最近の在宅2

Posted by tomoshiggy2 on 15.2018 仕事 0 comments 0 trackback
在宅の仕事が減り続けているので、再び募集サイトを見てみました. 募集内容から、ビジネスの流れは確実に変化していることが分かります. 「電話で問い合わせ」「翻訳」系が増えているようです.

いづれも恐ろしいぐらいの低賃金!そんな仕事でも応募する人がいるんですよね. 「主婦の隙間時間を利用して」という募集は間違いなく低賃金.
 
こんな案件がありました.

翻訳1件2千円(5,000文字) 5,000文字って何ページあるのか、気が遠くなるような作業に対してこの報酬..... ありえないぐらい低賃金!! 別件ですが、100件の電話で6千円(1件x 60円)というのもありました. 100件の問い合わせの電話って一体どれくらい時間を拘束されるんでしょうね. こんな募集をする方々は、電話一本で価格交渉ができると思っているのかのようです... 

こんな仕事をいくら引き受けても、雀の涙の報酬では、生計を立てるのは無理です. 


スポンサーサイト

最近の在宅

Posted by tomoshiggy2 on 12.2018 仕事 0 comments 0 trackback
在宅の仕事は、実は、減り続けていて、相手から連絡が途絶えたケースもありますが、自ら辞退した仕事も、解雇された仕事もあります.

最近辞めた仕事があります. 経営者は女性の方ですが、かなり手広くビジネスを展開している有能かつ男性並みに仕事をする人でした. が、この方との仕事は最初から問題あり..... 過去ブログに「大奥のようなところ」と表現したかと思います.

この経営者の下で働く人々も数十人いて、私は彼女のチーママのような方からチャットで指示を受け、この経営者と直接かかわることはほとんどなかったのですが...

その内、一人去り、二人去り.... チーママ的存在だった方も去り、気がつけば女性経営者と1対1で付き合うようになっていました. この方にかなり振り回された感はありますが、そんな関係が2年近く続いたのは奇跡的です. 人員が減ったのは、単に仕事が減ったことで需要がなくなったのだと思いますが、なんせかなり手厳しい人でしたから、もしかしたら他の理由もあったかもです.... 

男性並みに仕事はするようですが、メンタルは女性、仕事は完璧で当たり前、ミスは見逃さない、冷酷でビジネス至上主義.

去年の暮れ、私がインフルエンザで苦しんでいる時に、私の対応が遅かったことが原因で「もう対応しなくても良い」と解雇宣言されたのです. しかし~! 辞めてスッキリ、サッパリ~! 業務に関連するファイルや情報をディリートした時のなんという解放感!


ベトナム人

Posted by tomoshiggy2 on 03.2018 仕事 0 comments 0 trackback
いつの間にか、レストランのキッチンは、中国人1名・メキシコ人1名を除いて、ベトナム人だらけになってしまいました. ベトナム人コックは昔からいたけど、今では、かつてメキシコ人の仕事だったところに入り込み、気がついたら、ベトナム語が主流になっています.

彼らがベトナム語でガヤガヤ言っているのを聞いていると、この映画のこのショッキングな場面が浮かんできます.

deer-table (2)
「Deer Hunter 1978年」

残酷な賭け事に夢中になっているベトナム人達..... 彼らの会話というか、私にはその言葉が意味を全くなさないので、ただの音になってしまうのですが、それがこのシーンの再現になってます.



噂をすると何とやら

Posted by tomoshiggy2 on 21.2017 仕事 0 comments 0 trackback
コールセンターもどきの仕事の話しをしましたよね? 噂をすると何とやらで、相手から再々々、一体何回目??、の連絡がありました. 確認してみたのですが、 このメッセージのやり取りは、今回で17回目、今年の8月から始まっているのです.


確信犯、愉快犯的じゃない? いえ、もう返事はしません(キッパリ) これまでも、ちょっと変な感じの内容だとは思っていたのですが、相手がすごく丁寧な対応をするので、ひょっとすると本当かも、なんて甘い期待をしていた私..... しかしもう終わりです.


もし、これが本物の仕事なら、なぜ地元の人を選ばず、わざわざ異国の住人にふってくるのでしょうか? しかも、その後、同じ内容で対応時間をずらして募集をかけているのも、私は知っているし......


コールセンター

Posted by tomoshiggy2 on 17.2017 仕事 0 comments 0 trackback
ある仕事で、電話でのカスタマーサポートの募集があったので、応募したのです. 一応雇用者とは何回かメールのやりとりをしたのですが、その後の進展はなく、結局ゲットすることは出来ませんでした.


雇用者側からの返事を待っている間、電話で対応するには、やっぱり音声がクリアーじゃないと不都合なので、そのためにも新・iPhoneにグレードアップしたいと思っておりました.


しかし、よく考えてみると、これは眉唾適な募集でした. 夜間勤務のため、時差を考えて海外在住の方を希望ということのようですが、業務内容もすごくあいまいで、説得力がありません. 報酬は在宅の相場よりかなり良いので結構な人数の方が応募したのですが(私もその一人) しかし、その後、応募者の中から採用された人がいたかどうかは不明です.


その後、同じ会社の同じ募集を見る事がありました..... いるんですよね~、ときどき、採用する気もないのに、募集をかける輩が....


あるメーカーに電話して価格の交渉をしてくれ、というのは結構あるが(人気はない)、日本を観光中の外国人を電話でサポートする仕事は、やはり現地の人が有利なので、わざわざ海外在住の人にふってはこないでしょ.... よく考えれば、変な募集であることは明白なのに、応募したおバカな私. 


一日数時間ぐらいなら、コールセンター業務やってみたいかも....


images.png


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフ(60代に突入)の日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR