2013 ペット 0 comments 0 trackback
5_15_13 002
ワクワクしながら、外の景色を眺めているような、この後姿が、なんとも言えず可愛いのです. 
 

5_15_13 001
夜寝る時だけは、ゲートをしてます.


5_15_13 006
よく寝る子じゃのう~


5_15_13 005
外で遊ぶのが大好き. でも目を離すと、遠くまで行ってしまうので、要注意です. モチ君を外に出した時、ベアがウサギを見つけて、突然猛ダッシュしたのにつられて、モチ君も追っかけてしまい、そのモチ君を必死に追いかけた私...... チビなのに、足は速いのです. 名前を呼ぶとちゃんと戻ってくるので、その辺は助かってます.

 
5_15_13 003
ベアとロキシーとご対面. ベアは無関心ですが、意外にも、ロキシーは、ウ~ウ~と威嚇. でも後は大丈夫でした.


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

まだ風邪

Posted by tomoshiggy2 on 11.2013 日々のこと 3 comments 0 trackback
気分が、だいぶ良くなったので、風邪薬を飲むのをやめたら..........  また、体がゾクゾク、悪寒がしてきて、頭はボ~っとするわ、咳は出るわ、鼻水は止まらないわで、風邪が戻ってきたようです. 油断してしまった.


なので、再び、お薬の世話になってます. そして、そんな時に限って、普段はあまりないことを、頼まれたりするんですよね. 「母の日」には、オーナーから、働いてくれと頼まれたので、行ってきます.


友が、送ってくれた、野菜の種も届いたのに、そのお礼を言うのも遅れて、本当にゴメンなさい. そして、いつもいつもありがとう! 来週、プランターの土を買ってきます. 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

一時預かり?

Posted by tomoshiggy2 on 10.2013 ペット 0 comments 0 trackback
新顔?

5_9_13 011
ボビーの、かつてお気に入りだったスポットにいるのは、モチ. (ペキニーズ・2才)


5_9_13 014
娘の子犬ですが、しばらく預かることになりました.


5_9_13 009
この「しばらく」が、どのくらいの期間なのか、少し曖昧です. ベア、ボビーも、そんな感じで、面倒を見始めたのですから.


5_9_13 015
タレ目とペチャ鼻に、愛嬌があります.


5_9_13 020
少し歪んだ下唇から、下歯が飛び出している、その顔は、ある人物を思い出させました.


その人は..............




hunchback.jpg
Quasimodo カシモド(ノートルダム寺院のせむし男)


そう言ったら、娘に、さんざん怒られました! でも、似てない? オカッパ頭に、ガニマタで歩く後姿には、(可愛くて)つい笑ってしまうんだけどね. 鼻ペチャのせいか、鼻息が荒い.


5_9_13 012
オカッパ頭



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

平凡な平日

Posted by tomoshiggy2 on 09.2013 日々のこと 0 comments 0 trackback
数日間、体調が悪くてダウン.....  去った日曜日の夜あたりから、悪寒がして、体がゾクゾクするなあ~と思っていたら、翌日から、お腹の調子も悪くなり、咳が出て、体がだるくて、体の節々が痛くて...... そんな週に限って、レストランのオーナーから、人手が足りないから、働くようにお願いされまして..... 気分は最悪だったのですが、行って参りました.


おまけに一つ面接のアポの電話が入りまして、普段は全く何もない、私の超平凡な平日が、今週は、なんだかんだといろいろありました. 


この数日間で、しみじみ思ったことは、今は、自分の健康と、信頼できる車が頼り...... そう、私は荒野の一軒家に住んでいるのです. 数日、芝を刈らないと、大変だし、ペットはダニだらけになるし、ゴミはたまるし、家は汚れてしまう...... 幸いにも、今は少し気分が良くなりまして、こうやってブログも書けるようになりました、って、一応報告まで.


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

秘密は高温

Posted by tomoshiggy2 on 04.2013 日々のこと 2 comments 0 trackback
以前の私のパン作りには、数々のミスティークがありました. 1. 醗酵時間が短かすぎ、2. 醗酵温度が高すぎ(オーブンの暖め機能を使ったら)、3.ベンチ時間をしっかりとっていなかった. それが、イマイチ美味しく焼けない原因でした. 原因ありすぎ? それらを改善したら、分量は以前と同じでも、大きさと、柔らかさが違ってきたのです. 


確かに、お水の代わりに、ミルクや生クリームを代用すると、柔らかいパンが出来ますね. 醗酵温度は、天気や、部屋の温度も影響するので、いつも同じ大きさになるとは限りません. でも、それだけでは、なかったのです.
 

クックパッドという、レシピのサイトに、パンは高温で焼け、とありました. 高温であればあるほど、良いそうです. その人は、300℃ぐらいまで調節可能なら、さらに良い、と言ってます. 


300℃なんて、何F°になるのでしょうか? ふつうオーブンには、BROILという機能がついていて、これが一番高温(500F°ぐらい)だと思うのですが、これは、上から直接、焼く感じなので、料理に焦げ目をつけるのには良いのですが、オーブンのように、全体を暖めるのではないので、これは使えないと思うのです.


どのレシピを見ても、こんな高温設定は見たことがありません. しかし、この方のレシピを使った方々の感想も載せてあり、「珍しいレシピでしたが、美味しく焼けました」とか、あったので、私は、思い切って、このレシピに挑戦することにしました. 


私は、ふつうレシピに通りに、350F°(180℃)で焼いてます. 普段の料理でも375F°以上には設定したことがないので、これ以上は、未知の世界. なので、何F°にしようか迷いましたが、先ずは400F°(200℃)に挑戦することにしました. 

レシピには、300℃にすると、焼き時間は5~6分なので、オーブンから目を離さないように、と注意書きがあります. (それは、そうでしょうね)


さて、400F°になったオーブンに、パンを入れてみました.
5_4_13 001


入れた途端に、パンが、まるでお餅を焼いたように、すごい勢いで、プっーと膨らんできました. 膨らみすぎて、爆発したらどうしよう、アルミのベーキングトレイが、熱でひん曲がってしまったらどうしよう(はじける音がしたので)、などと、オーブンの前で、オロオロ心配してましたが、それは大丈夫でした. でも、ガラスの耐熱皿を使った方が良かったかも知れません.


5_4_13 003
相変わらず不恰好(焼き時間は10分ぐらい)


さて、お味の方はいかに? 何と、今までの中で、一番美味しいパンが焼けたのです! フワフワで、冷めてもいけます. 以前、オーブンの上と下に分けてパンを焼いたことがありまして、その時に、上の方のパンの味が良いなあ、と思っていましたが...... 秘密は、高温で焼くことだったのですね! やっと、私の理想のパンに近くなった味です. 教えてくれたレシピの方、本当にありがとう!


今回、初挑戦したことが、もう一つあります. それは、2次醗酵の時に、沸騰したお湯を容器に入れて、下の段に置き、その蒸気で醗酵する方法. それだと、パンが乾燥せず、湯気でしっとりと醗酵します. しかし、膨らみは少し足りなかったような気がします.(醗酵時間は少し長めにするべきだったかな)


次回は425F°(220℃)に挑戦してみよう!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

新芽

Posted by tomoshiggy2 on 03.2013 庭仕事 2 comments 0 trackback
予報どおり、昨日の夕方から雨になりました. 気温もグッと下がり、今朝は5℃以下. こちらの天気予報は、かなり正確で、雨が降る時間も、だいたい予報どおりです.


(写真は昨日)

厳しい冬に耐えて、再び芽を出してくれた、私のしょぼい草花たち.

5_1_13 004
アザレア

5_1_13 002
ホスター1

5_1_13 003
ホスター2

5_1_13 006
松葉ボタン似の小さな赤い花が咲きます.

5_1_13 010
ライラック

5_1_13 001
なぜか今年は満開のアザレア



でも、まだ復活しない花木もあります.

5_1_13 008
ブーゲンビリア1 お隣のバラは、グングン育っているのに、なぜか芽を出さない. 

5_1_13 007
ブーゲンビリア2 こちらも同じ. 越冬できなかったのでしょうか? もう少し様子を見てみます.


5_1_13 005
ルピナス(だと思う)は死んでしまったようです. 


5_1_13 009
ここは、去年、中途半端で終ってしまったところ. 今は雑草だらけです. 先ずは、周りの芝を刈らないといけません.


5_1_13 011
写真ではよく分かりませんが、芝はかなりボーボーです. この家人が住んでいるの?と、思われる一歩手前かも. 両隣りに負けないように、頑張るゾー!と、掛け声だけはいつも良い.  



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ダニ退治

Posted by tomoshiggy2 on 02.2013 ペット 0 comments 0 trackback
ベアを洗った翌日、毛並みが、フワフワっと、いい感じになっていたので、手で触っていると、背中の真ん中辺りに、ゴリッとするものを感じました. 毛を掻き分けて見てみたら、何とダニ! もうすでにダニがいる!って、急いで手袋をはめて、ピンセットを準備して、戻ってきたら、もうベアはいません. 察しの早い奴です.


そして、今朝、(朝は案外扱いやすい)デッキで横になっているベアをリーシュでつなぎ、あのダニをピンセットで取り除くことにしました. 手袋をはめて触ると、感触が分からないので、手探りで、背中のゴリッとしたものを探します. 素手で犬のダニを探すとは、昔だったら、出来ないことでしたが、今では、「後で手をしっかり洗えばいいや」ぐらいの感覚で、平気になりました. 


ダニは、一匹ではなく、数匹いました. 背と腹のあたりに多いようです. 一匹づつピンセットでつまんで、圧殺しました. もうすでに、こんなにいるとは...... 油断してました! ベアは後ろ足で、盛んに、お腹をポリポリ掻いているので、たぶん、まだダニはいると思います. 明日、ダニ退治の薬を買ってこよう.



ダニは、人間にもくっついてくるので、芝の上、特に、木々の近くに行くときは、要注意です. 芝刈り機で、木の下を刈る時は、襟とか胸元はしっかり閉めるようにしてます. 服とか帽子についてきて、後で体にくっつく場合もありますので、庭仕事の後のシャワーは、体に何かついてないか、しっかりチェックが必要です. 寒いのもいやだけど、夏の虫も厄介です.


今、思ったんだけど、ベアをシェイブしてみようかな? ベアはショートヘアだけど、ベリー・ショートにしたらどうなる..... ダニが見つけやすいかも? バリカンもついでに見てこよう.


今日の午前中は、お天気が良かったのですが、午後よりサンダー・ストーム、さらに今後3日間は雨という予報なので、今日、芝刈りしなきゃ、わが家の前の、空き家の庭、状態になり、後で大変です. 庭仕事は、毎日少しづつやらないといけませんね~. 



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR