修理は延期に

Posted by tomoshiggy2 on 12.2018 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
古いカーペットと床を剥がした後に、下床を修理しないといけなくなった事は書きましたよね.
Bさんの紹介で、修理してくれる方を紹介してもらったのですが、当日に”風邪でダウン”という連絡があり、修理が延期になったのです.

その後2回ほど私の方から電話をかけたのですが、2回とも留守電でした. (返事はまだありません) 早く修理して欲しいですわ~ 修理が終わらないと、インストールの再アポが出来ません. そのアポもいつになるやら.....

埃だらけの床の上での生活を余儀なくされているので、真っ白なモチの毛もいつの間にかグレーに....  

なので、休みの日の本日、モチをシャンプーし、床に古いシーツやら、新聞紙やらを敷き詰めました. インストールがいつになるかわからないので、一時しのぎに床をカバーしたのです. 

明日再び連絡を取ってみよう.....

スポンサーサイト

問題発覚

Posted by tomoshiggy2 on 31.2018 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
カーペットを剥がし、古い床タイルを剥がしたところまでは、予定通りでしたが...... 剥がした後に問題発覚! 床が陥没している箇所があり、カーペットならどうにか誤魔化せても、フローリングだと床がストレートじゃないのは致命傷! それと、キッチンシンク近くの床に水漏れがあることが分かりました. それは冷蔵庫のアイスメーカーのチューブが漏れていたことが原因のようです. どうりで地下室(キッチンシンクの真下あたり)に水漏れがある訳です.


高い資材代を支払ってますので、インストールは確実にして欲しいです. 工事終了後に、床がゆがんでいたり、水漏れでタイルがダメになったりするのは最悪です. 問題発覚がインストール前で良かったです.

ということで、本日のインストールは延期になりました、ジャンジャン.... 何故かいつもすんなりいかない~


工事人の若い二人の男性に、問題の箇所を指摘されながら、私は再びBさんに連絡を取ることを考えてました. Bさんには数日前に「お疲れ様~、長い間ご苦労様」と言ってバイバイしたのですが、今の私に頼れる人はBさんだけ、それしか選択がないのです.
水漏れはBさんが直してくれましたが、床の傾斜はBさんの友達の一人を紹介してもらいました. この方が修理してくれる予定です.


キッチンの床を剥がす時に、大量の埃が出まして、埃が出ることは予期していなかったので、キッチンカウンターの置いてあった食器類、すべて埃だらけに...... その後片付けも大変でした. 工事人はそのことを事前に説明すべきだっと思うが...... 


IMG_0217.jpg
周りに何もない方が、部屋が広く見えて良いかも.


IMG_0223.jpg


IMG_0224.jpg
床が剝き出しなので、靴履き必須です.


やっと、床まで来ました.

Posted by tomoshiggy2 on 31.2018 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
床フロアーのインストールのための準備をしています. 
IMG_0215.jpg

家具を動かす必要はないが、キャビネットの中は全て空にしないといけないようです. キャビネットの中は、ほとんどが食器類です. 普通のお店で買ったものもありますが、週一ベースで通ったグッドウィルから、意味もなくただ集めた物もかなりあり、この際に、そんなものは破棄しようかどうしようか迷ってます.

中には人からギフトとしてもらったものもあり、将来絶対に使わないと思うが、そんな物はなかなか捨てられないですよね.....


グッドウィルから連れてきた、数々の絵・ポスター・デコレーション類は、ほとんど破棄しました. 出会った時は、一時的でも満足感を与えてくれますが、その気持ちは長くは続きません. しかし、それがその当時の私の唯一のストレス発散になっていたのは確かです.

今でもほとんど毎週のようにグッドウィルの店の前は通りますが、店に入ってみる気にはなりません. 宝の宝庫だと思っていた所が、実はガラクタの山だったと気がついた感じです..


では、インストールが終わったら、紹介しますね.

ペンキに続きシャワーも完成

Posted by tomoshiggy2 on 29.2018 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
シャワールーム、やっと完成です!
IMG_0207.jpg
タオルハンガーをつけてもらいました.


IMG_0208.jpg
グラウトを敷いた後.


タイルに穴を開けるドリルは特別仕様なんですね. しかも穴を開けるのにかなりの力が要るのです. タイルに取り付けられた完成品しか見たことがなかったので、こんなに大変な作業だとは知りませんでした. 壁に寄りかかり、自分の全体重を載せて穴を開けていたBさん....  Bさんの、うっ、とかあっ、とか、言葉にならない声が聞こえる度に、「すみましぇ~ん」と心の中で呟いていました.

電気ドリルでガガガと穴を開けるだけのイージーな作業だと思って、気軽に頼んだのですが、かなり時間と体力を使う作業だったんですね. 実際にやっているところを見てないと、その苦労は測り知れません. 

Bさんのうめき声を聞くたびに、予定していた報酬額が少しづつ上がっていきました. 実際、少し多めにお渡したつもりです. 次も何か頼むこともあるだろうし、「この人、ケチ~」と思われたくないですから.


ペンキ塗りに続き、シャワールーム完成. プロジェクトが一つずつ終わっていくのは、嬉しいですね.


ビフォーアフター

Posted by tomoshiggy2 on 28.2018 家のこと・ホームDIY 0 comments 0 trackback
Bさんにお願いしたバスルームのタイルの途中経過です..

IMG_0152.jpg
ビフォー



IMG_0199.jpg
アフター


IMG_0153.jpg
ビフォー



IMG_0200.jpg
アフター



IMG_0002.jpg
ビフォー



IMG_0203.jpg
アフター

後はグラウトを敷くだけです. タイルとタイルの隙間を埋めるために、壁に貼ってある既存のタイルをカットしたのです. 誰も思い浮かばなかったこのアイディア、(私も最初は半信半疑でした) やっぱり男性の仕事はすごいですね.... 尊敬しますわ~

タイルを削る時に、すごい細かい埃が出るのですが、それをこの狭いバスルームでマスクをしながらやってくれました. 

Bさんに大感謝です!


 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR