ベトナム人

Posted by tomoshiggy2 on 03.2018 仕事 0 comments 0 trackback
いつの間にか、レストランのキッチンは、中国人1名・メキシコ人1名を除いて、ベトナム人だらけになってしまいました. ベトナム人コックは昔からいたけど、今では、かつてメキシコ人の仕事だったところに入り込み、気がついたら、ベトナム語が主流になっています.

彼らがベトナム語でガヤガヤ言っているのを聞いていると、この映画のこのショッキングな場面が浮かんできます.

deer-table (2)
「Deer Hunter 1978年」

残酷な賭け事に夢中になっているベトナム人達..... 彼らの会話というか、私にはその言葉が意味を全くなさないので、ただの音になってしまうのですが、それがこのシーンの再現になってます.



スポンサーサイト

噂をすると何とやら

Posted by tomoshiggy2 on 21.2017 仕事 0 comments 0 trackback
コールセンターもどきの仕事の話しをしましたよね? 噂をすると何とやらで、相手から再々々、一体何回目??、の連絡がありました. 確認してみたのですが、 このメッセージのやり取りは、今回で17回目、今年の8月から始まっているのです.


確信犯、愉快犯的じゃない? いえ、もう返事はしません(キッパリ) これまでも、ちょっと変な感じの内容だとは思っていたのですが、相手がすごく丁寧な対応をするので、ひょっとすると本当かも、なんて甘い期待をしていた私..... しかしもう終わりです.


もし、これが本物の仕事なら、なぜ地元の人を選ばず、わざわざ異国の住人にふってくるのでしょうか? しかも、その後、同じ内容で対応時間をずらして募集をかけているのも、私は知っているし......


コールセンター

Posted by tomoshiggy2 on 17.2017 仕事 0 comments 0 trackback
ある仕事で、電話でのカスタマーサポートの募集があったので、応募したのです. 一応雇用者とは何回かメールのやりとりをしたのですが、その後の進展はなく、結局ゲットすることは出来ませんでした.


雇用者側からの返事を待っている間、電話で対応するには、やっぱり音声がクリアーじゃないと不都合なので、そのためにも新・iPhoneにグレードアップしたいと思っておりました.


しかし、よく考えてみると、これは眉唾適な募集でした. 夜間勤務のため、時差を考えて海外在住の方を希望ということのようですが、業務内容もすごくあいまいで、説得力がありません. 報酬は在宅の相場よりかなり良いので結構な人数の方が応募したのですが(私もその一人) しかし、その後、応募者の中から採用された人がいたかどうかは不明です.


その後、同じ会社の同じ募集を見る事がありました..... いるんですよね~、ときどき、採用する気もないのに、募集をかける輩が....


あるメーカーに電話して価格の交渉をしてくれ、というのは結構あるが(人気はない)、日本を観光中の外国人を電話でサポートする仕事は、やはり現地の人が有利なので、わざわざ海外在住の人にふってはこないでしょ.... よく考えれば、変な募集であることは明白なのに、応募したおバカな私. 


一日数時間ぐらいなら、コールセンター業務やってみたいかも....


images.png


リスペクトなし~

Posted by tomoshiggy2 on 20.2017 仕事 0 comments 0 trackback
コミュニケーションが洗練されている日本人って少ないなぁ、と思うことが良くあります. こんな言葉は絶対に使わないよね、思うことが多々あるからです. ある仕事の方(男性)ですが、質問にたいして質問で答えるのです. しかも、ちょっと意地悪なオーラー出しまくりです.


例えば、あることを確認するために質問したとしましょう......  その人は、「○○に何て書かれてますか!」みたいな返信をするのです. この人のこの文章だけで嫌いなってしまいます......  シンプルにYes,No で答えられる質問なんですよ! まるで小学生並の扱い方. これをパワハラと呼ぶのか..... こんな返事をされると質問するのが怖くなります. 同僚に対するリスペクトなんてなしー

ある時、これは私ではなく、他の人に対してでしたが、この人は「ちょっと調べれば分かることなのに、何故それを聞くの!」みたいな、すごく感じの悪い返事をしておりました. しかし、自分のミスには寛容で決して謝ることはない..... 


そんな対応をする人はこちらでは皆無です. 突然の解雇はあっても、そんな感情丸出しの叱責は先ずありません.


文化の違いなんでしょうが、時々コミュニケーションでクラシュする人、いますよ~







まるで蟻が集まるように

Posted by tomoshiggy2 on 14.2017 仕事 0 comments 0 trackback
レストランのオーナーが母国に帰国中なので、その間、オ夫人と一緒に働く時間が増えました. オ夫人はお客に人気があるので、その秘訣を知り彼女の接客業を学ぼうと思って観察してます.

注文をとって料理を運ぶことに、それほど個人差はないと思うのですが、彼女は〆が上手なんです. その後の〆が丁寧なので、一瞬にしてファンになるんでしょうね. さらにお客が何を欲しがっているのか良く知っています.


気が利くし文句・愚痴はほとんど言わない人なので、一緒に仕事をしていても苦にならないのです. なので、まるで蟻があまいものに惹きつけられるように、彼女の周りにはいつも人が一杯です. 人と話をあわせるのが上手な人. そして働き者!(これが一番の長所)


それ真逆が、オ妹....... まさに絵に描いたような、「人に嫌われる見本」のような人. 先ず自分のことしか頭にないので、自分の都合に合わないと愚痴るし、文句ばかり、さらにレイジー (これが一番ダメなところ) 絶対に一緒に暮らしたくない人. こうすると人に嫌われるのね、と気づかされる反面教師タイプ. なので、彼女の周りにも誰もいないし、誰も話しかけない.... 


姉妹でもこうも違うのですね......



 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR