私が鯉なら....

Posted by tomoshiggy2 on 02.2017 仕事 0 comments 0 trackback
お金に縁のある人は、当然なんだけど、お金があるところを知っていて、いつの間にかスッとそこにいる........ まるで池の鯉が、人影を察するととス~ッと集まるように、餌のあるとことを知っているのです.

身近な例で言えば、オ夫人..... 金のある人(レストランで言えばお金を落とすお客のテーブル)をよ~く知っています. だから彼女は、小金が溜まり続けている. そしてほとんどお金を使わないようだから、ますます溜まり続けるのです.

しかし彼女の人生は、決して楽ではないと思います. ほとんど自分の時間はありません. でも、(前も言ったと思うけど)毎日働いている人生を不満に思っていない. それが私とは大きく違うんですね~. 私の週の半分しか働いていないが、それでも不満に思っている.


それより、何よりも大きな違いは、私にお金のあるところを知らない、あるところに住んでいない、ですかな.(ズバリ)


最近のこと、以前仕事を頂いていた、元祖・定額ガイ(覚えている?) あまりにも低額(異語同音ですね・笑)なので、去年辞めたのです. その後この方は別の方が見つかったようで、私と仕事の引継ぎをしてバイバイしたのです. そのガイの要望で、再び何かあったら私に連絡したい、ということになりまして、メールは保存していたのです.


そして、ある仕事の話がありました. しかし、あまりにも低賃金なので、「この人本気でこんな仕事を頼むの」って、即却下. それは件数は多いが単価が安い系のもの. 例えば、封筒を一枚作って3円とかそんな感じの仕事です.

たぶん一回コピベして貼り付けて5円だったか10円だったか、そんな仕事でした. 


次に、これが最近の依頼なんですが、これも同じく低賃金、でも単発ですぐに終了する内容だったので、「人助け」だと思ってOKいたしました. でもこれ一回きりでしょう. この人の金銭感覚、特に報酬の設定は、みみっちくてセコイ~...... 

実はもう一人、カムバックしてきた人がいます. この方は初期の依頼人の方で、こちらの方もかなりセコイ(笑)

もし、私が鯉なら、絶対に近づかない人たち...... こんな人たちと付き合っている限り、やっぱりお金には恵まれない.



お金持ちの周りにはやっぱりお金持ちしかいないように、トラブル人生を歩んでいる人には人が寄り付かないように、貧乏人と付き合うと、いつまでたっても貧乏です. 世の中そんな風になっているのです.




スポンサーサイト

2名のサービスマン

Posted by tomoshiggy2 on 25.2017 仕事 0 comments 0 trackback
この問題のラウター、2年ほど前に新品を購入して、インストールをしたのですが(正確には、インストールしてもらった)、このインストールに、かなり苦労した覚えがあります. なので、新品を買ってきても、私が即インストールできる可能性は低いので、ラウターをネット会社からレンタルすることにしました. それだと、もし故障したら取り替えてもらえるしね.


今回の問題で、2名のサービスマンの訪問を受けました. この二人のカスタマーサービスは極端に違いました.


どう違うかって?


最初の方は、点数をつけると2.5/5点満点.、中の下. 一応タスクは果たした、という方. モデムは問題ないのでラウターに問題がある、と言って、もう帰りの体制に入っていました. 確かに、ラウターはネット会社の問題ではないので、サービスマンには関係のないイッシュウなんですが..... 

私が「このラウターはまだそんなに古くないから、本当にラウターに問題にあるのか知りたい. もしあなたがラウターを持っているなら、それで試して欲しい」と言ったら、「OK」と言って、自分の持っているラウターで試してくれました.

サービスマンのラウターではネットにアクセスできるので、そこで初めて「私のラウター」に問題があるのが分かりました. でもそれって、私がそう言う前に、試して確認してみせるのが筋じゃない? それ以外にも、モデムを別の場所に移動するにはどうすれば良いかと質問したら、自分が持っているツールを見せて、これで外せるよ...... とだけ(やってみようかとは言わずに)
全体的に、自分の仕事外のサービスはしないという雰囲気があって、このサービスに満足ではありませんでした.


2日目に来たサービスマンはもうエクセレント! コミュニケーションはバッチリ、モデムのケーブルもサッと取り替えてくれました. 仕事はテキパキと早いし、問題解決いたしました. この方には5点(満点)を差し上げます. ルックスもこちらの方が好感が持てて(ハンサムだったし)良かったです.


もし彼らの仕事にチップが絡むなら、後者の方が沢山もらえるのは確実です. カスタマーサービスは、カスタマーの問題を解決して、ハッピーにするのが使命ですね. これは自分にも言えることなのです.


この対照的な二人の対応から、学ぶものがたくさんありました.

もっと貪欲に

Posted by tomoshiggy2 on 22.2017 仕事 0 comments 0 trackback
去年の今頃の私のブログに、レストランの仕事は週末だけにして、平日は在宅で働けたらな〜なんて、書いてありました. 現在、表面的には、その願いが叶っているのですが、悲しいかな現実は、決してそうではありません.

それはまだこの在宅業が、あくまでも、小遣い稼ぎ程度でしかないからなんです. こんな事をメインにしてはやっていくのは、自ら茨の道を選んでいるようなもの........ それが現実なんですよ. 


たとえば、オ夫人にように、もっと貪欲に(決してケチという意味ではない)なるべきでしょうね....  もし、彼女が私の立場だったら、レストランの仕事もフルタイムでこなしながら、こんな小さな在宅の仕事もやっているでしょう. 彼女の勤勉さ、粘り強さ、ディーティールを見逃さない用心深さ、同じことの繰り返しが苦にならない、果てしない金欲..... など、彼女から学ぶところは多いです. 


が、彼女の人生は働くだけ、家族との世界だけ、それだけ. そしてそれを不満に思っていない. 


幸せの基準は人それぞれ違うので、他人がどうこう言う筋はないのですが..... 本人がそれで幸せだと思えばよいことなのですが.... 私とは、全く違う世界で生きているんだなぁ、と思うこと、よくあります.


じゃ

削除

Posted by tomoshiggy2 on 10.2016 仕事 0 comments 0 trackback
隙間時間を埋めるために、今度は翻訳系の仕事を探しているのですが、今までなかなか声をかけてもらえず、「残念ですが、又の機会によろしく状態」が続いていました. 翻訳系って、かなり競争率が高いのです、よくあれだけ悪い条件に、人が集まるもんだぁ~と思うのだけど... 応募者の中にはすごい高学歴・キャリア人がいて、こんな方がこんなところで仕事を探しているのって驚くこともしばしばだけど...

で、ずっとサクラ散る状態が続いていたのだけど、やっと一件だけ、OKをもらいまして、賃金はもちろん激安なんだけど、一つでも実績を作っておかないと、と思って応募したのです. それがさ、文だけじゃなくて画像も組み入れるものだったとは、マニュアルを貰うまではわからなくて、しかも、そのマニュアル読んでもチンプンカンプンなわけ.... マニュアルどおりに、あるファイルをダウンロードしたら、今まで使っていたアプリが機能しなくなって、とうとうそのファイルを削除してしまったのです.


その後、この依頼人に理由を説明し、出来ればその作業を動画で教えてくれないか?と問うたのです. 日本語のマニュアルなのに意味が理解できないし.... 若い人には簡単でも、こんな年寄りには無理です.


それで、さっき、別件で応募したところが、どうなっているのかチェックするために、ログインしたら..... 何と、私にOKを出した依頼人のページから、私の名前が削除されていた!ってひどくない? 何の説明もなく、「あっこの人使えない~」と闇に消された人の気持ち、考えたことある?


こんな人、絶対に成功しないと思うよ.


後悔なし、あり(?)

Posted by tomoshiggy2 on 08.2016 仕事 0 comments 0 trackback
自分で決めて実行したことが裏目に出たり、後で後悔したりすることはありますよね. さて、今回の私の決断(仕事を減らすという)はどうだったでしょうか......

いつもなら、今頃はサザエさん症候群の真っ最中.... 明日から始まる一週間の仕事を考えて、憂鬱になっている頃. 当然だけど今は、それがありません. 一度は、時間を減らすより、いっそ辞めてしまおうか、とまで思ったのだけど、やっぱり除々に辞めていこうかな、という風に収まったのです. 

時間を減らすというのはずっと前から考えていたことですが、それはあるきっかけが無いと、なかなか切り出せなかったのです.  しかし、このきっかけが出来たのです. このチャンスを生かさないといけない、と思いました. あのオーナーの態度はアン・アクセプタブル~(受け入れられない)、事実を確かめもしないで人を非難するーというあの傲慢な態度!もう全てこれにつきます. 

これまでも何度かそんな態度はありましたが、そのたびに相手が態度を和らげてきて、それはそれでどうにかスルーしてきたのですが、今回はもうプチッと切れましたよ、えぇ切れましたとも... それでも私の気持ちは、言い出すのを躊躇する気持ちと、言うなら今しかない、という二つの気持ちに、その寸前まで、迷っていました. 

しかし、今は言ってしまったことを後悔してはいません.ただ、あの仕事に替わるものを漠然と考えているだけです. もちろん不安はありますが、再び元の生活に戻りたいとは思いません.

もう一つの理由は、今週から始めたある在宅の仕事が、秘境・ザ大奥のような(笑)、かなり規律が厳しい世界のようで、今までのように独断で勝手きままにできる感じではありません. 和気藹々な雰囲気ではなく、丁重な言葉遣いの下に、ビジネス重視、失敗は許されない冷酷な感じが文面から伝わってきます. そいいうところでは必ずドジを踏む私なので、それに慣れるために、今週は休みたかった、というのもあります.


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR