皆既日食

Posted by tomoshiggy2 on 21.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
本日の皆既日食、私の地方は快晴~. 裏庭でバッチリ観察できました. すごかった~
すごく神秘的な体験....... 神々しい自然を体験したような感じがしました.

IMG_0656.jpg
これは皆既日食前

IMG_0655.jpg
空はまだ明るい.


皆既日食用のフィルムの貼ったメガネをかけないといけないようだけど、そんなメガネは準備してないし.....  一番暗いグラサンをかけて庭に出てみたよ. (サングラスもダメらしいけど) なるべく太陽を直接見ないように、木陰からちらちら覗いてました.


その内、皆既月食が西海岸に達したというニュースが入ったので、いよいよ来たかと、100年に一度の記念すべき自然現象にわくわく. しばらくするとなんとなく空の色、太陽光線が不思議な色になって来ていることに気がつきました. 


IMG_0663.jpg
日食寸前にセスナ機が飛んできました.(写真を撮るためだと思う)

IMG_0666.jpg
これが私の携帯の写真で撮った皆既日食. 残念、黒いリングは映らないが、肉眼ではハッキリ見えるのですよ.

IMG_0659.jpg
何故映らない..... 特殊なカメラじゃないとダメなのよね.

IMG_0661.jpg
周りが真っ暗になって来たので、庭のフットライトも自動的に灯りました. 今までギンギンないて啼いていた蝉も、ピタッと泣き止んで、し~ンと静まりかえり、空気が冷えてきました. 

IMG_0664.jpg
その間ほんの3-5分ぐらい.....

すごく神秘的・無気味な体験でした.


スポンサーサイト

PCを取り替える

Posted by tomoshiggy2 on 06.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
今週末は(明日の日曜日が最終日なんだけど)新学期が始まる前に、年に一回行われる、Sales tax free ウィークなので、この機会にデスクトップを買い換えようと思っています. このデスクトップ、いつウィルスに侵されても可笑しくない状態のまま、数ヶ月経ってます.....  危険レベルも黄色から赤になってますが、まだ健気に頑張っています.


まだ使える内に、大事なファイルとかアプリをコピーしたおいた方がいいですよね. なので、このセール期間を利用して、新品を買った方が良いと思うのです.


買いたい機種はだいたい決まってますが、タワーだけにしようか、あるいは3点セットにしようか迷ってます. 明日までに決めないといけないです.



トイレにいた物

Posted by tomoshiggy2 on 01.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
トイレの掃除をしようと、便座を持ち上げたら......



カエルが一匹ペタッとへばりついていた!! ワァ~



このトイレはほとんど使っていないのですが, 週一ぐらいで掃除はしています. そのトイレに隠れていた.


ビックリしたけど、カエルはたいしたことはないです、ネズミを発見するより、ずっとましです. 


ちょっと前ですが、地下室にある洗濯ルームに入ったら、排水溝のところにネズミの死体が横たわっていました. わーわー怖い!!ネズミは怖いけど洗濯しないわけにはいかないし、このぐらいのことで、わざわざ隣のBさんとか、人に頼むわけにはいかないし...... いろいろ考えた挙句、とりあえずネズミが見えないように布で覆い、始末は後で考えようと思いました.


そのまま放っておくわけにはいかないし、いつかは片付けないといけない、ことは分かっていますが、その死体をどう処理すべきか、悩みました. 手袋して、さらにビニール袋を2重にして拾い上げようか..... それでも死体に触れる感触はあるだろうし、それは嫌だー、どうしよう、どうしよう......って


散々悩んだ挙句、庭の掃除に使う長い手柄のついた塵取りを使い、外箒でネズミを覆っている布ごと拾ったのです. そして裏庭の片隅にある、枯葉や枝があるところに捨ててきました.


問題解決!


いろいろありますなー

去り方

Posted by tomoshiggy2 on 25.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
毎日トランプ、トランプ、トランプの話題で....... 本当にうんざりします.

最近は、解雇ドラマが続いています. この人も先週末に、突然解雇されました. 正確には辞任となってますが.

images (2)
この人です. (違います) 



images.jpg
この人です. ショーン・スパイサー氏


この人、最初のイメージとだいぶ変ってきた人です. 根はすごく誠実で真面目な方なんでしょうね. 嘘がつけない人なので、トランプの虚偽をメディアに伝えないといけないことに、かなりの葛藤・ストレスが目に見えるようでした. 平然と嘘を付く人も沢山いますが、この人は違うようです.


ショーンさんは、突然の解雇に激怒した、とマスコミは伝えてましたが、解雇後のTVインタビューでは、始終笑顔で、「この仕事が与えられたことに誇りと感謝の気持ちで一杯です」と述べていました. 不満もストレスもいろいろあったのでしょうが、最後は笑顔で、「今までありがとう」と去っていきました.

去り方の良い人は、いつまでも印象に残ります.


images (3)
左の人は、ショーンさんの物まねをする人で、かなり人気がありましたね. 私も良く見て笑っていました.


医療費がこんなに高いわけ

Posted by tomoshiggy2 on 16.2017 日々のこと 0 comments 0 trackback
キッチンで働くあるベトナム人が、歯があまりにも痛いので、歯医者で歯を抜いてもらいに行ったのです. 保険に入っていないということなので、どういう事になるのか、だいたい予想はついたのですが.....

一本の歯を抜くのに、$350ドルかかると言われたそう. ベトナムでは、全部の歯を抜いても$1,000 しかかからない、たった一本の歯に$350ドルも払えない、と. 結局、痛いのをしばらく我慢して、自国の歯医者に行くと言っていました. (この人あと2週間でベトナムに帰るようです)


米国の医療費が高いのは皆の知るところですが.... 最近こういう事がありました.


レストランで食事をしていたある女性の方が、食事中に急に気分が悪くなり、(本人はストロークだと思ったらしい)連れの方が、レストランに救急車を呼んだのです. すると、数分後に警察と消防署と救急車がやってきて、5-6人の男性がドカドカとお店に入ってきたので、雰囲気がものものしくなりました.

この3つの公共機関はチームになって、緊急事態が発生すると行動を共にするようですね. 車の運転手をあわせると、少なくとも8人は動いていますね.

気分が悪くなった方ですが、普通に椅子に座っていて、話も出来るし、生死に関わるシチュエーションではないようなんですが...... 兎に角、ストレッチャーに乗せて最寄の病院へ連れていかれました. その様子の一部始終を店の片隅で見ていました.


ストレッチャーで連れて行かれた女性は、椅子に座ったまましばらく頭を下げていましたが、救急隊員に腕をささえながら、自分の足で、ストレッチャーまで歩いていきました. その間、6人ぐらいの男性は、特に何もすることないので、手持ち無沙汰でただ突っ立っているだけ...........


この女性がもし健康保険に入っていなかったら、少なくとも$1,200 ドルの請求書が送られることでしょう. 一人の患者のために、3台の車でやってきた7ー8人のクルーの人件費をここから出ているのですね.


米国の医療費がいかに高いか、垣間見る瞬間でした. 









 HOME 

Profile

tomoshiggy2

Author:tomoshiggy2
米国中西部の小さな町に住むアラフィフの日常. 山あり谷あり迷路のような旅の終着地はどんなところ.......

Latest trackbacks

Search form

QR code

QR